昔住んでいた家の夢を見た意味とは【夢占い】

夢占い最終更新日:2018年10月24日

昔住んでいた家の夢を見る時は、昔住んでいた家に関わる意味を持っています。

また、夢を見た時の深層心理によって差があるので、夢の意味には個人差があります。

そこで、昔住んでいた家の夢の意味や深層心理を紹介します。

1.親の老化を実感しているため、昔住んでいた家の夢を見た

昔住んでいた家は自分や親、兄弟など家族全員が現在より若いので、老化に対する心配はありません。

しかし、自分が歳をとると親も歳をとり、自分以上に老化していく親に心配や悲しさなどを感じます。

親の老化を実感している時は親の若い頃を思い出す傾向で、若い親を懐かしく感じる深層心理が夢に影響を与えます。

その為、昔住んでいた家の夢を見る時は親の老化を実感しているケースが多く、その意味を持つ夢を見る人は30代半ばから40代に多い傾向です。

親の老化を実感している時に昔住んでいた家の夢を見た場合は、親孝行をしたい意思の表れでもあり、夢を機に親への接し方を考えるのも大切です。

また、親の老化を実感する時は自分の老化も気になり始めているので、自分はもう若くはないという深層心理が働いています。

2.昔に戻りたい深層心理が強いため、昔住んでいた家の夢を見た

時代が進むと最先端や現代技術など良い響きの言葉が多いですが、時代が進むほど昔に戻りたい深層心理が働きます。

特に、歳を重ねるほど生活環境が悪化している場合は、昔に戻りたいという願望が強くなり、その深層心理が昔住んでいた家の夢となって現れます。

昔の方が物価が安かったや情報ツールがアナログで良かった、人間関係がゆったりしていたなど、人それぞれ昔に対する良い思いがあり、昔を懐かしむほど昔住んでいた家の夢を見る傾向です。

昔に戻りたい気持ちがあっても戻ることは不可能なため、戻りたいという心理だけが強くなっていき、昔を思い出すケースが増えます。

逆に、アナログよりデジタルというタイプは昔に戻りたいと思わないので、昔住んでいた家の夢の意味は変わります。

昔より今が好きな人で昔住んでいた家の夢を見る場合は、現在から過去に戻りたくないという心理が働いています。

3.元カノや元カレへの思いがあるため、昔住んでいた家の夢を見た

昔住んでいた家には、若い頃経験した恋愛の思い出が沢山詰まっていて、恋愛とは家が無関係でも恋愛した時代に過ごした家が印象に残ります。

昔住んでいた家の夢を見る場合は、元カノや元カレへの思いが関係していて、復縁したいという意味より恋愛を振り返る意味を持っています。

恋愛を振り返る場合は、現在の恋愛が上手くいっていないか、恋愛相手がいないケースがありいづれも今の恋愛は充実していません。

その為、昔住んでいた家の夢は人によって恋愛を求めている意味があり、交際の記憶と昔住んでいた家の記憶がミックスされています。

また、今の恋愛相手と上手くいっていない場合も昔住んでいた家の夢を見る時があり、過去の良い恋愛を振り返りたい深層心理が働いています。

ただ、人によっては昔住んでいた家で恋愛の思い出が無いケースもあるので、この場合は違う意味や深層心理があります。

4.今住んでいる家に不満がある

人間は現在に不満があると過去を振り返る習性があり、今住んでいる家に不満があるとその不満が夢に影響を与えて、昔住んでいた家が夢になって現れます。

この場合、現在より昔住んでいた家の方が良いと思っていて、今住んでいる家を変えたいという願望の表れです。

賃貸物件に住んでいる人は、新たな住居を探すことができるものの、一戸建てを購入して不満がある人はそれができません。

その為、一戸建てを購入して不満がある人ほどストレスが溜まっていき、発散できないストレスが昔住んでいた家の夢を見ます。

逆に、昔住んでいた家より現在の家が良いという人は、良い家に住めて良かったという充実感が比較する意味で昔住んでいた家の夢を見ます。

5.自分の良さを見失っているため、昔住んでいた家の夢を見た

社会の荒波にもまれると、自分の良さを見失うケースがあり、見失うと自信を無くしたりマイナス思考になるなど、本来の自分とは違う状態になってしまいます。

本来の自分と違う状態でいると、違和感がストレスになり自分を取り戻したいという深層心理が強くなります。

その深層心理が夢に影響を与え、昔住んでいた家が夢に現れます。

昔住んでいた家は、社会にもまれる前のイキイキした自分を連想するケースがあり、若い頃の自分イコール昔住んでいた家の夢になりがちです。

中高年になって昔住んでいた家の夢を見る場合は、学生時代や20代前半に住んでいた家が対象になる傾向です。

また、若い年代が見る場合も幼少期や学生時代など、大人になって生活した家ではないという共通点があります。

昔の家に住んでいる頃は、夢や希望に溢れている印象が強いため、自分の良さを見失うと昔住んでいた家の夢を見ます。

昔住んでいた家の夢の意味や深層心理を知ろう

昔住んでいた家には良い印象を持っているケースが多く、現在と比較する対象になります。

その為、現在に不満や不安を感じていると良い頃に戻りたいという深層心理が働き、昔住んでいた家の夢を見ます。

逆に、子供の頃より現在が充実した生活環境の場合は、悪い頃に戻りたくない心理の時に昔住んでいた家の夢を見ます。

 

    「昔住んでいた家の夢を見た意味とは【夢占い】」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く