のっぺり顔がメリハリ立体顔になるメイク術

最終更新日:2016年2月23日

日本人は多かれ少なかれのっぺり顔です。

平面顔とも言われますね。

彫りが深い人も増えましたが、所詮、東洋人ですので欧米人の様に、すっぴんでもキリッとした顔立ちというわけにはいきません。

のっぺり顔はメイク術で立体的にカバーしましょう。

1.ファンデーションの色を暗くする

普段使っているリキッドファンデーションですが、自分の肌の色に近いものを選ぶのが定説ですね。

女性にとってファンデーションの色を覆すには相当の理由が必要です。

色白に見せたいとの理由から少し明るい色を選ぶ人もいるかもしれません。

首や手のいろと比較したりして選び、決まったら常にその番号のファンデーションを使い続けるものと思っていませんか。

そもそもの考え方と逆になりますが、立体感を出したければワントーン暗い色を選びましょう。

そうすることで、普段から使っているアイシャドーやチークなどのカラーメイクの色との差が大きくなり立体的な顔立ちになるというわけです。


2.立体メイクで鼻を高く見せるコツ

鼻が高く見えるか低く見えるかどうかで、実際の凹凸が違います。

誰でも鼻は顔の中で一番高いのですが、おでこや頬との差が小さい人は特に鼻を一層高く見せることで立体感がアップします。

立体感を出すために効果的なメイクと言えば、ご存知、ハイライトです。

ベースを塗った後に、真っ白なハイライトを鼻筋にスーッと入れてください。

あえて馴染みにくそうな、真っ白です。

慣れていないと鼻筋だけ白く浮いてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

鼻に光が当たったように凹凸がハッキリし、瞬く間に立体的になります。


3.眉毛は山なしで弓型がオススメ

眉毛を整えていると山をキチンと作ってしまいがちです。

意志の強そうな眉がトレードマークと言う人も実際にいます。

ですが、眉山が意外にも、のっぺり顔に拍車をかけているのです。

外へ外へと働く力があるのです。

日本人は眉毛の協調こそがパーツをハッキリさせるコツのように思っていますが、立体的な顔を目指すのであれば、眉山は不要です。

是非、今日から角をなくした弓型に切り替えてください。

そうすることで顔の鼻よりの内側部分に厚みが出て凹凸を際立たせることに繋がります。


4.欠かせない顔の輪郭にシェーディング

ファンデーションを暗めにしましたが、更に暗い色のシェーディングパウダーを顔の輪郭にクルリとブラシしましょう。

特に重要なポイントはコメカミから頬にかけての一帯はクルクルと撫でるようにブラシします。

その名の通り、シェーディング=陰影と言うわけです。

シェーディングパウダーはパール感なしのマットなものを選んでください。

あくまでも影の立役者であるシェーディングですのでひっそりとさえます。

ブラシは大きめのものでまだらにならないものを選んでください。

シェーディングの効果は正面からの見た目にすぐに効果が出ます。


5.チークは頬の高い位置に

血色を良く見せる効果のあるチークですが、それ以上に輪郭を引き締める効果が隠されていることは意外と知られていません。

頬の高い位置にふんわりとチークを入れることで明るい肌に見せ、更に顔の輪郭が引き締まって見えるので是非、その効果は利用したいですね。

広域に広げるよりもピンポイントが大切です。

欲張って広くしてしまうと逆効果です。

濃さも重要です。

あまり濃いとチークが邪魔をして他の努力が薄れてしまうのでほどほどにしましょう。

目の際を意識し、頬の高い位置に適度な濃さと広さを意識しましょう。

ちょっとした心掛けが大切です。


6.メイクも大事ですが表情も重要

メイクで平面顔から卒業したとしても、やはり表情が豊かであるかないかで立体的に見えるか平面的に見えるかが決まってきます。

表情筋は使うごとに動きが冴えてきます。

まず、最初に心掛けるポイントとして挙げられるとすれば、笑う時に口角を上げること。

これひとつで表情は全然違います。

大笑いするときでなくとも微笑む時も、口を閉じているときも口角をクッと引き揚げましょう。

慣れるまでは引きつったような感じがあるかもしれませんが、すぐに慣れます。

鏡の前で是非、練習し、口が表情にいかに存在感を与えているかをしりましょう。

目の見開き方も印象が違います。

目尻が下がった優しい顔も魅力的ですが、年齢とともに全体的に重力に逆らえなくなる印象を断ち切るにはやはり目も頬も上に吊り上げる意識をすることが大切です。

のっぺり顔から立体的になって自信をつけよう

立体的な顔になると気分も前向きになり自信に繋がります。

毎朝のちょっとした工夫で簡単に凹凸が出せるなんて意外ですよね。

普段使っているメイクを活かしながら少し手を加えるだけでお手軽に立体顔が手に入るのです。

メイクは回数を重ねるごとに上手になっていくものです。

自分の顔をしっかりと把握し、良い部分を活かしながら欠点を隠していくことで自信が更にアップします。