自分に似合う前髪を見つける方法。顔のタイプから最適な前髪を見つけよう

最終更新日:2016年6月14日

女性は、髪の毛の長さはもちろんのことながら、前髪があるか無いかで大きく印象が異なります。

前髪が全くないのか、パッツンで厚くあるのか、透けるくらいにあるのか、斜めに流してあるのかで、後ろ髪の長さは同じでも顔全体の印象は全く違ってきます。

前髪を変えれば大きくイメージチェンジ出来るので、非常にお手軽ですよね。

しかし、実際自分はどの前髪が似合うのか悩む人も多いでしょう。

タイプ別に似合う前髪をご紹介します。

1.前髪無し

前髪を全く作らずセンターパートで分けたり、自然にかきあげたりするタイプのことです。

顔の形から言えば、卵型、ベース版型、丸型の人に似合います。

また、オデコを全開することになるので、オデコが広い人や生え際がキレイな人などにもオススメです。

顔の部位の配置から言うと、目は下の方に付いている人の方が似合いますし、目と目が離れていて鼻筋の通った人にも似合います。

大人っぽい顔立ちの方はキレイ系に、童顔の人は愛らしく見えるのでオススメです。


2.前髪をパッツン

パッツンと揃えられた前髪は、実に個性的です。

似合う顔の形は面長の人です。

また、オデコを隠すことが出来るので、オデコが狭い人や生え際に自信が無いなどオデコにコンプレックスを抱えている人にオススメの前髪です。

目の上でパッツンと髪の毛を揃えるので、その下の目が強調される傾向があります。

大きな目の人ならば可愛らしく童顔に、細い目の人ならばエキゾチックな顔立ちに見えるでしょう。

とにかく、目に視線を集めがちな髪型になりますので、アイメイクも個性的にしてみてはいかがでしょうか。

つけまつ毛なども引き立ちます。

しかしながら、前髪は伸びるのが意外と早く、数ミリ伸びるだけで髪全体のバランスが崩れてしまうので、ベストな長さをキープするのが大変になります。

こまめに美容室に通って前髪カットをしてもらうか、セルフカットすることをオススメします。

また、気温や気分によってヘアバンドやクリップなどでオシャレに前髪をアレンジすることも可能です。

時には前髪無しを体験することも出来るので、二度美味しいですよね。


3.薄く前髪をパッツン

伝わりづらいかもしれませんが、2よりも薄く前髪を下ろした髪型だと思ってください。

こちらも、面長の顔の形の方が似合います。

しかし、前髪を薄く下ろしているので、2ほどのインパクトは無く、様々な顔の形の方でも挑戦し易いです。

イメージとしては、全体的に大人しい印象に仕上がります。

大人しくナチュラルな感じにしたい人にはオススメの前髪の形です。

また、最初から厚く前髪パッツンをすることに抵抗がある人が、お試しとしてするにはよい髪型です。

自分で様子を見て、好みでその後前髪の量を増やすなりそのまま伸ばすなり選ぶことが出来るからです。

また、ピンで留めたりヘアバンドを用いたりして全く前髪の無いヘアスタイルも楽しむことが出来るので、いろいろとオシャレの幅が広がります。


4.斜めに流す

1番人気の前髪です。

どのような顔の形の人にも似合い、アレンジやバリエーションも多いので、自分に似合うバランスや形を見つけやすい前髪です。

また、流す前髪の長さに寄って、その印象は全く違ってきます。

前髪の長さが短ければ可愛いくなり、長ければ大人っぽくなります。

また、髪の毛全体の長さとのバランスでも印象は違います。

例えば、ロングヘアーの人が後ろに繋がるように前髪を流せば、大人っぽく色っぽい女性といった印象の髪型の出来上がりです。

このようなヘアスタイルの場合は、鼻筋が通った大人っぽい顔立ち人の方が似合う傾向があります。

しかし、同じロングヘアーでも顔周りの前髪のみを短めに切って斜めに流せば、可愛らしく愛らしい印象の髪型が出来上がるのです。

こちらは、丸顔で目が大きな童顔の女性によく似合います。

後ろの髪の毛がショートヘアで、それに繋がるように前髪を斜めに流すと、スポーティーで行動的な印象の髪型が出来ます。

しかし、パーマがかかっていたり全体を巻いた場合は、ガーリーな印象に持っていくことも可能です。

自分でいろいろと手軽にアレンジ出来るので、洋服や気分によって全く違った髪型にすることも楽しめます。

しかし、ベースがボブヘアーで前髪を横に流す髪型が、世代を問わず女性に1番多く見られる髪型ではないでしょうか。

ショートカットの場合と同様にパーマや巻くことで様々な印象に変化させることも出来るので、是非試してみたいものです。

前髪を自分の似合う形にアレンジしていこう

あなたがイメージチェンジを望むのなら、前髪を切ってみてはどうでしょうか。

もし、あなたが失敗したと感じても前髪は比較的早く伸びます。

失敗を恐れず、様々な前髪にチャレンジしてみましょう。

微妙な長さの違いや、巻き方、セットの仕方で必ずあなたに似合う前髪が見つかるはずです。