一人暮らしの寂しい気持ちを紛らわす方法

最終更新日:2015年8月16日

新生活をはじめて一人暮らしを始めて感じるのが「寂しさ」ですよね。

帰ってきても人がいなかったりずっと人の気配がないと寂しさを感じてしまうものです。

特に実家で兄弟や親せきに囲ませていた人は寂しさを感じやすいのではないでしょうか。

家に帰っても寂しい気持ちだと次の仕事や学校への気持ちも前向きになれませんよね。

そこで今回は一人暮らしが寂しい時の対処法をご紹介します。

1.彼氏を作る

一人暮らしで寂しいと感じる場合、思い切って彼氏を作ってみるのはいかがでしょうか。

彼氏ができると一人で部屋に帰ってきても彼とLINEでチャット形式で会話をしたり、スカイプなどを使えば顔を見ながら話すことができます。

なによりも好きな人がいれば、一人でいる時間はその人のことを考えているので寂しさを感じることが少なくなるでしょう。

また、彼に会いたいと寂しくなってしまってもLINEやスカイプなどで彼と連絡がすぐに取れる時代なので寂しさを紛らわせることができるでしょう。

さらに、彼と親密になってくれば時間がある日はお互いの部屋を行き来したり、半同棲のようになったりして一人暮らしを脱出できる可能性も出てくるでしょう。

そして、同棲をすれば一人暮らしの寂しさとはおさらばできるのです。

つまりは「一人暮らしで寂しく感じたら彼を探すいいきっかけ」ということです。

これを気に婚活・恋活をしてみてはいかがでしょうか。


2.一人でできる趣味を作る

一人暮らしで寂しさを感じてしまうのは部屋に一人でいる時に何もせずにぼーっとしてしまうからです。

何もやることがなく家でぼーっとしていると、余計なことを考えてしまったりふと寂しさを感じてしまうのなら、家で一人で没頭できる趣味を作ってしまえばいいのです。

例えば、アクセサリー作りやジオラマ作り、手芸などのように一人で没頭して家で行うような趣味ならば部屋で一人になってしまった時にぼーっとする時間を作らせませんよね。

さらに、趣味に力が入ればむしろ「一人になりたい」とまで考えるようになって一人の時間・一人暮らしを満喫できるようになるでしょう。

寂しさを充実に変えてしまえるような趣味を探してみてはいかがでしょうか。


3.勉強をする

趣味と似た所がありますが趣味よりもスキルに直結してくるのが「勉強」です。

語学・資格など自分に必要だと思われる勉強や、新たな分野に飛び出すための勉強、勉強が苦手な方は女子力を磨くメイクやファッションの勉強など。

このように勉強にはさまざまな種類があるかと思いますがどんなものでも構いません。

要は、趣味と同じで一人で部屋いて寂しさを感じる暇をなくしてしまえばいいのです。

趣味とは違って自分の力となって場合によって会社で昇給できるきっかけになるかもしれない資格試験の勉強はかなりオススメです。

通信教育で多くの資格試験の勉強ができるので一人暮らしでも安心して勉強をすることができるでしょう。

一人暮らしの静かで誰にも邪魔されない環境を活かしてしまえばいいのです。

一人暮らしで寂しさを感じたら手が空いている証拠。

自分をステップアップさせるために何かの勉強に打ち込んでみてはいかがでしょうか。

その時間を有効活用すれば自分をもっともっと磨いていけるかもれません。


4.ペットを飼う

一人暮らしで寂しさを感じるのは家に帰っても誰もいないから…という理由がよくあげられるようですが、そんな時に効果的な対処法は「ペットを飼う」ということです。

自分が帰ってきたときに玄関までお出迎えに来てくれたり、ご飯がほしいと甘えてくれたり一緒に寝てくれたりすると寂しさは感じないでしょう。

さらに犬や猫だけでなく、小鳥やハムスター・カメなどの小さな動物でもあなたを頼って生きていて、甘えてくれる・待っていてくれる。

それだけで寂しさを紛らわすことができるでしょう。

さらにペットは黙ってあなたの話を聞いてくれるでしょう。

部屋に自分の他に住んでいる生き物がいるだけで少し変わるかもしれません。

ただし寂しさを紛らわすためだけにペットを飼う時に必ず守ってほしいのは責任をもって最後まで大切に飼ってほしいということです。

動物を飼うというのは命の責任を持つという事、彼氏ができたから、結婚して子どもが生まれるから、などの人間の都合でずっとあなたに尽くしてきた動物を捨てたり処分したりすることは決してしないでください。

ペットを飼うということはそのペットの最後までしっかりと面倒をみるということです。

寂しさを感じてペットを飼う場合は責任を持って飼うようにしましょう。

一人暮らしの寂しさを上手に紛らわそう

以上、4つの対処法をご紹介しました。

一人暮らしで寂しいと感じてしまった時にはいつもより多く友達と食事する約束を取り付けたり、実家に帰って家族とコミュニケーションを取ったり、帰れない場合は久々に電話をしたりしても寂しさを紛らわすことができるでしょう。