30代独身女性がヒマな時にしたい趣味5つ。大人な充実した人生を送ろう

自分磨き最終更新日:2019年7月12日

30代独身女性の趣味の選び方にはコツがあります。

なぜなら、女性も30代になると20代の時のように何をしても楽しいという新鮮な感情が無くなってきたり、外見よりも中身が重視されるような時期になってくるからです。

ヒマな時間を有効に利用し自分自身を高める、もしくは多忙な生活の中でリラックスでき、人生を充実させるような趣味を選ぶ必要があります。

そこで今回は、そうした希望を叶える30代にオススメな趣味をご紹介します。

自転車で颯爽と風をきる

30代になると女性の体には変化が生じてきます。

しかし願わくば20代と変わらぬスタイルを維持したいところです。

また、体力の衰えはこの時期から加速し始め、40代の更年期に向かって進んでいきます。

美容面のケアはみなさん注意されますが、その根本となる健康面となると手を抜きがちです。

この時期の体力強化はこれからの人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。

最近流行して女性の愛好者も増えている「自転車」は、風を切って走る爽快感を感じている間に知らず知らずのうちに体を動かせられる、苦痛の少ないスポーツの代表格です。

その一方で、自転車は下半身のみの運動と思われがちですが、実は全身の70%を使うスポーツです。

消費カロリーが大きく、時速30キロで走ると1時間で620キロカロリー、およそカツ丼1杯分のカロリーを消費することができるのでダイエットにも最適です。

スポーツタイプのクロスバイクなどは5万円位で始められる本格的なスポーツとして定着しつつあります。

雑誌なども多く発刊され、趣味としてのすそ野も広がり、ウェアやグッズのファッション性も高いことからオフィス街のスーツを着たOL達が疾走している場面も多く見られるようになりました。

30代だからこそ風を感じて周囲の景色も見つつ自転車で颯爽と駆け抜けましょう。

カメラで周囲を撮影し創作気分を味わう

芸術は人の情操に非常に良い影響を与えることで知られています。

ファインダー越しという限られた視野の中で世界を見てみることで、今までとは違った角度で物事を見ることができるようになり、新鮮な気持ちになります。

そして自分で「創作」した時の喜びは「鑑賞」した時の喜びの数倍高いものです。

趣味の範疇を越え打ち込むことのできる一面もあり、中には仕事を捨てて人生の方向性を変えてしまう方もいます。

デジタルの進歩によって、より身近になり女性にも人気なのが「一眼レフデジカメ」です。

軽くて画質も良く、プロの使っているようなカメラでできるような、絞りや焦点のズラしといった機能が簡易的に使えます。

初期費用は多少かかりますが、一通り揃えてしまうと後はそれほど費用はかかりません。

カメラを持って撮影旅行に行くことでこれまでの休日とは比べものにならないほどの充足感を味わえるのです。

撮った写真を素材として提供したり、身近な人のウェディングやマタニティなどの撮影など、副業として活用もできる事から、生活面での変化は計り知れない趣味の一つと言えます。

園芸で植物と触れ合う

植物と接することが人の心や体に安らぎを与え、人間本来の姿を取り戻すことができるということは古くから知られています。

福祉、医療、厚生、教育、治療、リハビリテーションなど様々なジャンルに園芸は取り入れられています。

土をいじることで人間の情緒は深くなっていきます。

また、自分の手で何かを育てる作り出すという成果が目に見えて分かりやすく、生産性の高い趣味だと言えるでしょう。

マンション暮らしの方でもベランダを利用して行うこともできますし、今では貸農園も多く存在します。

花を育てるのも女性らしく楽しいですし、野菜を育ててみるのもいいでしょう。

自分で育てた花を使ってフラワーアレンジメントを実施したり、ドライフラワーを使ってインテリアを作ったり、野菜を使った料理を研究しSNS等でシェアしたりしてみましょう。

園芸から新しい趣味に発展させることもできる、広がりのある趣味だと言えます。

まずは手軽に始めたい、という方には室内で簡単に始められる鉢植えの観葉植物もあります。

サボテンなどが有名ですが、日当たりが悪くても育てられる種類もあるので、ぜひ園芸員さんに相談されてはどうでしょうか。

瞑想などのマインドフルネスで精神を充実させる

最近注目されているマインドフルネス。

多くのビジネス書でも取り扱われていて、興味がある方も多いのではないでしょうか。

瞑想法の一種で「いま、この瞬間」に意識を向けることで不安や悩み、怒りを消し、心身をスッキリさせることでストレスをなくすというものです。

瞑想というと、静かに集中できる場所で行うもの、敷居の高いもの、怪しいものといった印象を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は決してそんなものではなく、自分自身が集中すれば、場所や時間を問わずにできるものです。

例えば通勤中、歩いている時にもその瞬間に感じている肌に触れる空気や音、足の裏の感覚などに意識を集中させること、ありのままの状態をしっかり感じることもマインドフルネスとなります。

初心者の方は、まずは眠る前に深呼吸をし、考え事をするのではなく自分を取り巻く環境に意識を向けることから始めてみてはいかがでしょうか。

現在独身なら家庭に追われることが無いために、ふと我に返って過去を振り返ることもあるでしょう。

また、将来に漠然とした不安を抱くこともあります。

そういった未来や過去など、不確定なものや変えられないものに囚われストレスを感じることはとても無益なものです。

ぜひ、いまこの瞬間に意識を向ける時間をとってみてください。

30代以降の人生を充実させる為にじっくりと考えて行動を起こす良い時間を持っているとも言えます。

語学を始める

誰しも英語や他の言語を話せる人に憧れたことはあるのではないでしょうか。

少しはわかるけど、いざ話す聞き取るとなると難しく感じている方もいらっしゃるでしょう。

語学は自分自身を高める、代表的な趣味と言えます。

ビジネスシーンでの使用はもちろん、洋楽の意味がわかったり歌えるようになったり、字幕で鑑賞している映画の原文の意味がわかることで、今までは誰かの感覚を通して翻訳された世界観を自分自身の感覚で掴めるようになります。

また、最近では異文化交流会として、日本語を学びたい外国人とお互いの言語で会話をする機会もあります。

社会人になるとなかなか難しい外部との繋がりを得られることができ、新しい友人を作るきっかけになります。

今さら勉強してもなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、語学を始めるのに実は遅すぎるということはありません。

中には老後の趣味として語学を学び始め、交流会で外国人の友人を作ったという方もいらっしゃいます。

多くの検定もありますので、自分のレベルを客観的に判断できる機会も多く、目に見える目標を作ることでやる気の維持もしやすいです。

文字通り、自分の世界を広げることのできる趣味となり、自分自身のスキルアップにつなげることができます。

代でヒマなら仕事と恋愛以外の趣味を持とう

がむしゃらに仕事や恋愛に打ち込んでいても、時が過ぎて安定期に入ると、人にはどこか虚無感を感じることがあります。

よりよい人生を送るには自分だけの「もう一つの世界」を持つことが大切です。

30代はある意味人生の折り返し地点に差し掛かった時期です。

この時期に新しい世界を見つけることでこれからの人生に潤いと充実感、そしてさらなる成長の一歩を得ることができます。

 

    「30代独身女性がヒマな時にしたい趣味5つ。大人な充実した人生を送ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. ゆかこ2018/04/27(金) 23:57

    30代から新たな趣味を見つけるのは難しいです。自転車や園芸はリラックスもできそうでいいなと感じ、とても役に立つ記事でした。

  2. 2. hotoke2018/04/28(土) 00:02

    無趣味な私としては、この虚無感はいたいほどよくわかります。飽きっぽいので、色々なジャンルに手を出しては長続きせずにいました。最近、もっと体力をつけたいと筋トレをしているので(これは義務感)、自転車に挑戦しようかな。まずはパンクしたままのタイヤをどうにかしなくては。やる気が出てきました。

この記事への感想を書く