うざいLINEメッセージへの対処法。うざいLINEにはどうしたら良いか

最終更新日:2015年8月1日

LINEは便利な反面、鬱陶しいと感じる瞬間も多いものです。

例えば、うざいと思えるようなメッセージが届いた時の対処です。

それでは、うざいLINEメッセージにはどのように対応したらよいのでしょうか。

1.既読をつけない

LINEの特徴といえば、相手がメッセージを読んだかどうかが表示される既読表示です。

この既読表示は便利なものですが、面倒なことも引き起こします。

例えば、相手がメッセージを読んでいるのになかなか返信をくれないと、なぜ返事をくれないのかと不安になることです。

皆さんの中にも経験のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

不安になっているだけならば他の人に迷惑はかかりません。

しかし、既読が表示されているのに返事がないことに対して不安なあまり、返信を求めるようなメッセージを何度も送ってくる人もいます。

また、メッセージを受信するとスマホのお知らせ画面やLINEのホーム画面にメッセージを受信しているお知らせが表示されますから、そうした部分で誰からメッセージを受信しているか確認できます。

この機能ではメッセージの文章の一部も確認できますので、面倒な相手からのメッセージも急を要するものかどうか判断してから開くことが出来ます。

もしも、急を要する内容ではなければ、面倒なことになりそうだとわかっている相手からのメッセージには既読をつけないようにしましょう。


2.「明日早いから」を言い訳にしよう

「明日早いから」は飲み会の席や電話などから離れるための言い訳によく使われる言葉です。

この言葉は、LINEでも使えます。

仕事を終えて帰宅し、家でリラックスをしている時にLINEを使う人も多いでしょう。

夜はなんとなく寂しくなることが多い時間帯ですので、LINEで誰かと交流していれば孤独も和らぎます。

しかし、ずるずるとやり取りを続けていると自分が寝ようと思っていた時間に寝れなくなってしまうこともあります。

そこで、夜遅い時間のうざいLINEメッセージを切り上げる際には、「明日早いから」と理由を付けて切り上げましょう。

スマホが普及する以前の社会ではメールで友達とやりとりをしていて、夜遅い時間になると、どちらかが「そろそろ寝るね」や「おやすみ」などという言葉を送ると、メールがそこでストップすることが多いものでした。

これは、LINEでも使える方法です。

「明日早いから」という言葉に、謝る言葉や「おやすみ」も添えておけば、メッセージのやり取りを切り上げやすくなります。

3.スタンプで誤魔化そう

面倒やうざいと思いながらもメッセージのやり取りをなかなか切り上げられない場合や相手をしないと余計に面倒になりそうだと感じた場合は、スタンプを駆使しましょう。

LINEには様々なスタンプがあります。

スタンプは仕事の場面では使わない方がベターですが、友達などプライベートでのやり取りならばスタンプを使っても問題ありません。

特に、女性にはスタンプを多用される方が多いので、スタンプを使うことでメッセージの画面を華やかにする効果もあります。

また、LINEには表情や短い返事を含んだスタンプもありますから、文字を打つのが面倒になってきたり、短いメッセージでのやり取りならばスタンプを返信メッセージの代わりにすることで手間を減らすことが出来ます。

ただし、会話の内容にあっていないものを使うと相手の機嫌を損なう危険もありますのでスタンプ選びは慎重にしましょう。


4.相槌のような返信にする

人は自分が話をしている時に「それで?」「その時、どうなったの?」など相手から質問を返されると更に話をするようになります。

こうした質問を投げかけるのは会話を大切にする際には必要なスキルです。

しかし、このスキルを使うと相手は話を続けやすくなりますから、うざいメッセージのやり取りを切り上げたい時には不向きです。

ですが、返信をしなければいけないという状況にあるならば「それは大変だったね」「そうなんだ」など話を聞いている姿勢が相手に伝わりながらも疑問形にはなっていない言葉で返すようにしましょう。

それを繰り返しているうちに、相手は話したいことを話し終えて満足するでしょう。

うざいLINEメッセージには対処していこう

LINEはすぐに相手と連絡が取れる便利なツールです。

しかし、便利な反面、困ることも多いものです。

うざいメッセージの対応に悩まされることもあるでしょう。

うざいメッセージへの最大の対応は、相手が急を要していないのであれば、メッセージに既読をつけないようにすることです。

既読を付けてしまうと、返信を求められる可能性が大きくなってしまいます。

夜間のメッセージのやり取りを切り上げたい時には、飲み会の席から離れる時の言い訳と同じく、次の日の朝が早いということを言い訳にして切り上げてしまいましょう。

そして、なかなかやり取りを切り上げられない場合は、スタンプを使って文章を考えたり入力する手間を省いたり、疑問形の言葉を相手に投げ掛けないようにしましょう。