スーピマコットンTシャツは何が優れているのか

最終更新日:2016年9月27日

そのなめらかな着心地、素材の確かさ、発色の良さから「一度着ると、通常のコットンTシャツには戻れない」と、年々愛用者が増えてきているスーピマコットンのTシャツ。

ただのTシャツではなく、その一枚で凜とした存在感と雰囲気があります。

そんなスーピマTシャツの特徴と魅力に迫ってみましょう。

1.シルクのような光沢と発色のよさ

通常のコットンとどう違うのか、まず、いちばん最初に目で見てわかるのがこちら。

つやつやとシルクのような光沢があるのが最大の特徴です。

スーピマコットンは元々の繊維の長さが3~4cmと長いため、この独特のツルツルとした織りあがりになります。

繊維が長ければ長いほど高級なコットンだと定義されています。

また、スーピマコットンは色を吸収しやすいため、加工したあとの発色がとても美しく仕上がるのも特徴です。

均一に織れて、ムラのない分、染めムラもないので発色が美しくなると言えるでしょう。

手にとってみると、縦糸、横糸が均一に同じ色に染まっているのがよくわかります。

そして、Tシャツの生地表面をゆらゆらと揺らしてみると、ツヤっとした光の筋が走るのが見えます。

シルクのような風合いと言われる理由がとてもよくわかります。

濃い色ほど光沢がはっきりと出てくるので、黒やネイビーの発色や表面のツヤ具合は、他のコットンとは一線を画しています。

また濃い色であればあるほど、お洗濯を重ねると色あせが目立ちがちですが、スーピマコットンだとしっかりと染まっているので色落ちしにくいというのも特徴です。


2.カシミヤのようなしなやかさとなめらかな肌ざわり

スーピマコットンTシャツの気持ちよさを体感するとわかるのが、この、なめらかさと肌ざわり。

繊細がやわらかで硬さが無いと言われるスーピマコットン。

細くてしなやかな繊維ゆえ、織りあがりは柔軟性に富み、身体の表面になめらかになじみます。

しっとりと柔らかい肌ざわりは、カシミヤとも形容されるほど。

とくに肩と腕を通すときに感じるスルンと腕が通るときのなめらかさには着る人の感動を誘います。

しなやかなのでごわつかず、他の洋服と重ね着したときの摩擦や、着膨れ感がまったくありません。

また、短繊維のコットンのTシャツだと、表面がぼそぼそとしがちだったり、着るたびに摩擦で毛玉ができやすいことがあります。

でも、スーピマコットンは長繊維のため、毛玉ができにくいので、いつまでたっても「くたびれ感」がでないのがいいところでもあります。

3.耐久性にすぐれている

通常のコットンよりの1.4倍程度の強度があるスーピマコットン。

長さが均一に織りあがるので、布にかかる負荷が分散されるということで、耐久性に優れています。

Tシャツといえば、首まわり、袖の部分がだらしなくなってくるころが寿命。

いくらお気に入りでも、この部分がだらしなくなると、着る気分がしないものです。

でも、耐久性のあるスーピマコットンのTシャツは最初に購入したときのシャキっとしたハリ感がいつまでも長続きします。

これが、スーピマコットンの凛とした雰囲気を作っているそのものなのかもしれません。

身体のラインにはなめらかに沿うけれど、一枚の生地としてのハリ感をぴしっと保っている。

そんな強さがこのスーピマコットンTシャツにはあります。


4.季節を問わずに着られる

化学繊維が使ってある洋服は汗や熱が体内にこもりがち。

でも天然繊維のコットンは、余分な汗や湿気を吸って、外へ放出してくれるので身体にベッタリくっつかず、汗がいつまでもこもる事がないので快適にすごせます。

また、静電気も起きにくいので身体がカサカサとかゆくなることもありません。

特にスーピマコットンは表面がサラっとしているので肌ばなれもよく、重ね着をしても摩擦が起こりにくいというメリットがあります。

夏は一枚で、冬はインナーとして、重ね着を楽しむのもあり。

スーピマコットンTシャツは年中楽しめるアイテムだと言えます。

デザインや柄がよくても、2・3回、お洗濯をしたらクタっとなってしまったり、襟まわりが伸びてしまったり、袖まくりをしたらそのまま伸びてしまった、なんて経験はありませんか?そんなことになってはあまりにも残念です。

だからこそ、これからのTシャツ選びは「素材」にこだわりたいですよね。

そうした時にオススメなのがスーピマコットンTシャツです。

スーピマコットンは耐久性があるため、お洗濯を重ねても、クタっとなりにくく、染まりもよいため、すぐに色がおちるということはありません。

スーピマコットンTシャツを着てみよう

身体にはしなやかに沿いつつも、シャンとしたハリをもち、ツヤツヤとした発色で存在感を出すスーピマコットンTシャツは、いつものコーディネートを上級のコーディネートへと導いてくれる、といっても過言ではありません。

TPOに合わせて何枚か持ち合わせ、年中を通して楽しみたいですね。