頭の回転が早い女性の特徴5つ

最終更新日:2016年5月1日

頭の回転が早いと感じさせる女性はいますか?

会話のテンポの良さなどは特徴の中の重要なポイントのひとつになるかと思いますが、ただ早いとかだけではなく心地よさや記憶に残るかなども、良さの中に含まれてくるのではないでしょうか。

頭の回転が早い女性とは、具体的にどんな感じでしょうか?

今回はそんな頭の回転が早い女性の特徴をご紹介します。

1.場の空気を読むのが得意

頭の回転が早いいくつもの視点に目が行き届き結果、その場が和やかになるようにお気遣い出来たりします。

簡単な部分で言えば、ビールを注ぐタイミングや注文をするタイミング、お皿を引くタイミングなど。

「○○ちゃんは気がつくなぁ~」なんて言われる人は、その様な場では頭をフル回転しています。

天性の場合もありますが、あまりに気が付きすぎると場合によっては、一緒にその場を楽しむ仲間ではなく店員化してしまうのでご注意を。

振り返ったら、楽しかった記憶よりテーブルのキレイさや忘れ物がないかなど、全然違う路線を走っている場合もありますので、場の空気を読むのもほどほどにしましょう。


2.会話のテンポが良い

言いにくい話や難しい内容は言葉が途切れがちになりやすいですよね。

そんな時に、伝えたいことを要約して返答してくれたりするとありがたいですよね。

そんな代弁してくれるような方があなたのまわりにも一人はいませんか?

また、盛り上がって会話の掛け合いが波に乗ると笑いが起こったり。

テンポの良さは早さだけを指すのではなく、聴き手も語り手も心地よさを感じることがポイントです。

じっくりと聴いてほしい時に、間髪入れずに返答すると逆に「ちゃんと聴いてくれたのかな?」と感じさせてしまうことも…。

これがテンポのズレです。

会話のテンポが良い方はコミュニケーションも良好で、信頼関係も築けやすい特徴もあります。

良い返事を返すことや早く返事を返すことに意識するより、相手の話に親身になって耳を傾ける…それが、会話のテンポの心地よさに繋がるかもしれませんね。


3.良い意味で合理的

面白く盛り上がっている時に、質問ばかりしていると、スピード感がなくなり楽しさも半減します。

頭の回転が早いと、わかりやすい例えやわかりやすい言葉に置き換えて一言で表す合理的さも備わってます。

気持ちや頭の中が混乱している時は話にまとまりがなくなるので、そんな時に内容をまとめたり要約してくれると「私の伝えたいことはそれよ」と頭がすっきりして話してよかったみたいな好印象を残せたりもします。

適切な一言に表してもらえると話をよくわかってもらえた感も増し、たくさん聴いてもらえた気持ちになり、それが頭の回転が早い印象に繋がります。

ただし、端的過ぎたり、重要な一言がぶっきらぼうだとシャープになるので、頭の回転が早い女性としては、合理的かつソフトな一言が望ましいですね。


4.スルー力や鈍感力がある

頭の回転が早すぎると、場合によっては先の見通しができてしまい、ついつい先の先の話をしてしまったりして、まわりはついてこれてなかったりします。

真の頭の回転が早い女性は、瞬時に今自分が必要か、どの発言やどの行動がここで相応しいかが判断でき、お節介になるような発言や行動に至りません。

どの問題にも首を突っ込むではなく、時と場合によっては控えめであることも重要で、何でも首を突っ込んでお節介だと意外に相手が育たないこともわかって敢えてスルーしたり鈍感であることも大切です。

「ほっとけないの~」なんて言いながらお節介だったり、ずっと後輩の世話を焼いて「なかなか覚えないのよ~。困っちゃうわ…」なんて言っている方が身近にいませんか?

正真正銘頭の回転が早い女性の元なら、仕事覚えのよい独り立ちした後輩が育っているのではないでしょうか。


5.段取りが出来ている

先回りのし過ぎが鼻につく場合もありますが、時間が決まっている案件などは段取りがスムーズなことが成功のカギ。

終わりよければ…なんてことわざもありますが、そこがスムーズだと双方に心地よく、充実を感じたりします。

今の時代に男性だから、女性だからはナンセンスもありますが、女性ならではの細やかな心配りが様々な場面で段取りされていたら、場が和んだり癒されたりもあるかもしれませんね。

待ち合わせや朝の準備など、ゆとりや穏やかさを感じられるとそれだけで癒されたりするものもありますよね。

頭の回転が早いからといって良い訳ではない

頭の回転が早い女性の特徴をご紹介しました。

ここで重要なのは「頭の回転が早いから好かれる」などは決まっておらず、頭の回転が早いに善し悪しはつけられないということです。

何事も「ほどよさ」が一番です。
参照: 頭の回転が速い人の特徴5つ