バイキングで食べている夢

夢占い最終更新日:2018年3月24日

バイキングはたくさんの料理を自分で自由に選べるので、ワクワクした気分になりますよね。

ついついバイキングだと食べすぎてしまうという人もいるでしょう。

バイキングで食べる夢の意味や深層心理をご紹介します。

1.お腹が空いている

食べ物の中でもバイキングに行って、食べているということは、よっぽどお腹が空いているのです。

夜ご飯の量が少ないといつもよりも余計にお腹が減ってしまうこともあります。

夢から覚めるとお腹が空いてしまっていることもあるでしょう。

空腹感が満たされれば、バイキングで食べる夢は見なくなるかもしれませんが、人によってはお腹が空くたびにバイキングの夢を見てしまう、というようになってしまう人もいます。

バイキングはあなたにとって美味しいものをお腹いっぱいに食べられる理想的な場所、として目に映っているのかもしれませんね。

2.ダイエットがきつすぎる

ダイエットをしていて、一生懸命食事制限や運動をしている人もいるでしょう。

空腹に我慢するために寝たのに、バイキングで食べる夢を見てしまったら、ちょっと嫌な気分になってしまう人もいるかもしれません。

ダイエット中にバイキングで食べる夢を見る時には、ダイエットがきつすぎて、空腹感に耐えられない状況になってしまっていることも多いものです。

ダイエットの方法を変えたり、空腹になり過ぎないようにしたりしなければ、何度もバイキングで食べる夢を見てしまうかもしれませんね。

3.現状で選択しなければいけないことがある

バイキングの種類はたくさんの料理が並んでいることですよね。

前菜、メイン、デザート、ドリンクなどを好きに選んで食べられ、また料理のジャンルも様々楽しめることもあるでしょう。

甘い物が好きな人はケーキバイキングなどで、同じジャンルのものをたっぷり選べたら嬉しいですよね。

そんな多くの選択肢のある状況に置かれる夢は、現実でも様々な選択をしなければいけない状態にあることが多いものです。

何でもすぐに選べる人はバイキングで食べる夢は見ないかもしれません。

けれど新しい物件、仕事、習い事、料理など普段から何でも迷いやすく、選ぶのが苦手な人は、何かを選択しなければいけない状況に余計に苦しんでいるのかもしれませんね。

4.日常に不満を感じている

バイキングで食べることが好きでなかったり、夢の中のバイキングでは食べ物の量が異常に少なかったりする場合、日常に何らかの不満を感じている場合が多いものです。

またバイキングの料理がすでに誰かに食べられてしまっていて、ほとんど料理が残っていない、という場合もあるでしょう。

夢の中でもイライラしたり、その状態を悲しんだりしながら食事をしている場合、バイキングで不快な思いをしていることになります。

バイキングで満足感を得ている夢ではないのであれば、日常的に何かに不満を抱えていないか考えてみましょう。

また心身ともに欲求不満になっている可能性もあります。

日常の不満を改善すれば、バイキングで食べる夢は見なくなるかもしれませんね。

5.さまざまな異性からアプローチされている

バイキングで食べているのは、たくさんの種類の料理から自分の好きなものを選んでいるということです。

また一皿食べた後に、別の皿でデザートを食べたり、もう一度おかわりをしたりすることもあるでしょう。

こんな自由で満たされた状況は、恋愛状況を代弁しています。

さまざまな異性からアプローチされ、自分で好きに選べる状況にいる証拠です。

バイキングに時間制限があるのと同様、異性からアプローチされていても、誰にするか選ばなければ、その状況はすぐに変わってしまうものです。

現実で、どの異性を選ぶか、どうやって告白されるまで持っていくか悩んでいる人は、少しでも早く自分の気持ちを決め、気になる相手には自分から告白しても良いかもしれませんね。

バイキングで食べる夢を見たら、自分の恋愛状況を見直してみましょう。

バイキングで食べる夢の意味を知ろう

バイキングで食べる夢は、お腹が空いていたり、ダイエットの辛さを感じていたりする証拠です。

また現状で選択しなければいけないことがあったり、日常に不満を感じていたりすることもあります。

複数の異性からアプローチされているという恋愛状況を示していることもあります。

バイキングで食べる夢を見たら、その意味を参考にし、行動してみたいですね。

 

    この記事へのコメント

     

    現在のところ、まだコメントはありません。