誰かと手をつなぐ夢の意味や深層心理【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

誰かと手を繋ぐ夢を見たことがある方は多いです。

そこにどんな意味があるのか知りたいという方のために、誰かと手をつなぐを夢を見た時の意味や深層心理についてご紹介します。

1.手をつなぐ夢の基本的な意味

誰かと手を繋いでいる夢を見た時にそれが誰かが分からないなら、それは基本的に新しい出会いがあるという意味になります。

ですので、新学期や新しい会社に入る時等新しい環境に変わる時にこの夢を見やすくなります。

また、今寂しくて誰かと出会いたいという深層心理が働いている場合もあります。

ただ手をつなぐシチュエーションや状況によって色々意味が変わってきます。


2.恋人ができる

誰かと手を繋いでいる時に、夜景の素敵な場所で二人きりで手を繋いでいる時は恋人に出会う可能性があることを意味しています。

ですので、今好きな人がいる時はその人と両思いになる日が近いと言えるでしょう。

今いい感じならその男性から告白をされるのも近いかもしれません。

また、ちょっと距離感がある時は近いうちに仲が良くなり両思いになれるチャンスがあるので、そのチャンスを逃さないようにしましょう。

夢はお告げにすぎないので、両思いになりたいなら自分から動くことが大事です。

今好きな人がいない場合は、素敵な人が近くにいる、もしくはもうすぐ素敵な人と出会うことができるというお告げです。

ですので、その日がいつ着てもいいようにいつもオシャレをして身だしなみチェックを欠かさないようにしましょう。

きっと素敵な出会いが訪れるはずです。

ただ、恋人がいるのにこの夢を見てしまったという場合は、二人の仲を引き裂くような何かに出会うことがあるかもしれないので注意しましょう。

3.自分を導いてくれる人や仕事に出会える場合

自分よりも年上と思われる誰かと手をしっかりと繋いでいる場合は、仕事や学校等で頼りになる方と出会いがあるという意味があります。

ですので、今仕事や学校で迷っている場合は自分を導いてくれる方と出会うことができるかもしれません。

ただ、手を繋いでいるのはいいのですが繋ぎ方が頼りなかったり、道にフラフラと迷ってしまうようなら自分よりも年上の人のせいで仕事が行き詰まってしまったりと思わぬ障害になってしまう可能性があります。

ですので、自分が苦手な年上の人に注意をしましょう。


4.温かい手の場合はラッキー

誰かは分からないけど、繋いでいる手が温かいならそれは特別にラッキーな夢です。

何をしてもいい結果が出たり、いいことが起こるので、これを機会に何か新しいことにチャレンジをすることをオススメします。

その新しいことがきっかけで新しい出会いがあったり、スキルアップをしたり資格を手に入れることができます。

また、気になる人がいたらアタックしてみるのもいいでしょう。

何をしてもツイているので、きっと二人きりで話をすることができて仲が良くなるかもしれません。

少し話せる仲なら思い切って食事に誘ってみましょう。

5.誰かに出会いたい

今一人暮らしをしていたり、恋人がいなくて寂しくてたまらないという時に誰かと手をつなぐ夢をみることがあります。

一人でも平気と強がっている方でも実は誰かと出会いたいと思っています。

あまり友達と最近会ってない場合は、連絡を取って会ってみましょう。

友達と色々話すことで自分は一人ではないと寂しさが薄れます。

また新しく習い事を初めてみるのがオススメです。

同じ趣味を持った人が集まるので老若男女問わず仲良くなることができ、一生の趣味にすることができます。

そこから人間関係をどんどん広げることで寂しさが薄れ、誰かと手を握る夢を見ることは無くなるでしょう。

誰かと手をつなぐ夢の意味を知ろう

誰かと手をつなぐを夢を見た時の意味や深層心理についてご紹介しました。

誰かと手をつなぐ夢は、基本的に素敵な出会いがあることを意味しています。

ですので、いつ出会っても良いようにワクワクして待ちましょう。

また、寂しさを感じている時にこの夢を見たら誰かと出会いたいという深層心理が働いているので、勇気を出して新しいことを初めて色々な人と出会ってみましょう。