30代女性がきれいな肌を保つためのポイント3つ

自分磨き最終更新日:2014年11月2日

肌のきれいな女性は、清潔感があったり、若々しく見えて自分自身にも自信がもてます。

特に30代は、20代と違って自分のお手入れ次第できれいな肌になるのか、歳相応の肌になるのかが分かれる重要な時期です。

この時期にきれいな肌づくりの基礎をつける必要があります。

そこで今回は30代女性がきれいな肌を保つための方法についてご紹介します。

1.栄養がある食事をとる

そんな事当たり前じゃないと思われるかもしれませんが、すべての細胞は体にはいってくるものでつくられるので、食べ物で何をとるかというのは重要な事です。

よく女優さんやモデルさんがきれいなのは、エステや美容にお金をかけているせいもあるかと思いますが、やはり体に良いものや栄養のあるものを食べていることも大きな要因です。

しかし、栄養のあるものなどは高価で、私たちが、そう毎日食べられるものではないので、そこはサプリメントなどで上手に補っていく必要があると思います。

また、栄養のある食事である程度の肌づくりはできるはずですので、サプリメントはあくまで補助的で絶対に必要だと言う事ではないです。

それよりも、過度な食事制限のあるダイエットをしたり、あまりスナック菓子や砂糖の多いものをとりすぎないようにする事が必要です。

2.睡眠をしっかりとる

30代女性はちょうど仕事も子育ても一番忙しくなるときです。

そのため睡眠時間を削るという女性もいらっしゃるかと思いますが、睡眠時間はきれいな肌作りには重要です。

肌細胞も寝ている間につくられるので、睡眠は軽視できません。

ここで大切なのは時間の長さというより睡眠の質です。

10時間寝てもまだ眠かったり、だるかったりする場合は、寝不足ではなく睡眠の質が落ちていると考えられます。

眠りが浅かったりすると疲れも十分にとれず、新陳代謝が活発になりません。

質のよい睡眠をとるには、ストレスをためない、適度な運動をして体を披露させる、寝る前に刺激を与えるもの(テレビやスマホ、PC)などを見ない、生活のリズムを整える(寝る時間、起きる時間などを一定にする)などの工夫が必要です。

睡眠の質を上げる事で、疲れもとれ代謝もあがり、体の調子も整えられます。

3.保湿、洗顔をしっかりする

30代は、コラーゲンの減少や新陳代謝などが徐々落ちてきますので、保湿をする事が重要になってきます。

ただクリームや乳液をべたべた縫っても、肌に浸透していかなければ無意味になってしまいますし、吹き出物の原因にもなってしまいます。

まず洗顔をしっかり行い、肌表面についている汚れや角質などをとって、きれいにしましょう。

そして肌に浸透させる状態で、しっかりと保湿をすることできれいな肌をキープする事ができます。

栄養不足、寝不足などで代謝が落ちているときは、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)などもおちてしまうので、ときにはピーリング入りの石鹸などをつかって、汚れをおとし肌の再生を促してあげる事が必要です。

 

    「30代女性がきれいな肌を保つためのポイント3つ」への感想コメント一覧

  1. 1. umiyone2018/06/08(金) 10:12

    肌表面についてる汚れ、角質はあまり考えた事なかったので、普通の石鹸ではなくピーリング入りの石鹸など使ってみようかと思います!

  2. 2. umiyone2018/06/08(金) 10:16

    とりあえず洗顔すれば汚れは落ちてるかな?と思っていて、肌表面の汚れ、角質などあまり考えてなかったのですが、お肌の調子が悪いので、ピーリング入りの石鹸など使ってみようかと思います!

この記事への感想を書く