毛穴ケアをする女性
   

毛穴が目立ち気になる女性が毛穴の開きを抑える方法!ポイントは自浄作用を強めること

自分磨き最終更新日:2014年10月8日

毛穴が開いて目立った状態では美肌は望めません。

しかし多くの人は毛穴の本当の役割と性質を知らないために
間違った毛穴ケアをしてしまい逆に悪化させてしまっています。

肌の保護に大切な役割を持つ毛穴の性質を知って適切なケアで毛穴の目立ちを抑えましょう。

1.毛穴ケアは保湿が基本

毛穴は単に毛が生えてくるための穴ではなく、皮膚を保護する為の大切な器官なのです。
毛穴からは皮脂が分泌されて肌全体を油膜で覆って肌全体の水分が蒸発するのを防いでいます。

毛穴の汚れを取りたいがために洗浄力の高い洗顔料を使用してゴシゴシとこするのは肌表面の油分を取りさってしまう為に、毛穴ケアとしては逆効果なのです。

皮脂が分泌する際に毛穴は開いて目立ちますから、必要以上に毛穴を開かせないことが大切です。
洗顔は軽くても肌表面の汚れは十分に取れますので、軽く洗うようにして保湿能力の高い化粧水や乳液などで肌を乾燥から防ぐことが毛穴ケアの第一歩です。

2.毛穴の開閉能力を鍛える

毛穴は開閉しながら肌に必要な皮脂を分泌しますが、
加齢やエアコンの中で暮らす生活環境で「開閉能力」が弱まっている場合があります。

毛穴の開閉は汗の分泌する穴である「汗孔」と連動して動きます。

人間の自浄作用の一つである汗の水分で肌表面を洗い、毛穴からの皮脂で保湿するという素晴らしい機能を人体は持っているのです。

従って汗をかかない生活や温度差の少ない生活を長く続けてしまうと、
汗孔も毛穴も開閉能力が低下してしまうのです。

この時に毛穴は皮脂を分泌していない時でも閉じ切らずに「半開き」の状態になり、目立ってしまうのです。
運動やサウナなどで汗をかき、その後に冷水で体温を急激に下げるようなトレーニングを繰り返すと、毛穴は必要な時に開き、皮脂の分泌の必要が無い時は閉じるという能力を向上させるのです。

表面的に冷水などで肌を冷やすと毛穴は体温保持のためにぎゅっと締める運動をし、毛穴はより小さく閉じられるようになります。

3.毛穴掃除は自然に任せる

毛穴が開いた状態が長く続くと汚れが毛穴に詰まり、黒い点に見られるような目立ち方をします。

これを表面から落とすのは難しく、これを除去するのはやはり皮脂が分泌される時なのです。

毛穴が目立つと気持ち的に隠したくなるもので、上からファンデーションを塗り込んでしまい毛穴を詰まらせることになります。この毛穴のファンデーションがフタとなり皮脂の分泌が阻害されて毛穴の自浄作用は低下されます。

休みの日など人と会わない時は化粧しないようにし、できればクリームや乳液なども塗らない肌のクリーニング時間を設けることで毛穴は自然にきれいになります。

正しい毛穴ケアは自浄の力を強めること

毛穴の本当の役割と性質を知るといかに自分の毛穴ケアが間違っていたかが理解できると思います。
正しい毛穴ケアはいかに「自浄作用」を強化するかが大切なのです。

肌は目に見える部分ですが、人体の一部であり生命機能のひとつとして常に働き、毛穴も役割を持った器官です。
この性質を知り、正しい毛穴ケアで美しい肌の維持に努めましょう。

 

    「毛穴が目立ち気になる女性が毛穴の開きを抑える方法!ポイントは自浄作用を強めること」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。