愛されない女性の特徴4つ。彼氏から愛される女性になろう

最終更新日:2016年2月21日

私は、どんな男性と付き合っても、誰にもあまり愛されていないような気がする……という悩みを持つ女性はいませんか?それは、付き合う相手に問題があるのではなく、自分自身に愛されない要素があるのかもしれません。

今回は、彼氏に愛されない女性の特徴をご紹介します。

1.そもそも、愛されるより愛したい

そもそも最初から、心の奥では、彼氏に愛されることを望んでいないタイプという人もいます。

こんなタイプは、自分が彼を精一杯愛することができればそれで十分で、彼からの愛を必要としていません。

そのために、自分への愛が薄そうな男性ばかりを追いかけてしまうのです。

それで、何かの弾みに交際に発展しても、自分ばかりが彼を愛し続け、自分が彼に愛されている実感を感じない状態でも、満足できてしまいます。

付き合って行くうちに、彼が自分に対して愛情表現をし始めると、途端に彼への愛が薄れてしまい、別れてまた、自分を愛さない男性を探すようになるのです。

このように、自分が愛されない女性だという以前に、自分を愛さなそうな男性にばかり恋心を抱くような、変わった嗜好の女性も存在するようです。


2.彼氏の気持ちを試しすぎる

自分は彼を愛しているし、彼も自分を愛してほしいと思うような正常な付き合いの中でも、彼から愛する意欲を削ぐような行動を取らずにはいられない女性もいます。

その最たるものが、彼の自分への愛情を試す行動を取りすぎること。

彼が自分を愛しているという証拠が欲しいばかりに、彼を傷つけ、愛想を尽かされるような行動を取り続け、それでも彼が自分から離れずにいてくれるかを確認しないと安心できないのです。

例えば、ちょっとしたことで過剰に不機嫌な態度を見せたり、事あるごとに別れ話を持ち出したり、浮気まがいの行動に出たり、最悪な場合は、自殺をほのめかしたり。

本心では、彼から離れるつもりなんてないのに、そんなポーズをとり、彼が自分を繋ぎとめようと必死になる様を見ることで、彼の愛情を確認しているのです。

しかし、彼氏から見れば、楽しいはずの交際がこんな修羅場続きでは、ただただ疲れてしまうだけですよね。

これでは、いずれ彼の方が彼女を愛さなくなって当然で、そのうち、愛情を試されても、真剣に向き合わなくなります。

その結果だけを受け止めて、「この人は私を愛してくれる男性ではない」と思ってしまう結果になるのです。

このように、男性との付き合い方に問題があるために、自ら「愛されない女性」となってしまう人もいます。


3.愛される努力をしない

愛されるためには、ある程度の努力が必要なのは当然のことですよね。

それなのに、愛される努力をしないで、彼に対して甘え続けていれば、どんな男性が相手でも、愛情は醒める一方です。

例えば、交際前は小奇麗にしていたのに、彼氏ができた途端に、常にだらしない恰好をするようになったり。

または、彼の気を引くために、色々と尽くす姿勢を見せていたのに、いざ彼が自分のものになったら、尽くすどころか、ワガママ放題だったり。

このように、彼の心を手に入れたところで満足してしまい、その気持ちを繋ぎとめる努力をしない女性も、いずれは彼に愛されなくなります。

交際に漕ぎ着けるまでに色々な努力をするのは当然のことですが、交際がスタートしてからも、より自分を磨いて、愛情を深めて行く努力は必要です。

それを理解せず、彼女という立場にあぐらをかいて、努力しなくても愛されて当然と思っていれば、愛されなくても仕方がありませんよね。


4.彼氏を愛さない

自分自身が彼氏を愛せていないのに、「彼は私を愛していない」と腹を立てる女性もいます。

こんな女性は、男性に尽くされることを当たり前と思っていて、自分から相手に愛情をかける必要がないと思っている、歪んだ恋愛像を持っています。

でも、それはおかしなことで、男女交際は、愛し愛されて初めて成立するものです。

男性側から見ても、明らかに自分を愛していない女性に対して、献身的に愛を与え続けることは難しいはずです。

そんな一方通行の気持ちに見切りを付けて、男性の方も彼女を愛さなくなるのは当然のこと。

しかし、その恋愛への歪んだイメージによって、彼女は、なぜ彼が自分を愛さなくなってしまったのかが理解できないのです。

そのために、「私が付き合った男性は、全員私を愛してくれなかった」などとのたまう結果になるわけです。

こんな人は、自分以外の人を愛せるようになるまで、自分も愛される日はやって来ないでしょうね。

彼氏に愛されるようになろう

彼氏に愛されない女性の特徴について、4つのタイプをご説明しました。

このどれか1つに当てはまっているだけでも、どんな男性にも愛されなくなる恐れがあります。

誰と付き合っても、彼氏からの愛情を感じられない人は、この中のどれかに当てはまってはいないでしょうか。

もしそうなら、早急に改善することをオススメします。