美人に見えるアイメイクの方法

最終更新日:2016年2月23日

女性がメイクをする上で最も力を入れる所はアイメイクではないでしょうか。
ものまねメイクで一躍有名になったざわちんさんも、眉を含む目元のメイクと髪型で表現されており、口元はマスクで隠しているのが特徴です。
つまり目元はメイク次第で顔全体の雰囲気を変化させる事ができると言えます。
では、美人に見せたい時にはどんなアイメイクが良いのでしょうか。
ここでは美人に見せるアイメイクをご紹介したいと思います。

1.黄金比を知る

顔には黄金比と呼ばれるものがあります。
美しさの定義とはそれぞれ人により異なりますが、顔のバランスを測る1つの考え方です。

このバランスに近ければ近い程美人に見えると言われており、芸能人で言うと香椎由宇さんは顔が左右対称かつこのバランスに近いと言われています。
実施のバランスで言うと、顔の縦は髪の生え際から眉の下、眉の下から鼻の下、鼻の下から顎までが3分の1ずつ同等の幅である事、顔の横幅は目の幅を1として、目の幅5つ分である事がその内の1つとして挙げられます。

このバランスに近ければ近い程美人に見えるという事は、アイメイクもこの黄金比に近づけるメイクにする事が1つの方法です。
これは一般論ですので必ずしも有効であるわけではありませんが、バランスを知る事で目の幅をどれくらいに見せればいいのか1つの基準となります。

まずは、自分の目の幅や顔のバランスを確認してみましょう。
そして、足りない部分を足して、メイクで美人のバランスに近づけることが1つの方法であると言えます。

2.ナチュラルさを大切に

メイクには主に良い部分を更に生かして美しく見せる方法と足りない部分を補う方法があります。
美人な人の特徴と言えば、ナチュラルさも1つと言えます。

ナチュラルメイクとは単にメイクを薄くしたり、一部分だけを強調したりするのではなく、全体のバランスを考慮して良い部分を生かし足りない部分をさりげなく補うメイクであると言えます。
目力を出すのは良いのですが、濃い色のアイシャドウや何度も塗り重ねたメイク、つけまつげは美しいと言うよりも個性的で怖く見えてしまいます。

逆に肌に透明感がある女性、メイクで使用している色遣いが肌になじんで居れば上品で美人なメイクに見えるのです。
美人に見せるナチュラルメイクにはベースが肝心です。

まぶたにくすみがあれば、目元用のコンシーラーやベースで明るさをアップさせる等、肌と同じ様にベースを作りましょう。
目元は顔の他の部分に比べて皮膚が薄い為、目元専用のものを使用する方が乾燥やメイク崩れを防ぐ等様々な面で効果的です。

マスカラで分かりやすくボリュームを出すのではなく、長さを出してくれるマスカラを使用して、自然に長いまつ毛に見せる事がポイントです。
もしつけまつげを使用する場合は、部分的なものを使用して足りない部分に足すイメージで使用しましょう。

ナチュラルさや透明感は美人な人の特徴の主な1つです。

3.立体感を出す

現在では多くの人が美人の条件として挙げるのはぱっちりとした目元や鼻筋が通った顔立ち等立体感がポイントだと言えます。
立体感を演出しぱっちりとした目元にする為に、まずは肌になじみやすい色のアイシャドウを使用しましょう。

例えばカーキやブラウン系、ゴールド等の色がこれに当たります。
まずはベースの色をアイホールより少し広めに、全体になじませます。

その上から濃い目の色を重ねますが、メイクは足す事はできても引く事はできません。
チップに少量とって軽く粉を手の甲に落とし、一度に塗るのではなく重ねながら塗っていきます。

グラデーションで立体感をつける為一番濃い色を瞼の際にすっと引いて、これも軽くなじませましょう。
最後にハイライトを瞼の真ん中に軽くつける事で、光が瞼の中心集まりより立体的に見えますし、瞼の下にも同じ様にハイライトを黒目の幅程軽くひく事で立体感が増します。

ブラウン系の色は肌になじみやすい色ですが、間違った方法では地味に見えてしまいますので、こう言った光を効果的に使用しましょう。

4.隠しアイラインを入れて美人度をアップ

アイラインは目元の印象を強めてくれる女性の味方アイテムです。
しかし、目元をぐるっと囲む描き方や太めのアイラインではナチュラルさや美人さから遠のいてしまいます。
黒のアイラインを使用する場合は特に注意が必要です。

アイラインを使用する時にはまつげとまつげの隙間を埋めるイメージで、まぶたの際ぎりぎりに引くのがお勧めです。
目の幅に応じて広めにしても良いのですが、アイラインの上からアイシャドウを重ねてぼかす等、アイラインだけが目立つ様な事がない様に隠しながらラインを作る事が美人の人のアイメイクの特徴です。

アイラインもブラウンを使用する、アイメイクに合わせた他の色にする等、アイラインだけを目立たせるのではなく、あくまでも顔の一部である様に見せる事で美人なアイメイクとなるのです。

顔立ちを生かすことが美人のメイク術

美人に見せるアイメイクの方法はお分かり頂けたでしょうか。
ナチュラルに見せる為はメイクを薄めにするのではなく、肌になじませたり隠したりすることで、顔立ちを生かす事が美人のアイメイクの特徴だと言えます。