ビートたけしはどこが面白いの?毒舌でマルチな才能を発揮する大物

最終更新日:2016年6月11日

ビートたけしさんは、日本を代表する芸能人です。

ビートたけしさんの顔と名前は、きっと日本中の人が知っているでしょう。

そしてその彼の素晴らしいところは、それこそ沢山あって、見ている人を惹きつけて飽きさせないのです。

ビートたけしさんの魅力についてご紹介します。

1.毒舌でズバズバと発言するところがいい

ビートたけしさんは毒舌でズバズバと発言する人です。

時には言いにくいことも、さらっとシニカルにビートたけしさんは言ってしまいます。

そしてそれが彼の大いなる魅力です。

いくら大物芸能人といっても、今は下手にきついことを言ってしまうと、あっという間に叩かれてしまいます。

またテレビに出演している人の中には、世の中の風潮にへつらう派発言をする人もいます。

しかしビートたけしさんは、臆することなく思ったことを発言する勇気と強さを持っています。

「これ、言ってしまっていいの?」というような内容でも、ズバッとそしてかなり辛口で言ってしまいます。

テレビで見ている人達は、そのビートたけしさんの毒舌でズバズバと言っている様子を見ていると、胸がスカッとするような気がします。

「そうそう。そういうことを言って欲しかったんだよね」と、思わず拍手喝さいしたくなります。

誰もが「良い人」ぶって、当たり前のことしか発言しない時に、ビートたけしの真実をついた毒舌な発言は、きらりと光って聞こえるのでしょう。

毒舌でズバズバと言いますが、だからといってヘタに人を貶めたりしないのがビートたけしさんです。

だからこそ、彼の毒舌発言は、魅力的に感じるのでしょう。


2.俳優で映画監督でマルチな才能を持っている

ビートたけしさんの魅力の一つは、マルチな才能を持っているところです。

彼は俳優でありつつ映画監督でもあります。

そして大物芸能人として、数々のテレビ番組に出演している素晴らしい人です。

俳優としてのビートたけしさんは、役の裏の裏まで演じ切っているところがあります。

いわゆる「良い人」役ばかりではなく、時には悪役に扮することもあります。

しかし、彼歯そういう役も、見事になり切り、そしてテレビや映画の画面を通じて、その役の魅力を余すところなく伝えているのです。

また、映画監督としてビートたけしさんはいくつもの作品を撮っています。

そしてその映画は、日本だけでなく世界の映画コンクールでも高い評価を受けています。

日本人の作る映画ですから、やはり日本人には理解され、受け入れてもらいやすいはずです。

しかし彼の作品は、外国人から見ても素晴らしい映画です。

そんな溢れる才能を持っているのが、ビートたけしさんです。

ビートたけしさんはすました顔の下で、また新たな才能を発揮する機会を探し出そうとしています。


3.とぼけているようで鋭い視点を持っている

ビートたけしさんの素晴らしい魅力のひとつに、とぼけているようでも鋭い視点を持っているというものがあります。

テレビにコメンテーターとして出演することもあるビートたけしさんは、その会話の中で、時に誰も思いつかないような、そんな発言をすることもあります。

どうしても月並みな意見ばかり集まってしまうような場でも、ビートたけしさんが加わると、グッと雰囲気が変わります。

一見ひょうひょうとした表情を浮かべていても、ビートたけしさんの頭の中では、色々な考えが目まぐるしく動いているのです。

そんなビートたけしさんは、急に司会者に話題を振られても、当意即妙な返事をして、周りの人をうならせたりします。

いかにも「頭がいい」という風情でないところが、かえって好感度が高く、ビートたけしさんの頭の良さを際立たせているのでしょう。

実は相当切れ者のビートたけしさんは、その会話の端々に、深い知識と鋭い視点を感じさせます。

そういうところがまた彼の魅力といえるでしょう。


4.大物なのに三枚目を演じることができる

ビートたけしさんの魅力的なところは、大物芸能人なのに役を選ばず、時には三枚目を演じることが出来る太っ腹なところです。

子供にも彼の名前と顔が知られているのは、そういう役を通して知名度を上げているのでしょう。

「こういう役が求められている」ということを、ビートたけしさんは素早く察知して、それに合わせようとします。

例えばバラエティー番組でも「ちょっとおちゃらけたそんまなキャラクターを演じてほしいのだ名」ということを、ちゃんと理解して、その期待に応えるのです。

ゲストに鋭いツッコミをする時もありますが、時にはバカ殿っぽいキャラクターも、上手に表現してみせるのです。

それでいてちゃんと知性を感じさせるので、ビートたけしさんは「すごい」と周りの人は思ってしまいます。

そのすごさは、現場にいないテレビを見ている人にも、しっかりと伝わっているのです。

ビートたけしさんは、必要ならちゃんと自分を「落として」見せることも出来る人です。

それはよほどしっかりとした自分を持っていなければ難しいでしょう。

そしてそれができる彼は、とても魅力的に映るのです。

ビートたけしさんの面白さは本質的なもの

ビートたけしさんは本当にいろいろな魅力を持っています。

そしてそのすごさは、テレビを通していても、しっかりと伝わってきます。

だからこそ、浮き沈みの激しい芸能界で生き残ることができ、今も大物芸能人として数々のテレビに出演したり、素晴らしい映画を撮影することができるのでしょう。