ホワイトデーで良いものをねだる方法。3倍返しは当たり前!?

最終更新日:2016年2月21日

彼氏がいる人にとってホワイトデーと言えば一大イベントですよね。

バレンタインデーのお返しに公式で彼氏からプレゼントをもらうことができるのですから女性としてはうれしい限りです。

ですが、ホワイトデーのお返しが安っぽいものだともやもやしてしまいますよね。

そこで今回はホワイトデーで良いものを要求する方法をご紹介します。

1.いい物をあげる

ホワイトデーに良いものを貰いたいと思うのであれば自分がバレンタインデーに良いものをあげようという心持ちが必要です。

バレンタインデーは市販のチョコレート(1000円程度)のものを彼氏にあげて、そのお返しに何万円もするアクセサリーを欲しがるというのは平等ではありません。

学生さんなどお金に限りがあるカップルであれば「予算は2万円」という風に決めてバレンタインデーもホワイトデーもプレゼントを交換してしまうという方法が一番合理的でしょう。

普段、彼氏にばかり奢ってもらっていたりプレゼントをもらってばかりいると感覚がマヒしてしまうかもしれませんが、安いもののお返しに良いものを要求するというのは限度があるでしょう。

また、甘いものが苦手な彼であれば高いチョコレートを買っても彼にとって価値は少なくなってしまうので彼の欲しがっているものにチョコレートを添えるなどしてバレンタイン感を出したプレゼントをすると良いでしょう。

「良いものを貰いたいのであれば、相手にも同じように良いものを」を原則にバレンタインのプレゼントを選ぶようにすれば、彼も「ちゃんとお返しをしなくては」と思ってくれるかもしれません。

何よりも、お返しに良いものを欲しがっているガツガツした感じが出ないのもいい部分かもしれません。


2.バレンタインをあげるときに「期待してますよー」と軽く言う

義理チョコなどのお返しが飴一個だったりするとがっかりしちゃいますよね。

ですが、会社の上司にもなると多くの人から義理チョコをもらうので仕方ないのかもしれません。

けれど、義理チョコでもいいものだと500円以上するので飴一個ではちょっとやるせなくなってしまいますよね。

そこで、オススメな方法はチョコを渡す際に「お返し期待してますよー」と半分冗談っぽく可愛くを意識して伝えることです。

冗談っぽく言えばガツガツ感も感じられませんし、万が一上司が既婚だった場合も義理チョコなので同額程度のお返しを想像しやすいでしょう。

上司の中には最近の義理チョコの値段をよくわかっていない人も多く、この一言で意識させることができます。

ただし、あくまでも「軽く」伝えるのがコツ。

不倫を想像させるような言い方をしたり、独身男性を勘違いさせるような思わせぶりにならないように注意した方がよいそうです。

3.デートに誘う

ホワイトデーにデートをするというとなれば、彼氏も「半端なプレゼントは渡せないな」と覚悟してくれます。

確かに、ホワイトデー当日にデートをすることになれば「ホワイトデーのお返し」はその日の一大イベントになるでしょう。

さらには、彼女のほしいものが分からない場合は、美味しいレストランに連れていくなどデートプランでお返しするもよし、彼女と一緒に彼女がほしいアクセサリーなどを選ぶもよし、女性へのお返しを選ぶのが苦手な男性にも優しい要求方法になるでしょう。

さらに、ホワイトデーあたりにデートに連れていってほしいなと伝えておけば男性がプレゼントを用意する時間もできますし、デートプランを考える時間もできるでしょう。

ホワイトデー当日にプレゼントを要求するよりも、男性に時間を与えてあげることによってお返しがより豪華になるかもしれません。


4.自分で指定する

カップルでも長年付き合っていれば「バレンタインデー何がいい?」「お返しは何がいい?」と言った様な会話になるでしょう。

もちろん、良いものを貰うには自分もそれなりのバレンタインを用意する必要があるのを前提として、彼に「お返しは何がいい?」と聞かれたら、自分がかかった予算と同じくらいの物の中から自分の欲しいものや、どんなことをしてほしいかというのを直球に相手に伝えてみてもいいでしょう。

確かに、サプライズで欲しいものや高いものをプレゼントしてほしいというロマンチックな考えもわかりますが、基本的に男性は「言われないとわからない生き物」です。

「言ってくれないとわからないよー」とテキトーに済まされてしまう前に自分でしっかりと彼に要望を伝えるようにすると良いでしょう。

ただし、お返しを貰うためにバレンタインをあげるのではなく、あくまでも好きな男性への気持ちを表すつもりでプレゼントするようにしましょう。

そうでないとガツガツ感がでて彼に引かれてしまうかもしれません。

ホワイトデーには良いものをもらおう

ホワイトデーでのお返しで良いものを貰うためには女性側の努力も必要です。

バレンタインデーやホワイトデーは物ではなく気持ちを交換するものです。

そのためほしいものを貰うために…という考え方はやめましょう。