自分に似合うチークの選び方と最適な色とは?自分史上最高のチークに出会おう

自分磨き最終更新日:2019年6月1日
チークをつける女性

化粧品コーナーなコスメカウンターには色とりどりのコスメアイテムや化粧品が並んでいますが、中でもあまり手を伸ばすことがないのがチークなのではないでしょうか。

口紅やアイシャドウと違いチークを入れなくてもそれほどメイクに変化がないように見えてしまうため、積極的にメイクに取り入れるきっかけがなかったりもしますよね。

また「そもそもどのように入れるのが効果的かわからない」という方や「チークを塗りすぎて「おてもやん」みたいになってしまうのが怖い」という方など、チークの使い方がいまいちわからないという方も多いかもしれません。

チークはどのような色を選び、どのようにメイクに取り入れるのがいいのでしょうか。

今回はそんなチークに焦点を当てて、自分に似合うチークの選び方をご紹介します。

ナチュラルメイクに最適なチークは、肌なじみの良い=塗っていても一見わからないようなカラー

あなたが普段からナチュラルメイクをよくするというような場合には、チークも肌なじみの良いナチュラルなカラーのものがオススメです。

チークを塗っていても、一見するとチークを塗っているのかいないのかがよくわからないくらいのカラーがよいでしょう。

「チークを塗っても、塗ったかどうかよくわからないのならば、それならチークは無くてもいいのではないか」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれど、チークの効果はカラーをのせるだけのものではありません。

チークは顔全体の立体感をアップさせてくれるという効果も持っているのです。

立体感のないのっぺりとした顔は、顔を大きく見せてしまいます。

しかし、チークを使って顔に立体感を加えてあげると、のっぺりとした印象がなくなり顔全体がひきしまって小顔効果が狙えるのです。

また、ナチュラルメイクの方であれば、ほんのり血色がよくなる程度のごくごく薄いカラーのチークをのせることをオススメします。

もちろんチークを薄く塗りすぎてまったく目立たないということもあるかと思いますが、もしかしたらそれはあなたの肌に合うチーク選びまであと一歩のところまできているのかもしれません。

肌の色に合う色は、とてもなじみが良いのでチークを肌にのせても悪目立ちしないという特徴を持っています。

肌に合うチークは、あなたの肌の立体感や透明感を増してくれたり、あなたの肌が本来持っている血色が良くなったように見えるものです。

カラーの肌なじみが良ければ良いほど、目立った色の変化はないように見えるはずです。

チークの色が乗っているかどうかという見方よりも、あなたの肌の状態が健康的に見えるかという観点で見てみてください。

そうすれば、そのチークの色が自分の肌の色やメイクとのバランスにマッチしているのかどうかがわかります。

チークのカラーは肌の「明度」と「色味」から選ぶ

数々の色の種類の中から自分の肌に合ったチークカラーを選ぶには、ちょっとしたポイントがあります。

それは、まず自分の肌の「明度」と「色味」を把握するということです。

まず「明度」は一般的に、色白の肌には明度の高い色、日焼けした肌には明度が低い色を目安に選ぶといいとされています。

あなたはどちらの肌に近いのかをよく観察してみましょう。

次に「色味」を選ぶには、自分の肌が持っているベースカラーを把握する必要があります。

あなたはシルバーのアクセサリーとゴールドのアクセサリーではどちらのほうを多く持っていますか?シルバーのアクセサリーが似合い、シルバーアクセサリーをつけることで顔色が映えるという人は「ブルーベース」の肌と言われています。

反対に、ゴールドのアクセサリーで顔色が映える方は「イエローベース」の肌です。

どちらかよくわからないという人は、自分の手持ちのアクセサリーはシルバー系とゴールド系ではどちらがより多いかを見てみると良いでしょう。

人は、無意識に自分に似合うカラーのアクセサリーを買うものですので、わかりやすいでしょう。

自分が「ブルーベース」の肌か「イエローベース」の肌かがわかったら、チークカラーもあなたの肌と同じベースカラーのものを選ぶと肌なじみが良いようです。

「ブルーベース」とは、彩度の高い、華やかでクールな印象の色目のことです。

例えば、少しブルーが入っているような明るいローズピンクなどが「ブルーベース」のカラーの代表格でしょう。

「イエローベース」は彩度を押さえた、温かみのある色目と覚えておくと良いでしょう。

例えば、少しイエローが入っているようなサーモンピンクなどの温かみのあるピンクなどが「イエローベース」です。

チークをよく見ると青みがかっていたり黄みがかっているのがわかるような場合もありますので、肌に乗せる前によく観察するのも良いでしょう。

もしくは、デパートのコスメカウンターに行って、美容部員さんに聞いてみるのも正確な情報が得られますのでオススメです。

ナチュラルメイクを目指すチーク初心者のチークの乗せ方と乗せる位置

相手にどのような印象を持ってもらいたいかによって、チークを乗せる位置は変わってきます。

チーク初心者でナチュラルメイクを目指す場合は、目の中心より外側、ほうれい線の上1センチより上の箇所に顔の外側、気持ち下に向かってブラシを流すように少しずつ乗せるのが効果的のようです。

あまり外側に色が乗ってしまうと小顔効果が薄れるので要注意です。

また、色の残ったブラシで顎の先や耳たぶの付け根にさっと色を乗せると、顔全体に色味の統一感が出るので、チークだけが浮くということがなくなりより顔なじみをよくすることができます。

選ぶカラーは薄いブラウンやオレンジ系などのナチュラルなものが良いでしょう。

チーク初心者の方はまずは、このテクニックを身につけてしまいましょう。

練習をくりかえせば、意外と簡単にマスターすることができますのでぜひくりかえしおこなってみてください。

かわいらしく見られたいときは、チークを目の真下くらいの位置に入れる

かわいらしく見られたいときには、チークを目の真下くらいの位置に入れてみるのがオススメです。

チークブラシにチークをいつもよりも多めにとり、一度手の甲などで余分なパウダーを落としてから目の真下の部分にふんわりと置いてみましょう。

イメージはまるくふんわりと色をのせることです。

ブラシをくるくるとまわして、円を描くように色をのせていくとうまくいきます。

かわいく見られたいときのオススメのカラーはやっぱり王道のピンクです。

自分に合ったピンクを探しましょう。

華やかさを出したいときはレッド系のチークを入れる

合コンやイベントごとなどでいつもよりも華やかなメイクをしたいというときには、レッド系のチークもオススメです。

チークを入れる位置は大人っぽい華やかさが欲しいときは頬骨のあたり、かわいらしい華やかさが欲しいときは目の下から2センチほど下の部分がオススメです。

レッド系のチークは一気に華やかさを出してくれますので、いざというときのためにひとつは持っておくと便利です。

一度気軽にチークを試してみよう

色モノ化粧品の中でも比較的リーズナブルで、手に取りやすいのもチークの魅力的なところのひとつです。

いつものメイクが少しマンネリ気味になってきたなと思ったら、気軽にチークを試してみるのはいかがでしょうか。

きっといつもとは少し違った自分に出会えるはずですよ。

 

    「自分に似合うチークの選び方と最適な色とは?自分史上最高のチークに出会おう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。