夜行バスでの最適な女性の服装。長時間移動でも楽に座っていられる服にしよう

最終更新日:2015年12月23日

夜行バスはバスの中で宿泊するようなものです。

限られたスペースの中、長時間快適に過ごすには服装は重要になってきます。

今回はそんな夜行バスで長時間移動する時に女性の最適な服装をご紹介します。

1.ゆとりのある服装

今回は夜行バスがテーマですが、基本的に長時間バスで移動などを伴う時は、座りっぱなしの状態が続くのでゆとりのある服装が1番ラクで、疲れにくいです。

座りっぱなしという事は、足もあまり伸ばす事ができず身体の血液の流れも悪くなりやすくむくみやすくなります。

ですのでレギパンやタイツといった締め付けるようなものは疲れます。

季節にもよりますが、今はスエット生地のロングスカートなどラクでオシャレなボトムスがあり、裏起毛素材のものもあるので、冬でも大丈夫です。

また、スカートである良さは女性らしく見えるのはもちろんではありますが、トイレなども使いやすいという点です。

バスなどに備え付けのトイレは簡易的なものでとても狭い空間。

ズボンなど締め付けるようなものだと、上げ下ろしも一苦労です。

スカートであればそれもスムーズです。

春であればワンピースも良いですね。


2.羽織り物もあると良い

夜行バスの中は冬であれば暖房、夏場であれば冷房はつきもの。

しかし、他の人は快適温度かもしれないけど、自分にとっては肌寒い場合もあります。

寒いと感じても、自分だけではないのでなかなか温度調節を申し出る事はできないと思うので、羽織り物を1枚持ってると便利です。

冬場であればアウターでカバーできますが、アウターもピーコートのような硬めの素材だと狭い席では肩凝りなど着心地も良くないので、モコモコの柔らかい素材などのものがベストです。

春であればカーデガンが最適です。

夏場でも、サマーカーデガンなどがあり、凄く薄手なので鞄などに忍ばせておけます。


3.重ね着は控えるべき

バスの座席は狭く、そこに長時間座っていなければいけません。

となると、重ね着ファッションをすると身体にまとわりつくようなゴワつき感などが気になってきて、窮屈に感じてしまいます。

できれば、インナーとトップスだけでいれるのが良いので、冬場であればヒートテックなどのインナーを着用してロンTや薄手のセーター、夏場であればTシャツなどなるべく何枚も重ねない事が大事です。

また、シャツブラウスなどは長時間着ていると疲れますし、シワになりやすいので避けるべきです。

意外と、服を着用している時も人はストレスを知らず知らずのうちに感じているので、シャツブラウスのようなシワなど気になるようなものを着ていると、ストレスになっている場合があり、それが疲れや肩凝りに繋がります。


4.靴

ヒールなど足が疲れやすい靴は避けましょう。

スニーカーやスリッポンといった、軽くて扱いやすい靴が良いでしょう。

座りっぱなしの状態だと、足が浮腫み靴を脱ぎたくなってくるでしょう。

そういった場合にもスムーズに脱いだり履いたりできるもので、なるべく足に負担がかからない柔らかい素材で軽いものが良いです。

ブーツなどでもムートンブーツのようなものも良いでしょう。

また、目的地で歩きの観光がある場合でしたら、靴の底に柔らかいソールを入れておくのも良いです。

靴でポイントとなるのは、軽さ、柔らかさ、インソールやラバーのクッション性。

そして扱いやすさです。

長時間移動であれば特にこれらは重要なポイントとなってきます。


5.鞄など

夜行バスで長時間の移動を伴えば、目的地に着くまでに眠ってしまう事もあるでしょう。

しかし、眠っている間は荷物って結構気になりますよね。

いくら決められた乗員だけで目的地まで一緒だと言っても、用心に越したことはありません。

目的地での観光の事も考えると、斜めがけのカバンが1番理想です。

肩から斜めにかけたまま、カバンは膝上においておきましょう。

その上からアウターや羽織り物で覆えば、寝てしまっても安心です。

またリュックもオススメです。

リュックは背負うものですが、座席にいる時は足元において足で挟むか、リュックを前に持ってきてベルトをそれぞれ両肩にかけて背負う、赤ちゃんを抱っこする時に使う抱っこベルトのようなイメージです。

これは観光や満員電車などでも結構役立つリュックの持ち方で、背後でチャックを開けられたりなどの心配もなく、更にちゃんと両肩にベルトをかけているので、重みも分散されますし、物の出し入れも手軽にできます。

夜行バスに最適な服装をしよう

夜行バスでの長時間移動は絶対と言っていいほど疲労などが伴います。

長時間、狭い座席に座りっぱなしの状態で身体がリラックスできず、血流もあまり良くないのでその分むくんだり

目的地の観光の事を考えるとある程度のオシャレもしていきたいと思いますが、ラフな服装でもオシャレにカッコ良く決める事は可能です。

締め付けないゆとりのある、軽めで柔らかい素材のものや、寒さ対策なども考え、インナーやトップス、アウターと羽織り物を用意すると良いでしょう。