30代女性が似合うロングヘアの髪型3選!大人なエレガンスさを醸し出そう

最終更新日:2014年11月3日

ロングヘアは、昔も今も根強い人気を誇ります。ただ、30歳を過ぎると、かわいらしさだけでなく、大人の色香も演出したいものです。

そこで、「大人世代」と呼ばれる30代女性に似合うロングヘアの髪型について考えてみたいと思います。

1.ツヤのある髪のストレートロング

ストレートロングは定番の髪型ではありますが、女性が女性らしく、そして知的に見える髪型として人気です。特に30代女性がストレートロングにしていると、20代では醸し出せなかった大人の落ち着きが加わり、エレガントな色気を感じさせてくれます。

ストレートロングで大切なのは、髪のツヤです

。きちんと毎日ブローし、時にはトリートメントをするなどして、髪にツヤを出すことを心掛けながら、ストレートロングの髪型を楽しんでください。「ただ伸ばしっ放し」「髪にツヤがなく、ぱさぱさしている」というストレートロングだと、だらしない印象に見えてしまいます。

髪の色は、ダーク系でも明るめの色でも、どちらでも合います。

2.ニュアンスウエーブのロングヘア

くしゃくしゃっとした自然なふんわり感が魅力のニュアンスウエーブのロングヘアも、30代女性に似合う髪型です。

「肩肘を張らず、自然に風に遊んでいる感じ」が、ある程度肩の力が抜けてきた大人世代に入っている30代女性にはぴったりです。20代の時には持つことのできなかった「大人の精神的余裕」とマッチしていて、30代女性にとても似合う髪型です。

この髪型は「自然なふんわり感」が魅力なので、「全体的に軽めな印象」に仕上げると良いでしょう。なので髪の色は、黒やダーク系といった重めの色よりも、比較的明るめの色にした方が素敵に仕上がるのではないかと思います。

前髪はあってもなくても、どちらでも大丈夫ですが、前髪が多過ぎると重く見えてしまうので、前髪の量には気をつけたいところです。

3.毛先部分だけをカールする巻き髪ヘア

「ストレートには飽きてしまったけれど、髪全体にパーマをかけるのに抵抗がある」という人は、毛先部分だけをカールさせた巻き髪ヘアも素敵です。

内巻きにしても良いですし、「少々縦ロール気味」にしてみても女性らしい雰囲気が演出できます。ただまっすぐなロングヘアよりも、女性っぽいワンポイントが加わって、ぐっとエレガントな雰囲気になります。

この髪型は、髪の色がダーク系でも、明るめの色でも似合うのが魅力ですし、「カワイイ系好み」「コンサバ系好み」どちらの人にも似合います。30歳を過ぎて大人世代になっているので、巻き髪ヘアにしても「ぶりっ子」という感じがなく、むしろ大人の女性のエレガントさを醸し出せるというのが嬉しいポイントです。

30代は大人なエレガントさを

30代女性のロングヘアは基本的に、「大人の落ち着き」「品の良い色香」を意識し、そこに少しかわいらしい要素を加えると、魅力的に仕上がります。

20代の天真爛漫なかわいらしさとは違った「大人のエレガントさ」を、ロングヘアの髪型で醸し出してみてください。