前髪が割れないようにする方法。いつも割れてしまう女性必見です

最終更新日:2015年4月9日

ふんわりとした前髪あこがれますよね。
でもどうしても前髪がぱっくりと割れてしまうという悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は前髪を割れなくする方法についてご紹介します。

1.髪を乾かすタイミング

お風呂上り、皆さんは髪をどうしていますか? すぐには乾かさず、ひと休憩してから、もしくは、乾かさないで自然乾燥に任せるなんて方はいませんか? 前髪のパックリ割れの大きな原因は「根元の生えグセ」です。

髪を洗った後なにもせず時間をおいてしまうと、ますます直しづらくなるのです。
特に後ろ髪と比べて髪が短い前髪は、生えグセの影響をとても受けやすいところです。

いったん癖がつくと直すのに非常に手間がかかります。
なので、お風呂からあがったら、すぐに髪を乾かす習慣をつけましょう。

2.髪を乾かすコツ

次に効果的な乾かし方です。
乾かすときはまず上側からドライヤーをあてます。

下から風をあてると、クセがついているほうに髪が流れ割れてしまいます。
上側から風をあてるときに、右側に流れてしまう部分は左側に、左側に流れてしまう部分は右側に髪をもっていきながらドライヤーをあてましょう。

そのときに、クセがついている部分の生え際を、
指の腹で若干左右にこすりながら風をあてると、自然にふわっと仕上がります。

美容師さんもよくやっていますよね。

なお、せっかく生えグセをリセットするような乾かし方をしたのに、前髪が邪魔だといってターバンなどをつけるのはやめたいものです。
変なクセがついてしまう可能性があります。

3.朝のスタイリング

夜乾かすときに工夫しておけば、朝のスタイリングがよりやりやすくなるはずです。
でも、理想のふんわり前髪を手に入れるためには、朝のスタイリングもかかせません。

まずは前髪をしっかり濡らします。
乾いた髪では癖をなおすことはできません。

前髪を濡らしたら、根元をこするようにして、水をなじませます。
次に、髪を乾かしたときと同じように、上からドライヤーをあて、前髪を左右にブローをしてください。

なお、非常に頑固なクセの方で、なかなか寝癖がとれない場合には、前髪を2つにわけ、かたつむりのようにくるっとまいて、シングルピンで押さえて5分放置しましょう。
そのあとブローをすれば、かなりの確率で直すことができるはずです。

4.ブラシを選ぶコツ

ブローするときは、普通のブラシではなくロールブラシを使いましょう。
ロールブラシにもサイズがいろいろありますが、直径55㎜前後のものが髪の毛をしっかりキャッチしてくれ、使いやすいと言われています。

毛先を少しづつずらして、髪をよりとらえやすくしてあるタイプも出ています。
また、髪のためにはプラスチック製は避けたいものです。

静電気が発生しやすく、髪を傷める原因となるからです。
濡れたままにしない、お手入れををするなど若干注意点が必要にはなりますが、天然毛のタイプを選びましょう。

髪に自然のツヤが出てきれいにまとまります。

5.スタイリング剤で仕上げる

きれいな前髪ができたら、スタイルを保つためにスプレーをしましょう。
前髪を手で持ち上げておいて、裏側の根元に、キープ力のあるスプレーをひとふきすれば完成です。

動きのある前髪にしたい時には、毛先にだけスプレーをしましょう。
少しづつつまんで、束にすると、よりかわいく仕上がります。

ハードタイプをつけすぎるとパリパリになってしまうので、ナチュラルタイプがおすすめです。
ふんわりと自然な前髪を演出できるでしょう。
なお、スプレーをする際には、近づけすぎず、20㎝程度離してするようにします。

6.どうしても前髪が割れてしまう場合は

上述の方法をとってもどうしても直らない、手間がかけられない場合には、髪のプロである美容師さんに相談をしましょう。

現在、ルーツコントロールカットといって、つむじやうねりなど“髪のクセ”を根元から修正するカット技法が開発され、一部の美容室で採用されつつあります。
個人差はあるでしょうが、1ヶ月程は髪を乾かすだけで簡単にスタイリングが出来るようになるとも言われているのです。

近くにこの方法を採用している美容室がない場合でも、前髪に軽くパーマをかけるといった方法もあります。
時間がない、そんな方にもおすすめです。
いずれにせよ、信頼できる美容室で一度相談をするとよいでしょう。

ふんわり前髪を手に入れよう

髪の乾かすタイミング、また乾かし方を少し工夫するだけで、憧れのふんわり前髪が手に入ることがわかりました。
服やアクセサリも重要ですが、髪型で印象はがらりと変わります。

髪型がきれいに決まっている女性とすれ違って思わず見とれてしまった、そんな経験があなたにもあるのでは?あなたもふんわり前髪を手に入れて、街に出てみましょう。
きっと出かけるのが楽しくなるはずです。