甘めメイクのやり方。甘めフェイスになろう

最終更新日:2016年2月23日

これからクリスマス、ニューイヤー、バレンタインとイベント満載で気になる男性にアピールしたり、彼とデートに出かける機会もあるかもしれません。

大事なデートはいつもと違った雰囲気のスイートなメイクアップで彼の心をわしづかみしちゃいましょう。

1.ベースメイクは素肌感重視

メイクの基本、ベースメイクは気になる肌トラブルをしっかりカバーしつつ、まるですっぴん肌のようなナチュラルスキンを作りのが大切です。

まずは基礎化粧品でしっかり整えた肌を少し休ませます。

この休憩時間が大事です。

化粧水やクリームをつけた後にすぐにベースメイクを始めると、基礎化粧品が馴染んでいないので化粧崩れの原因となります。

デートの終わりにはファンデーションがドロドロなんてことが起こらないようにこのひと手間が大切です。

基礎化粧品が馴染んだら下地を塗って、その後、気になる肌トラブルをカバーするコンシーラーやコントロールカラーでトラブルをカバー。

ファンデーションで肌トラブルをカバーしようとすると厚塗りになって不自然な顔になってしまいます。

ナチュラルなベースづくりには大事なステップです。

パウダーファンデーションは筆でナチュラルにつけると良いでしょう。

スポンジで着けるよりもふわっと付きナチュラルに仕上がるので甘めメイクにオススメです。


2.ふんわり眉毛でかわいさを演出

顔の印象を大きく左右する眉毛、甘めフェイスにはふんわりとした平行眉毛がオススメです。

眉尻はペンシルを使って、眉頭はパウダーを使って描いて行くとナチュラルに仕上がりますよ。

少し太めに描くのがトレンドです。

描いた眉毛はスクリューブラシでしっかりぼかして自然さを出してください。

明るい髪色で地眉毛が黒目の人は最後にアイブロウマスカラを利用して眉色を明るくするのもお忘れなく。

3.アイシャドウはスイートピンクをチョイス

アイシャドウはピンク系を選ぶと甘めフェイスをよりかわいく仕上げてくれます。

ベージュ系ピンクのグラデーションで目元はブラウンで引き締めるとかわいいけどしっかり目を大きく見せてくれます。

一重や奥二重でピンク系アイシャドウを避けている人も目じりを中心にポンとピンクカラーを置くようにして目の際はブラウンで引き締めると腫れぼったく見えませんよ。

目の下には細かいラメやパールが入った肌色よりも少し明るめのベージュやピンクなどのカラーを全体にのせましょう。

ウルウル目が強調されてより甘い顔立ちに見えますよ。

目の下の目じり側にはラインのようにブラウンのアイシャドウをのせるとたれ目風見えます。


4.アイライン、マスカラはブラウンを選んでスイートに

目を大きく見せるのに重要なアイラインとマスカラはブラウンカラーを選ぶと甘めメイクにぴったりです。

黒だと強すぎてしまい、スイート感が半減されてしまいます。

アイラインは目じりを跳ね上げずに目尻少しはみ出すくらいで終わりを下げ気味に描くとくるっとしたたれ目風の目が完成します。

下まぶたのアイランは黒目の下だけにひくと黒目が強調されて黒目がちなかわいらしい目元になります。

たれ目感を強調したい場合は黒目から目じりにかけて細くアイラインをひくとよいですよ。

ビューラーでカールさせたまつ毛にたっぷりマスカラを塗って可愛さをアップ。

だまにならないように2度塗りくらいで止めるのがベターです。

したまつ毛にもマスカラを塗って目の縦幅を広げましょう。


5.ほんのりチークで上気肌に

チークはピンク系で肌馴染じみのよいものを選びましょう。

濃いめに入れるチークもかわいいですが、ナチュラルに仕上げたい甘めフェイスはまるで上気したような頬に仕上げるのがポイントです。

肌馴染のよいピンクベージュなどのチークを頬骨からこめかみあたりまでふんわりのせると内側から自然にあふれでるような赤みを帯びた肌に見せてくれます。


6.プルルンピンクリップで甘めフェイスの仕上げ

リップはピンク系のなじみの良い色をチョイス。

唇の形に合わせて自然に塗るとかわいく仕上がります。

もっと可愛さを強調したいときはグロスを重ねてもOKです。

グロスは透明に細かいパールが入ったものを重ねるとメイクの雰囲気によく合います。

唇のカラーが強めの人はほんのり色づくリップグロスだけでもかわいく仕上がりますよ。

甘めフェイスを作ろう

甘めフェイスを作るメイクのポイントはナチュラルに仕上げることです。

まるでお化粧はほとんどしていないように見せるすっぴん風のメイクにスイートなピンク系カラーを合わせると好感度抜群の甘めフェイスを作ることが出来ます。

やりすぎメイクは厳禁で、ほのかに色づくくらいにカラーをのせてナチュラルなかわいさを引き出しましょう。

ちょっとしたひと手間を惜しまず、丁寧にメイクを仕上げていくことも大切なポイントですよ。