一人暮らしの家の犬

一人暮らしで犬を飼う時のしつけ方法と注意点

女性の一人暮らし最終更新日:2018年4月15日

昨今のペットブームでマンションで一人暮らしの女性にも犬を飼う人が増えています。

しかし犬は高度な知能と性質を持った動物ですので、
しつけ方を誤ると近所とのトラブルの原因になったり、
愛しているはずの犬自体に大きなストレスを与えてかわいそうな結果に終わってしまうこともあります。

犬の特性を知り、正しい買い方を心がけましょう。

1.まずケージでしつけを

まずペットショップで子犬を飼う際に同時にケージを買うことが先決です。しつけの基本はここから始まります。

犬のトラブルの3大要素は「鳴き声」「トイレ」「ストレス」です。
これは順を追ってしつけることで簡単にクリアできる課題なので、最初の間は心を鬼にしてでも徹底してください。
絶対にしてはいけないのが「犬を布団に入れる」ことです。

寝る寸前まで遊んでいても自分が布団に入るときは犬はケージで寝かせ、夜中にどんなに泣いても構ってはダメです。

この掟に例外を作ってしまうと「鳴けば来てくれる」と犬は錯覚し、貴女が仕事などで家を空けるときに犬はひとりで貴女を呼び続けることになります。
これは近所トラブルで一番多い事例ですので、どんなにかわいそうになっても徹底してください。

2.『待て』を覚えさせる

犬は高度な知能を持った社会性動物です。自分を組織のどこかのランクに位置付ける習性を持っています。
ペットで犬を飼う時は誰がリーダーで誰が従属者かはっきりと理解させることが犬の幸せになるのです。

犬の一番の幸せは「リーダーに褒められた時」なのです。

まずこれを教え込ませる第一段階としては「待て」を教える事です。
エサの時間になったら短い時間でもいいので必ず待たせ、貴女がOKを出してから食べさせることで犬は主人を確認します。

人間にも向上心や出世欲があるように同じ社会性動物の犬にも同じ考えがあります。貴女がなめられると犬は貴女より自分の方が上だと勘違いし、最悪の事態になりますので注意が必要です。

3.トイレのしつけ

通常犬の排泄については散歩の時に同時にするようにしつけますが、貴女が一人暮らしならこの逆にしつけなければいけません。
犬は従順でトイレの場所やタイミングをしっかり守ろうとします。決まった時間に散歩ができる家庭なら外でさせれば良いのですが、一人暮らしの女性なら生活も不規則になりがちです。

トイレの場所は部屋にトイレを置き、そこで排泄したら褒め、違う所で排泄したら叱る、ということを繰り返し、他でした排便をトイレに置いたりする事で素人でも簡単に教えられます。

逆に散歩に行った時にはトイレをさせないという方法で覚え込ませましょう。

「甘やかされた犬」は人に怒られ続け、どうしたら褒められるのか悩み続けてストレスを抱えます。
犬はこのストレスで病気になり、最悪の場合死んでしまうこともあります。

そのためしつけはきっちりと行い
一人暮らしでも飼っていけるようにしていきましょう。