夢に塔が出てきた時に意味することとは【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

夢で塔が出てきた時、その意味や深層心理に何があるか、ちょっと気になってしまうことがありますよね。

夢の中に出てくるものって、意外とインパクトがあっていつまでも忘れられなかったりします。

夢の中で塔が出てきたのはなぜかご紹介します。

1.いつか行ったことがある風景が夢に出てきている

夢で塔が出てきた時の意味や深層心理には、いつか行ったことがある風景が夢に出てきているというものがあります。

昔訪れた塔を、夢の中で見てしまっているのです。

眠っている時も、脳は目まぐるしく活動していることがあります。

そういう時、過去の記憶がふわりと浮かび上がってきたりして、それが夢に現れることがあります。

脳というのは複雑なコンピューターのようなものと言えるでしょう。

あまりにも膨大なメモリーを持っていて、時々関係ない時に、過去の映像を見せたりします。

また、塔のある風景に一緒に行った人と、最近会ったりしてしませんか。

そのことがきっかけとなって、急に昔の記憶が呼び戻されたりすることもあります。

懐かしい友達と電話で話した後、二人で旅行したことなど思い出して、それが夢に出てきたなんてことがあります。

夢に塔が出てきたら、いつか行ったことがあるか思い返してみましょう。

最近もしかしたら、久しぶりに懐かしい人との接点があったのかもしれませんね。


2.大きな塔を眺めている夢は何か大きな目標を持っている

夢に塔が出てくる意味や深層心理にあるのは、何か大きな目標を持っていたりすることがあります。

こうなりたいという思いが、夢の中で塔となって出てきているのです。

塔というのは、野心や向上心、そして理想や目標を表しています。

そしてそれらが大きければ大きいほど、塔も大きく高くなります。

塔を眺めている夢を見たら、何か目標を持っていて、それにトライしたいと思っているのかもしれません。

塔を眺めながら、深層心理では「その目標に向かって頑張る」という決意を固めているのです。

大きい塔、つまり大きい目標を叶えるのは楽なことではありません。

生半可な気持ちでいると、後から後悔することになるでしょう。

しかし、それでも頑張りたいと思うような時、人は自ら塔の夢をみて、気持ちを確かめようとします。

大変だけど、ともかく頑張ってみようという、そんな心意気を持とうとしているのでしょう。


3.塔のてっぺんまで登る夢は目標達成に近づいていることを知らせている

夢に塔が出てきた時の意味や深層心理には、色々なものがあります。

塔のてっぺんまで登っていく夢は、実は目標達成の瞬間が近づいていることをあなたに知らせているのです。

塔の一番上までくるというのは、今までの努力が実を結んで、結果を出す時が近いということです。

いわゆる良いことが訪れる前触れの夢となり、吉夢となります。

しかし、夢はもうすぐ目標や願いが叶うということを知らせているだけではありません。

そういう時だからこそ「油断しないで最後の仕上げを頑張るように」と、メッセージを送っているのです。

今まで頑張ってきたのに、最後の最後で足をすくわれたりしたら、泣くに泣けません。

そんなことにならないように、注意することがとても大切です。

目標達成の瞬間が近づいていること、しかし気を抜かずに頑張るようにと、夢は知らせているのです。


4.塔から周囲を見下ろす夢は色々なことを確認している

夢で塔が出てきた時の意味や深層心理にあるもので、今の気持ちを表しているものがあります。

塔の上から周囲を見下ろす夢は、今の状況を確認している夢です。

塔の上にいるということは、あなた自身がそれなりの地位にいたり、色々な財産などを持っていることを表しています。

つまり守るべきものがあるという立場にいるのです。

そういう立場だからこそ、周りに対して色々目配りをする必要があります。

そのことに自分自身も気がついていて、油断は禁物と思っているので、こういう夢を見るのでしょう。

周囲の色々なことに確認を怠らないように、塔という高い位置から周りを見下ろして目配りをしようとしています。

塔から周囲を見下ろす夢をみたら、もう一度自分自身の周りを再確認してみましょう。

もしかしたらおろそかにしていたことが見つかって、改善するきっかけになるかもしれませんね。


5.塔が崩れる夢は「警告」している

夢で塔が出てきた時の意味や深層心理の中で、気をつけたいのが塔が崩れる夢です。

塔が崩れる夢というのは、あなた自身に「警告」を伝えようとしている夢です。

塔は目標や社会的地位、そして権力を表しています。

それが崩れるということは、残念ながらあまりいい意味ではありません。

目標が叶わないということを示していたり、居間のポジションを失うことになりかねないということを示しています。

こういう夢を見た時は、計画に無理がないか色々見直したり、周りとの人間関係が上手くいっているかどうか、思い返してみましょう。

塔が崩れる夢は良いとは言えませんが、それをきっかけにして自分自身を振り返ることができます。

そうすれば、最悪の事態を招かなくてすむはずです。

塔が崩れる夢を見た時、そういう時はちょっと気を引き締めてみましょう。

そうすれば、トラブルを回避することができるかもしれません。

塔が崩れる夢は事態が悪くならないように、あなたに一生懸命「警告」してくれているのです。

夢で塔が出てきた意味を知ろう

夢で塔が出てきた時の意味や深層心理には、本当に色々なものがあります。

また今の現状を告げているだけでなく、注意を促してくれています。

あなた自身をもっといい状態に持っていけるようにアドバイスしています。

夢というのは、本当に不思議で面白いものですね。