怒られる夢の意味とは【夢占い】人間関係に悩みがあるかも

最終更新日:2016年9月18日

親や先生、上司に怒られる夢を見たことがある人は多いはず。

たとえ夢でもあまりいい気持ちはしないものですが、一見するとネガティブな夢には意外な意味が隠されています。

そこで今回は怒られる夢の意味をご紹介します。

1.身近な人のすれ違いを寂しく思っている

怒られた方は反発したり、悲しい気分になったりしてしまいますが「怒る」ということはそれだけ強い感情を持っている証でもあります。

「どうでもいい相手には怒らない」という言葉もあります。

親や恋人、パートナーなど親しい人から怒られる夢を見たなら、彼らの愛情が足りないと感じているサインです。

忙しくて一緒に過ごす時間が足りなかったり、ケンカしたりしていませんか?相手があなたに冷たいように思えても多くは誤解で、向こうは冷たく当たっているつもりはありません。

一方的な思い込みやすれ違いを解消するためにも、自分の素直な気持ちを伝えてみましょう。

予定がたくさん詰まっていても、辛抱強く時間を作って話し合いの機会を持つことが大切です。


2.友人ともっと親しくしたいという欲求

友人に怒られた場合、友達付き合いが薄いと感じている可能性があります。

一緒に遊びに行ったり、おしゃべりしたりすることが少なくて寂しいと感じているなら、自分から積極的に誘うようにしましょう。

待ちの姿勢でいても、相手はあなたの気持ちには気づきにくく、なかなか声をかけられないものです。

友人にどう思われるか気になるかもしれませんが「もっとこうしたい」という自分の本音を伝えた方が上手くいきます。

会ったこともないような人から怒られる夢は、キャンパスデビューしたてや社会人になったばかりのころに見がちです。

周囲に心を許せる親しい友人がまだいなくて感じている寂しい気持ちが表れています。

この場合も、あなたの方から話しかけてみるなど、積極的にアクションを取るようにしましょう。

3.仕事が上手くいくorやる気をなくして怠けている

夢の中で会社の上司に叱られたなら、現実でも何かミスをするのではないかと不安になるはず。

仕事関係で怒られる夢は、誰に怒られるかや、自分のリアクションによって読み方が変化していきます。

嫌いな上司に怒られた場合は、仕事への情熱が高まっていて、大変なことも乗り越えられる予兆です。

叱責されていても、果敢に言い返していたなら、キャリアや内面での成長が期待できます。

どちらにしても、多少のミスは気にせずに、ポジティブに取り組んでいきましょう。

注意したいのが、親しくしている上司や先輩から叱られること。

気遣ってくれる相手に、もっとかまってほしいと思っている=仕事そのものへの意欲がダウンしていることを指します。

休息を十分に取って、自分の甘さを見つめなおしたいところです。


4.日頃の行いが乱れていることへの警告

先輩や恩師といった目上の人に諭され、あなたの方も素直に聞き入れている夢は、生活態度が緩んでいる表れです。

ついつい夜更かししてしまったり、友人との約束を破ったりしていませんか?それほど気にしていないつもりでも、深層心理では自分を責めていて、それが先輩たちの姿になって夢に出てきます。

怒られる原因となったことが、現実であなたが後ろめたさを感じていることです。

何を責められたのか覚えているなら、自身の行いを見つめなおしてみましょう。

5.自信を喪失して不安を感じている

理不尽に怒鳴られるのではなく、自分に何か悪いところがあって責任を追及される夢は見ていてしんどいものです。

こういった夢を見るあなたは、責任感が強くデリケートな心の持ち主といえます。

特に、自尊心を失っている時に見ることが多いものの、しばらくすれば状況は好転します。

あまり臆病にならずに、思い切った行動に移すことが肝心です。


6.予想外の面白い変化が起こる予兆

誰かに思いっきり叱りつけられて、泣きながら目が覚めた経験はありませんか?たとえ夢であってもショックでしょうが、落ち込む必要はありません。

めちゃくちゃに怒られる夢は、これは何か面白いことが起こる前兆です。

今までしたくてもできなかったような大胆な行動に出てみましょう。

新たな友人との出会いや、重要なポジションへの抜擢など、これまでの生活を大きく変える出来事が待っています。

物事がスムーズに運ばない時は、夢の中で怒鳴りつけてくれた人がサポートしてくれます。

怒られる夢の意味は様々

誰かに怒られる夢を見ると、朝から嫌な気分になってしまいますが、実は自分でも気づかない深層心理を知るのにピッタリです。

怒ったのは自分とどんな関係にある人物なのか、どんな叱責の仕方で、あなたはどのようなリアクションをしたのかに注意してみましょう。

インパクトの強い夢でも、起きてから割とすぐに忘れてしまうことが多いので、気になることがあればメモを取るのもオススメです。