タレ目のイケメン男性芸能人5人。タレ目に色気を感じるタレント達

最終更新日:2016年5月7日

タレ目にどのような印象をお持ちでしょうか。

タレ目というのは、ある要素をさらにプラスする独特の魅力を持っていると考えています。

今回は、その中でもさらに魅惑のタレ目を持つ男性芸能人をご紹介します。

1.玉木宏さん

連続テレビ小説「あさが来た」で白岡新次郎役として出演し、話題の玉木宏さん。

白岡新次郎の役では、仕事を嫁のあさにまかせ、毎晩飲み歩き、趣味の三味線に通い詰めるという、いわばヒモ男、という設定です。

しかし、あさを愛する気持ちは人一倍強く、何かあれば裏からサポートをしていました。

この役は、タレ目長所である母性本能をうまく使い、女性ファンを魅了していると考えられます。

その他に、玉木宏さんが指揮者を目指すドSイケメン千秋真一役を演じた「のだめカンタービレ」。

こちらは「あさが来た」とは真逆の役です。

しかし、トラウマなど、時に見せる千秋のによる弱さ、表情、行動にギャップを感じた方は多かったでしょう。

こちらも結局は、守ってあげたいという、母性本能をくすぐる結果となります。

どんなキャラクターだろうと母性本能をくすぐる玉木宏さんは、タレ目+「母性本能をくすぐる」代表と言えるでしょう。


2.成宮寛貴さん

タレ目は色気も増します。

もともとは可愛らしい、という印象だった成宮寛貴さんですが、2003年に放送された高校教師での上谷悠次役で、色気が爆発していました。

当時、多くの方が成宮寛貴さんの色気にドキドキしていたことでしょう。

それからも多くの役を演じている成宮寛貴さんですが、年を重ねるごとに色気が増しています。

そんな成宮寛貴さんはタレ目+「色気」を備えた芸能人と言えます。

「相棒」でも高い評価を受けていましたが、演技力も見るたびに素晴らしくなっているので、今後もどんな作品に出るのかが楽しみですね。


3.生田斗真さん

生田斗真さんの代表作のひとつでもある「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」。

堀北真希さん演じる芦屋瑞稀が女であることに気づかずに好きになってしまい、悩むという純粋でムードメイカーな中津秀一役として登場しました。

やんちゃで素直な姿がかわいく、同世代だけでなく多くの女性を魅了したことでしょう。

「天才てれびくん」から芸能界入りをしている生田斗真さんだからこそ、多く方が親しみやすさを感じているのかもしれません。

これからも、どんどん映画やドラマに出演して頂き、その可愛さにキュンキュンしていきたいですよね。

そんな生田斗真さんは、タレ目+「可愛さ」を備えた男性と言えます。

もちろん、可愛さだけでなく主演映画「人間失格」と「ハナミズキ」にてジャニーズ初のキネマ旬報ベストテン新人男優賞、ブルーリボン賞新人賞を受賞するなど、演技の実力も素晴らしいです。


3.大沢たかおさん

「JIN-仁-」の南方仁役として、一躍有名になった大沢たかおさん。

何に対しても一生懸命に取り組み、あきらめない姿勢、そして、恋人への愛を大切にし続ける純情さに、多くの女性がこんな男性と結婚したい、と感じたことでしょう。

また、過去は変えてはいけないとわかりつつも、自分の知識を発揮し多くの方を救う姿、そして、どうしても助けることが出来ないときのくやしさなどを、大沢たかおさんならではの圧巻の演技で魅せました。

その演技に、多くの方が涙したことでしょう。

そんな大沢たかおさんは、タレ目+「真面目さ」を備えた男性と言えるでしょう。


5.渡部豪太さん

ゼクシィのCMで話題になった渡部豪太さん。

チャームポイントのふわふわとした髪は、天然パーマだそうです。

モデル活動から始まった芸能生活ですが、現在はドラマや映画にも出演されています。

また、渡部豪太さんのさわやかさ、清潔感から、化粧品会社や飲料系会社からのCMなどでも活躍しています。

生田斗真さんの可愛さは、弟のような可愛さですが、渡部豪太さんの可愛さはキャラクターのような、そして素敵な笑顔で癒しの存在です。

そんな渡部豪太さんは、タレ目+「癒し」の男性と言えます。

タレ目のイケメンを見つけよう

言うまでもないですが、ここには挙げられないほど、魅惑のタレ目タレントさんはまだまだ沢山いらっしゃいます。

自分ならではの、タレ目+「○○」さんを探して、タレ目好きで共有しあうのも面白いです。

そして、そのタレ目をきっかけに、さらにその方の魅力を探ってみてください。