二番目の女が本命に昇格する方法。いつも二番目になってしまう状況を改善しよう

最終更新日:2016年4月12日

「二番目の女」になってしまう女性というのは繰り返してしまいがちです。

ですが、いつまでも二番目では幸せにはなれませんよね。

そこで今回はいつも二番目になってしまう女性が本命になる方法をご紹介します。

1.男性になんでも従わない

二番目になってしまう女性と言うのはなんでも男性の言う事に従ってしまう傾向にあります。

本命の彼女に対しては本命の彼女のお願いを聞いたり本命の彼女に嫌われないように尽くす男性が多いため、本命の彼女に都合を合わせてデートを組んだり、クリスマスやバレンタインなどは会う約束を取り付けるものです。

ですが、本命でない二番目の彼女に対しては別れても痛くもかゆくもないので男性側が都合を合わせることは少なく、二番目の彼女…つまりは都合のいい女をつなぎとめておくために甘い言葉で嘘をついて虜にしています。

さらには、男性が二番目の女性に対しては引き気味なので女性は男性を引き留めたくなってどんどんと都合を合わせるようになってしまいます。

つまりは、本命の彼女は男性にわがままをいい、二番目の彼女は男性に都合を合わせて従うという特徴があります。

これを利用して、二番目生活を抜け出して今度こそは本命の彼女になるためには、男性に都合を合わせて従うのではなくて彼があなたに都合を合わせるような状況にしてみるといいのかもしれません。


2.彼に嫌われるのを怖がらない

二番目になってしまう女性は、彼に嫌われるのが怖くて彼の浮気を問いただせなかったり自分の都合を彼に合わせて「断る」ということをしなかったりと都合よくふるまってしまいます。

前項でご紹介したように、都合のいい女というのは二番目になってしまいがちなので、本命になりたいのであればできるだけ都合よくなりすぎるのは避けたいところです。

ですが、女性が男性に対して都合よくふるまってしまうのは、大好きな彼に「嫌われたくない」からでしょう。

ですが、彼に嫌われることを避けて自分を押さえつけていても何も解決しません。

万が一、そのような状況で彼が振り向いてくれて結婚することになってもあなたが一方的に我慢を強いられて辛い状況が続いてしまうでしょう。

恋人関係というのはどんなに彼と自分に差があっても平等なものです。

お互いに譲歩したりルールを守ったりしながら関係を続けていくものです。

その中で自分に非がないのに彼に嫌われたとしたらそれはもう相性が合わなかったということになります。

基本的な相性が合わなければいつかはほころびが生まれてしまうでしょう。

嫌われてしまうことを恐れていても結局は自分が我慢できなくなって別れるのであれば、彼に嫌われるのを怖がらずに接して彼が受け入れてくれるかどうか試し、平等な関係を目指すようにしてもいいのかもしれません。


3.浮気や不倫はしない

二番目になってしまう女性の特徴として、自ら浮気相手になったり不倫相手になってしまうというものがあります。

恋や愛は自由ですが、基本的に彼女や奥さんのいる男性に手を出してしまうのはいくら男性が誘ったとしても女性側も自制をするべきでしょう。

男性が浮気するときは「彼女・奥さんと別れて君にしたい」と言います。

恋をしている女性はそういった言葉に騙されてずるずると浮気や不倫関係を続けてしまうのです。

ですが、まっとうな気持ちがある男性であればしっかりと関係を清算してから交際や体の関係を迫るはずです。

なぜなら、本当に愛したいと思う女性に「彼女・奥さん」が別にいる状況で口説くというのは自分が浮気や不倫を平気でする男だとネガティブキャンペーンをするわけがないからです。

彼女や奥さんがいる時点で声を掛けられているのであればそれは事実上の二番目の女。

もしも、本当に彼が彼女や奥さんと別れても平気で浮気や不倫をする男なのでいつ自分が二番目の女逆戻りしてしまってもおかしくないのです。

ですから、彼女や奥さんから男性を奪って本命になる。

のではなく、彼女や奥さんがいない男性と付き合うことを目標にしましょう。

また「彼女・奥さんと別れるから」と男性が口説いて来たら男性が関係を清算するまでは付き合ったり肉体関係を持たないようにしましょう。

また、二番目になりたくないのであれば自分自身も彼女や奥さんのいる男性と関係を持つなどの恋愛においてのタブーをしないようにしましょう。

二番目の女から脱却しよう

二番目になりやすい女性は自らそういった男性を引き寄せてしまっているのかもしれません。

たまには男性にわがままをいったり甘えたりしてうまく男性の狩猟本能を自分に向けて追いかけさせるといいのかもしれませんね。