30代女性がキレイな肌を保つためのポイント5つ。いつまでも20代と変わらない肌ツヤでいよう

自分磨き最終更新日:2019年7月16日

肌のキレイな女性は、清潔感や若々しさから自信を持つことができます。

特に30代は、20代と違って自分のお手入れ次第でキレイな肌になるのか、歳相応の肌になるのかが分かれる重要な時期です。

この時期にキレイな肌づくりの基礎をつける必要があります。

そこで今回は30代女性がキレイな肌を保つための方法についてご紹介します。

1.栄養がある食事をとる

細胞は体に入ってくるものでつくられるので、食べ物で何をとるかは重要です。

女優さんやモデルさんがキレイなのは、エステや美容にお金をかけていることもありますが、やはり体に良いものや栄養のあるものを食べていることも大きな要因です。

しかし、栄養のあるものの中には高価で、私たちがそう毎日食べられるものではなかったり、毎日きちんとバランスの良い食事を続けるのは難しいののですよね。

飲み会があったり、忙しくて食事が取れなかったりとつい適当な食事や偏った食事になってしまいがちです。

そのため足りない栄養分はサプリメントなどで上手に補っていきましょう。

完璧な食事メニューに毎日こだわって挫折してしまうよりも、まず普段の生活からできることをコツコツと続けていくことの方が効果が見込めます。

過度な食事制限のあるダイエットをしたり、あまりスナック菓子や砂糖の多いものをとりすぎないようにしましょう。

高タンパク低カロリーな食事を基本にし、無理のない範囲で野菜を中心とした食事を3食きちんと規則正しくとることがお肌をキレイに保つための基本であり大切なポイントです。

2.睡眠をしっかりとる

30代女性はちょうど仕事も子育ても一番忙しくなるときです。

頑張ってしまうあまり、睡眠時間を削るという女性もいらっしゃるかと思いますが、睡眠時間はキレイな肌作りには重要です。

ここで大切なのは時間の長さというより睡眠の質です。

10時間寝てもまだ眠かったり、だるかったりする場合は、寝不足ではなく睡眠の質が落ちていると考えられます。

眠りが浅かったりすると疲れも十分にとれず、新陳代謝が活発になりません。

つまり、肌だけでなく体もキレイにならないのです。

質のよい睡眠をとるには、ストレスをためない、適度な運動をして体を披露させる、寝る前に刺激を与えるものであるテレビやスマホ、PCなどを見ない、生活のリズムを整える(寝る時間、起きる時間などを一定にする)などの工夫が必要です。

リラックスして睡眠に向かうためにも、食事は就寝の2時間前には終え、ゆったりとぬるめのお風呂に入り心身を休ませる準備をすることが重要です。

体がスッキリするだけでなく、肌の調子が変わったのも実感できるはずです。

睡眠の質を上げる事で、疲れもとれ代謝もあがり、体の調子も整えられます。

3.保湿、洗顔をしっかりする

30代は、コラーゲンの減少や新陳代謝などが徐々落ちてきます。

肌の乾燥も目立ってくる時期でもあり、放っておくとシワになり取り返しのつかない事態になってしまうので、正しく保湿をする事が重要になってきます。

正しく、というのには理由があります。

ただクリームや乳液をべたべた縫っても、肌に浸透していかなければ無意味になってしまいます。

そもそも汚れが肌に付着したまま蓋をすることになってしまうと逆効果で、吹き出物の原因にもなってしまいます。

まず洗顔をしっかり行い、肌表面についている汚れや角質などをとって、キレイにしましょう。

化粧品で一番重要と言われるのはクレンジングです。

肌の汚れを落とすことに投資することが一番重要と言われています。

もし、適当にクレンジングを選んでいたり、若いころからずっと同じものを使われている方は、この機会に自分の肌に合うものにアップデートしてみましょう。

そしてキレイになった状態で初めて水分や栄養を浸透させ、その上からしっかりと保湿をすることでキレイな肌をキープする事ができます。

たとえ酔っ払っていたり、ヘトヘトに疲れて帰ってきたとしても、化粧を落とさずにそのままベッドに行ってしまってはいけません。

ファンデーションをしたまま眠るのは、雑巾をつけたまま眠るのと同じくらいの汚れが付いていると言われています。

そのため必ずメイクを落としてから眠るようにしましょう。

4.デトックスをする

肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルは、体内に溜まった老廃物が出てきている証拠でもあります。

現代女性は運動する機会が少なく、食生活や生活リズムも乱れがちになってしまいます。

体内に溜まった毒素を排出する機会が必要になってきます。

デトックスの代表的なものは、汗を流すことです。

ジムに通ったり、ウォーキングやランニングをすることで汗を流す行為は、肌のためにはもちろん、ストレスの解消やダイエットにもつながるため、趣味の一環として取り組んでみましょう。

運動が苦手な人には、温泉やゆったりしたホットヨガ、サウナなどもオススメです。

ヒーリング効果があり、無理せず続けられる点もポイントです。

また、酵素などを使ったプチ断食などもオススメです。

胃や腸などの消化器官を休めることで、逆に元気を取り戻させ、いらなくなったものをしっかりと排泄することもできます。

また、体がスッキリすることで余分なものを体内に取り組みたくないという意識が働き、その後の食事にも気を使うようになります。

栄養不足、寝不足などで代謝が落ちているときは、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)なども落ちてしまうので、ピーリング入りの石鹸などをつかって、汚れをおとし肌の再生を促してあげる事が必要です。

ピーリングは肌に負担もかかってしまうものなので、実施した後はしばらく丁寧にケアすることが大切になってきます。

5.紫外線対策を欠かさない

肌のダメージとして理解はしているものの、なかなか対策が取りづらいのが紫外線ですよね。

太陽光は細胞を破壊し、乾燥を進めるのでしっかりとUVケアをすることが重要になってきます。

出かける際には日焼け止めやその効果のある下地などでUVケアをしていても、その効果は2〜4時間と言われています。

化粧をしっかりした上で、日中何度も化粧を直したり、日焼け止めを塗り直すのは難しいと諦めてしまっていないでしょうか?

そんな時はスプレータイプの日焼け止めを使うことで化粧崩れを気にせずにUVケアをすることもできます。

それでもお子さんがいて塗り直すことができなかったり、ついつい塗り直すことを忘れてしまうという方には、日傘や帽子、サングラスなどでカバーしてあげることもできます。

さらに、最近は量販店などでもUVカットの素材のカーディガンなども売られています。

これを上手に日よけにすることもオススメです。

キレイな肌で自信を手に入れよう

最近は素肌力、透明感など化粧を使うだけでは出せないすっぴんのキレイさにも注目が集まる時代になってきました。

そして高いエステや化粧品に頼らずとも、基礎をきちんと継続することでキレイな素肌は手に入れられます。

大人の女性の印象を決める肌、しっかりと磨き上げて素肌力を磨き、なりたい自分へ近づきましょう。

 

    「30代女性がキレイな肌を保つためのポイント5つ。いつまでも20代と変わらない肌ツヤでいよう」への感想コメント一覧

  1. 1. umiyone2018/06/08(金) 10:12

    肌表面についてる汚れ、角質はあまり考えた事なかったので、普通の石鹸ではなくピーリング入りの石鹸など使ってみようかと思います!

  2. 2. umiyone2018/06/08(金) 10:16

    とりあえず洗顔すれば汚れは落ちてるかな?と思っていて、肌表面の汚れ、角質などあまり考えてなかったのですが、お肌の調子が悪いので、ピーリング入りの石鹸など使ってみようかと思います!

この記事への感想を書く