頭が悪いと思われる女性の特徴。感情的で金銭感覚がずれている

最終更新日:2016年2月21日

大人になってから、周囲に頭が悪い女性だと思われると、品格がないと思われてしまっているのと同等のダメージを受けるものです。

どのような行動や言動が、頭の悪い女性だと思われてしまうのでしょうか。

また、自分がこれらの言動をしていないかを一度確認すると良いでしょう。

1.場所や状況をわきまえていない女性

TPOをわきまえていない女性は、頭が悪い女性と思われてしまいます。

例えば友人などの結婚式で、花嫁よりも目立つ格好をしたり、葬儀等の場面で派手な格好をしたりと、TPOをわきまえていない女性は、大人の女性としては残念な行動です。

また、静かにしなければならない場所で大声で話したり、笑い声を響かせてしまっている行動も、頭の悪い女性と思われてしまいます。

こうした女性に同時に見られる行動が、空気があまり読めないといった点です。

その場にあった言動が出来ないのは、知識と経験不足が何よりの原因。

教わってこなかったのか、経験したことがないのか、無知なのかといったように、常識がないと思われてしまうことも多いでしょう。

社会に出るようになったら、このような場所や状況に合わせた行動がとても重要になります。

周囲から頭が悪いと思われるだけでなく、その人の周りの人にまで迷惑をかけてしまうこともあります。

こうした状況ではこういう言動にするといった常識を、今一度確認して今後に活かすべきでしょう。


2.頭で考えるより先に、行動に出てしまう女性

何事においても先のことをあまり考えず、思ったことを口走ったり、行動に出てしまう人も、周囲からは頭が悪いといったイメージを持たれます。

予測したり、失敗を回避する大人の世界では、このような幼稚さ残る行動に驚いてしまうこともあります。

特に仕事においては、常に先を見越した行動が必要となり、発言にも十分気を遣うもの。

責任ある立場になったからこそ、頭で先に考え、言動に移す必要があります。

頭で考えるよりも先に行動に出てしまう女性は、大抵大きな失敗をしたり、同じミスを繰り返したりという行動が目立ちます。

こうした行動を何度も目にしている周囲の人は、学習能力が無い女性、先の事を考えない野性的な女性というイメージを持ち、最終的には頭が悪いという捉え方をします。

女性は男性より器用なだけに、余計不器用さを目立たせてしまう行動。

もっと物事に真剣に、慎重になることで、このような問題は減らせるはずです。

一度冷静になってから行動に移す、一度考えてから口に出すといったように、一歩おいてからの行動が必要になるでしょう。


3.トレンドばかりの情報しか知らず、政治や経済に無関心

流行の情報をいち早くゲットしたり、情報を仕入れることは好きなのに、日本で何が起きていて何が問題となっているかなど、政治経済について無知とも言える女性は、頭の悪い人と思われてしまいます。

若い世代であれば仕方のないことでも、社会人となってからは、流行・トレンドばかりに耳を傾けるのは良い傾向ではありません。

大人になるにつれて自分たちにも関わってくる政治経済を、何も知らない興味ないと言って避けていては、大人の会話に仲間入りすることが出来ないことも。

最低限、テレビで取り上げられている情報は抑えておくことや、相手の会話に合わせるために勉強をしておくといった行動は必要となるでしょう。

いつまでも若い気分でいて、ファッションやメイクばかりに気を取られている女性は、特に男性からの指示が低くなります。

情報の収集の際には、もっと幅を広げて仕入れる必要があるでしょう。


4.金銭感覚がずれている女性

女性の多くは現実を見て生活しているため、無駄に出費したり浪費家といった人が少ないですが、中には金銭感覚が人とずれてしまっている人がいます。

多く見られるのは、両親がお金持ちで仕事をしたことがない女性、可愛がられるばかりで自分で働かないといった人です。

こうした人たちは、親からそれなりに援助してもらっている為に、金銭感覚が人とはずれてしまっていることが多いのです。

また仕事の辛さ、稼ぐことの大変さを知らない、社会経験不足のために侮辱した発言が増えてしまうことも。

このような両親のすねをかじっているタイプの女性も、頭が悪く、レベルが低い女性と思われてしまいます。

ある程度の年齢になったら自分から外に出て自立し、社会経験を積むことはとても大切なことです。

経験を経て得るものも、この状態の女性は何も得られないでしょう。

ある意味可哀そうな女性とも言えるかもしれません。

頭が悪い女性と思われないようにしよう

他にも敬語が使えない女性、人を損得で考える女性など、人との関わりの中で頭が悪いと思われてしまうこともあります。

日頃の何気ない行動や言動で、周囲に与えるイメージは異なってくるものです。

第一印象頭が悪そうなのに意外としっかりしていたというギャップは評判良いものの、逆のパターンは悪いギャップとなり、よりイメージダウンに繋がります。

社会人として大人としてのマナーや教育は、それなりに持っておいて損はないことでしょう。