20代で保険は入るべき?一人暮らしの20代女性が保険加入するか否かを判断する基準とは

女性の一人暮らし最終更新日:2014年10月11日
保険に入るか悩む20代女性

20代はまだ保険に加入する必要はないんじゃないか。
そう考えている若い女性は多いかと思います。

しかし毎日決まった生活をしていても、
いつ病気や事故やケガになるかわかりません。

また、急に入院することになるかもしれません。
誰しも明日のことはわからないのです。

その中で怖いのは「万が一のことがあったら」ということです。
万が一は思いもしない時だからこそやってきますし、万が一だからこそ備えが必要になるのです。

そこで今回は20代の女性が保険に加入すべきか判断するための基準についてご紹介します。

1.家系的に20代で病気になる可能性があるか、ないか

もし家族や親戚に20代で大きな病気、特に遺伝をするような病気や婦人科系の病気を持っている方がいれば
今のうちから保険に加入することを検討すると良いでしょう。

20代女性の一人暮らしの生活は将来に向けて預貯金も必要ですし、日々の生活費も必要です。
しかし、万が一のことがあって入院をしたり働けなくなったりしたら、途端に収入が滞ります。
心身ともに大きなダメージを受けますし、不安な毎日を送ることになります。

20代の女性だと生活費だけで厳しいという方もいらっしゃるかとは思いますが
病気をして入院をすると更なる金銭的な負担がのしかかります。

その時に経済的に破綻をしないために保険に加入しておくことをオススメします。

2.給付金の支給はもしもの時の精神的・肉体的な支え

預貯金の切り崩しほど、目減りしていく金額を前にして痛手だと感じることはありません。
20代女性の一人暮らしで病気や事故・ケガ・入院をしても、
身内がすぐに飛んできてくれる状況ならまだしも、当面は一人で切り抜けなければならないこともあります。

生命保険に加入していれば、すぐに入院給付金などの支給がありますし、
病気や事故・ケガも症状や度合いによって支給額が違ってきます。

体も心も弱っている時に、お金の心配をしなくてよいのはとてもありがたいはずです。

生命保険会社への電話一本でその手続きをしてもらえるのですから、あとはゆっくり治療に専念できます。

場合によっては手術や入院だけでなく、長期の通院やそれに伴う交通費も必要になります。
しかし、これはあくまでも万が一のことがあった場合であり、万が一のことがない場合、生命保険は不要なものなのです。

3.保険料と生活費のバランスが大切

生命保険に入りたいのは山々でも、
先立つ保険料が高くて加入できないという方が多いようです。

また終身保険や定期保険といった話を持ち出されても、
すでにその違いもよくわからないということがあります。

20代女性の一人暮らしなら、月々の生活費の方が大切でしょうから、
もし加入するとしても保険料が安い定期保険がよいでしょう。

一定期間(10年間保障や60歳まで保障など一定の条件や期間)の保障がついています。
この期間が終了したらまた再契約が必要になりますが、これで当面は安心できるでしょう。

一定期間だけでなくもっと継続したい場合は、終身保険がオススメです。

こちらは月々の保険料が高くなるものの、一生涯の保障になりますし、保障が切れる心配はありません。
経済的に今なら頑張れるかな、と思うのなら終身保険もよいかもしれません。
これに入院や、ガンなどの特定疾病の給付金をつけて、保障を手厚くするとさらに安心です。

保険料の捻出が難しいのであれば掛け捨てという方法もあり、現在では月々2,000~3,000円台の保険料も実現しています。

これらは、普段の生活費と保険料をどのように配分するかのバランスによって
選ぶ保険を変える、もしくは加入しないという選択をするのが良いでしょう。

 

    「20代で保険は入るべき?一人暮らしの20代女性が保険加入するか否かを判断する基準とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。