靴下に穴があく理由は何?靴下を長持ちさせよう

最終更新日:2016年2月23日

最近ではパンプスの下でも靴下を履くのが流行していて、素足になる機会も少なくなってきていますよね。

ですが、高い靴下を買ってもすぐに穴が開いてしまうという経験と言うのは誰もがあることでしょう。

お気に入りの靴下であれば長く使いたいですし、出費も最小限にしたいところです。

そこで今回は靴下に穴があいてしまう理由をご紹介します。

1.爪が伸びているとがっている

靴下に穴が開いてしまう一番の原因は、足の爪だと言われています。

靴下の先というのは足にフィットしている状態で繊維も露出しています。

歩くたびのその繊維と足の爪が摩擦すれば繊維の方が削れてしまうのは仕方のないことです。

足の指の爪が長く伸びていると爪の先と靴下が接する面が多くなってどんどんと繊維が削れ最終的には繊維が切れて穴が開いてしまいます。

特に女性はペディキュアをするために足の指の爪を少し長めにしている方も多いのではないでしょうか。

親指と小指の爪はとがってしまうことが多く、靴下の穴の原因になってしまうので適度な長さに保ってああげると良いでしょう。

また、足の爪が長いだけでなく、しっかりと切れておらずにとがっていたり、割れてしまってとがっていると爪が伸びている状態よりも靴下に穴が開きやすいそうなので注意した方がよいでしょう。


2.サイズの合っていない靴下を履いている

靴下にもサイズがあるのをご存知でしょうか。

多くの場合がSMLなどという風に大まかに分かれていますが、量販店などに行くと好みのデザインのものが小さいサイズしかない…という方もいるでしょう。

また、レディースの靴下であれば気にせずに購入してしまうという人も多くなります。

ですが、自分の足のサイズよりも小さい靴下を履いてしまうと靴下に穴が開きやすくなってしまうそうです。

というのも前項でご紹介したように、爪と靴下の繊維がこすれてしまうことで穴が開きます。

小さいサイズの靴下を履くと靴下が伸びて薄くなりますよね。

伸びてしまうということは爪に触れる繊維が強く引っ張られていることになるので非常に切れやすくなってしまっているのです。

さらには、繊維が伸びると繊維と繊維の間も広がるので爪のとがった部分が刺さりやすかったり、かかとや指の付け根などの靴とよくこすれる部分も摩擦によって穴が開きやすくなってしまいます。

きゅっとした感覚が好きで小さめのフィットする靴下を使っている場合や、足に合わないサイズの靴下を履いている場合は靴下に穴が開きやすいのかもしれません。


3.洗濯機にそのまま入れている

靴下はスポーツ用ではない限り、普通の洋服よりも薄い布でできていることが多いでしょう。

靴下を履いて歩く機会が多くなればなるほど目には見えませんが靴下の繊維はすり減っているので弱くなっていることも事実です。

そのため、基本的に靴下はネットに入れてから洗濯機などで洗濯をする必要があります。

ですが、普通洗濯ネットにいれるのはカーディガンや下着などの繊細なものなので一番汚れていそうな靴下を一緒に入れるのは抵抗があるという方も多いでしょう。

下着などとは別のネットに入れるか一度お湯などで手洗いしてから洗濯ネットに入れるようにしましょう。

一番好ましいのは靴下を傷めないように手洗いすることですが手間がかかるので痛まないように洗濯ネットを利用しましょう。

洗濯ネットに入れないで洗濯をしてしまうと、ジーンズのチャックの部分などの固い金属に靴下がひっかかり繊維を傷つけやすかったり、脱水や乾燥による摩擦で繊維が傷みやすくなります。

また、靴下の素材によっては普通に選択するのではなく手洗いで陰干しをしなければならないなど繊細なものもあるのでしっかりと表記をみてから洗濯をするようにすると尚いいでしょう。


4.スリッパを使用しないで室内を歩く

靴下を履いていると様々なところに引っかかることが多いでしょう。

机などのささくれや乾燥したお米を踏んでしまうなどすると靴下に穴が開いてしまうことがあります。

さらには、靴下だけでうろうろしてしまうと靴下と床の間に摩擦が起きるので繊維が傷みやすくなります。

部屋に入った後に室内シューズに履き替えたり、スリッパをはく、靴下を脱いで話になるなどをしている人は靴下に負担がかかりにくいため穴があく頻度が少ません。

靴下に穴が開きやすい人は靴下のまま部屋をうろうろしたり、ちょっとのことだからといって靴下で外に出てしまうといった特徴があるのかもしれません。

穴あき靴下を回避しよう

靴下は人間の体重をもろに受けて一番すり減っている衣類なのかもしれません。

靴下が穴が開いてしまう理由を利用して靴下が長持ちする生活を心がけてみてもいいかもしれませんね。

お気に入りの靴下を長持ちさせるためには下着と同じくらい気にかけて使用や洗濯をしてあげる必要があります。