置いてきぼりにされる夢

夢占い最終更新日:2018年3月24日

置いてきぼりにされるというのは、心細くて嫌なものです。

それがたとえ夢だったとしても、自分でも気付かない意味やメッセージがありますよ。

今回は、置いてきぼりにされる夢の意味や深層深層をご紹介します。

1.仲間との関係に不安を感じている

置いてきぼりにされる夢を見たとき、仲間との関係が上手くいっていないときや不安を感じている場合があります。

仲間との連携が上手くいっていなかったり、グループ内で特に仲がいい小グループが出来たときなどは、心理的な溝を感じますよね。

現実での人との関係に不安を感じると、置いてきぼりにされる夢を見るのです。

そのような場合は、親睦を深めるために一緒に遊ぶなど、少しコミニュケーションをとると良いでしょう。

とはいえ、中々自分から誘えない人も多いですよね。

人とのコミニュケーションは、とにかく人を楽しませたり一緒に盛り上がるのが大切になります。

人と仲良くしたり盛り上がるには、趣味や好きなことを共有するのが効果的です。

趣味や好きなことを充実させると気分も明るくなり、人間関係にもいい影響があります。

気持ちを明るくして、人との関係を円滑にするためにも、普段から趣味を充実させておきましょう。

2.人との別れを予感している

人との別れを予感しているとき、置いてきぼりにされる夢を見ることがあります。

卒業や就職、転勤などの転機をまえに見ることもあります。

また、友達や恋人との関係に終わりや限界を感じたときにも見やすい夢です。

特に自分が見放されている場合に顕著になります。

見放されている理由が分かっており、自分でも悪いなと思っているなら、しっかり改善することを約束しましょう。

悪いなと思っていても頑張ることが出来なかったり、相手のために努力し続けて限界を感じている場合は、残念ながら難しいかもしれません。

これ以上頑張れない、どうにもならない別れなら仕方がありません。

しかし関係を続けたいと強く思うなら、改善策や対策が必要です。

上手くいくかどうかは誰にも分かりませんが、大切な友達や恋人のために全力疾走してみるのも良いかもしれません。

3.出会いの予兆

人が離れていくという夢は別れや不安だけではなく、これからの出会いの兆しが見せている場合があります。

置いてきぼりは不安や悲しみを誘いますが、新たな出会いを予感したり期待をしたりする深層心理がかくれている場合があります。

自らの心理に影響された夢なので、人との別れとの引き換えの出会いになりやすいです。

悪縁に悩まされていたり、新しい環境にならざるを得ない人生の転機であれば吉夢です。

新しい人間関係には不安が伴いますが、新しい出会いが今までの失敗や傷を癒すことも多いからです。

単純に新しい出会いを期待している場合も、決して悪い夢ではありません。

しかし、あまり出会いに重きを置くと広く浅い交遊関係になりがちです。

どちらにしても出会いの一つ一つを意識して大切にすると、より良い結果に近づきます。

4.現実での孤立がトラウマになっている

現実での孤立体験がトラウマとなって、置いてきぼりにされる夢を見ることがあります。

今現在、組織やグループで孤立感を感じている場合も見る夢です。

そして、孤立感だけでなく自分ではどうにも出来ないという無力感も抱いている場合が多いです。

そして一概に現状のせいとは言い切れず、過去の体験がトラウマになって不必要に不安を煽っていることもあります。

このような場合、強いストレスを感じているため、自分に原因があるのか、それとも他者に原因があるのか見極めるのは困難です。

しっかり休息をとり、冷静さ、平静さを取り戻してから原因を探るのが原則です。

また、冷静でない状態のまま、原因について深く考えないうちに他者を責めすぎるのもかえってストレスになります。

精神的に重圧があるときに見た場合は、とにかく休息や気分転換をしましょう。

対策や原因についてあれこれ考えるのは、少し落ち着いてからにすると上手くいきますよ。

5.現状に不満や焦りを感じている

現状に不満や焦りを感じている場合も、置いてきぼりにされる夢をみることがあります。

この場合、人からの評価だけでなく自分に納得いかないという心理が働き、置いてきぼりにされる夢を見せることが多いです。

これは精神的に追い込まれていることがほとんどで、何かに打ち込んでいる時に見やすい夢でもあります。

もしまだ努力出来るという場合や、まだまだ努力が足りていないと思うのであれば、少しプランを練り直しましょう。

寝る間を惜しみ、体をかえりみずに没頭して見たときは、逆に休養もしっかりプランに入れるようにしましょう。

根を詰める時に見やすい夢なのですが、物事の見方が偏ったり視野が狭い時にも見やすいので、少し余裕を持ったり意識的に客観視する必要があります。

不安と焦りが孤独感を煽る

今回は置いてきぼりにされる夢の意味や深層心理についてご紹介しました。

この夢を見るときは様々な原因がありますが、深層心理には焦りや不安がかくれていることが多いのです。

その思いがあまり強くなると、置いてきぼりの夢という形で意識にあらわれ孤独感を誘います。

努力するのは大切なことですが、精神的に参ってしまっては元もこもありません。

意識して余裕を持つようにして、自分を追い込みすぎないようにしましょう。

 

    この記事へのコメント

     

    現在のところ、まだコメントはありません。