下向きまつ毛を上げる方法。アイメイクでまつ毛を上げよう

最終更新日:2016年2月23日

まつ毛がくるんと上向きカーブしているとキュートなイメージがして可愛いですよね。

でも、下向きにまつ毛が生えているとうまく上向きにカールができなかったりマスカラをしても目に入ってしまってかゆくなってしまいますよね。

でも下向きまつげの方でもメイクでかわいい上向きまつげになれるかも…。

そこで今回は下向きまつ毛を上手に上げる方法をご紹介します。

1.まつ毛美容液でまつ毛を伸ばす

下向きまつげの方が多く悩んでいるのが「まつ毛が短い」ということです。

まつ毛自体が短いとマスカラにも限界がありますし、カールするためにはある程度の長さが必要です。

そこで活躍してくれるのがこの「まつ毛美容液」です。

個人差はありますが、まつ毛を伸ばすことができ、下向きのまつ毛も長さが長くなればビューラーやマスカラなどで上向きに矯正しやすくなります。

まつ毛が長いほうがナチュラルに可愛さを演出できるのでオススメです。

まつ毛美容液はおおよそ1500~3000円ほどでドラッグストアや量販店などで購入することができます。

下向きまつ毛・まつ毛の短さに悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

また、まつ毛の長さは長いけれど下向きという方でもこのまつげ美容液を使うことでまつ毛が太くなってビューラーやマスカラのダメージに強くなるので。

まつ毛を大事にケアしてあげるために一度試してみることをオススメします。


2.マスカラ下地を付ける

マスカラ下地というものをご存じですか?マスカラ下地というのはマスカラの前にまつ毛に使用するもので、マスカラ下地の中に「カールキープ」をしてくれるものがあります。

つまりはマスカラとまつげをしっかりとくっつけてなお、ビューラーで上向きにしたまつ毛を下がらないようにキープしてくれるのです。

マスカラの効果を高めてまつげを長くしてくれるだけでなく、カールをさらにキープしてくれるというのは下向きまつ毛の女性にとってはとてもうれしい効果ですよね。

マスカラ下地はマスカラと変わらないくらいのお値段で各メーカーが出しており、今使っているマスカラと同じメーカーで買ってもいいですし、マスカラ下地の効果別で買ってもOKです。

ただし、自分の肌に合ったものを買うようにしましょう。

またマスカラ下地が専用リムーバーで落とす必要がある場合は専用リムーバーも忘れずに購入してまつ毛を痛めないようにメイクを落とすように心がけましょう。

3.ホットビューラーと冷やしたビューラーを使ってあげる

普通のビューラーよりもまつ毛を上向きにする効果のある「ホットビューラー」は髪の毛でいうアイロンやコテのように温めることでまつ毛のカールを矯正してつけるものです。

ホットビューラーはかなり効果が高く、マスカラ下地を付ける前にまつげを上げる時に使用しましょう(ただし危険なので気を付けて使用してください)。

ホットビューラーでまつ毛を上げたらマスカラ下地・マスカラを塗ります。

この時にできるだけさっと塗ることがコツ。

ホットビューラーで矯正したまつ毛下がる前にマスカラ下地とマスカラをつけて、マスカラが乾いたらもう一度ホットビューラーでまつ毛を上向きにあげます。

ここで登場するのが普通のビューラーを冷蔵庫で冷やしておいたものです。

ホットビューラーで上向きに矯正したまつ毛をこの冷やしておいた普通のビューラーで冷やして固めてあげます。

よく、髪の毛をセットした後にドライヤーで冷風を当てて冷やして髪の毛を固める方法を使いますが、それと同じようにまつ毛も冷やしてカールをキープすることができるのです。

カールが長時間続くマスカラやマスカラ下地と合わせて使えば効果抜群だそう。

ホットビューラーをお持ちの方は、普通のビューラーを冷蔵庫で冷やしておいて、ホットビューラーと普通のビューラーの二本使いでまつ毛を上向きにしてみてはいかがでしょうか。


4.まつ毛エクステ・まつ毛パーマをする

どうしても、下向きまつ毛が上がらない・まつ毛が短くてどうにもならない時に頼れるのが「まつげエクステ」です。

今あるまつ毛にエクステを付けて長くすることでまつ毛を上がりやすくしてくれますし、まつ毛パーマは、まつげに癖をつけてくれるのでまつ毛を上向きに保つことができるでしょう。

ビューラーなどで毎日まつ毛を痛めてしまうよりもまつ毛を痛めませんし、まつ毛が上向きにカールを保っていてくれるのでお手入れも簡単で値段も高くはないので一度試してみてもいいかもしれません。

ただし、まつ毛エクステやパーマはトラブルも多いので口コミなどを良く調べてから行くようにすることをオススメします。

まつ毛を自宅でも簡単に上げよう

以上、4つの方法をご紹介しました。

まつ毛を上げる方法は家で簡単にできるものから毎日のケアまでさまざまあるようですね。

まつげは目に最も近い部位なので清潔に傷めないようにケアをしましょう。