前髪がべたついてしまう原因と対処法。脂を抑えて終日前髪さらさらになろう

最終更新日:2015年5月4日

前髪がべたついてしまう原因とはどこにあるのでしょうか。
また、前髪のべたつきに対するうまい対処法はあるのでしょうか。

女性にとって、ヘアスタイルはメイクと共に魅力的な自分を打ち出すための大切なポイントです。
せっかく綺麗に整えていても、気がついたら前髪がべたついていたとなれば、気持ちが沈みますよね。

そこで今回は、前髪がべたついてしまう原因と対処法をご紹介します。

1.前髪が触れやすい額が脂っこくなってませんか?

前髪が触れやすい顔のパーツはどこかといえば、額ですよね。
元々、額はニキビ等のトラブルが発生しやすい部位になっています。

つまり、皮脂が過度に毛穴に溜まってしまいやすいところでもあるのです。

べたついてる前髪というのは、脂っこい髪になっており、まるで湿っているかのようにハリやコシのない状態の髪のことです。
この脂っこい感じになる原因の1つとして考えられるのは、前髪によって隠されていることが多い額の状態ではないでしょうか。
額が脂っこい状態になっていると、直接触れている前髪に皮脂がついてしまうため、髪がべたついてしまいがちなのです。

ですから、洗顔やメイク落としの際には、額の皮脂が適切な状態に保たれるように保湿にも気を遣うと良いですね。
きちんと保湿されている額は、過剰な皮脂の分泌も抑えられます。


2.洗髪の方法に間違いはありませんか?

前髪がべたついてしまう場合、洗髪を頑張る人が多いのではないでしょうか。
しかし、正しい洗髪を行わないと、前髪のべたつきが改善されるどころか、酷くなってしまう可能性もあるのです。
そこで、普段行っている洗髪のやり方を振り返り、間違っている部分は正しいやり方に変えると良いですね。

・シャンプー液の1回分の量を守る
髪のべたつきが気になると、つい量を多めにしてしまいがちですよね。
しかし、これは髪に余計な負担を与えたり、すすぎが充分できてない状況を生んだりする恐れがあります。
そうなってしまうと、皮脂の過剰な分泌を誘因するので気をつけたいものです。

・洗髪の回数は1日1回で良い
髪のべたつきが気になるために洗髪する機会が、朝晩の2回か、もしくは、それ以上の回数になっている人がいるかもしれません。
しかし、これはかえって髪や頭皮の状態にストレスを与えてしまうので、1日1回にしましょう。

過度な洗髪回数によって、髪の汚れを落とすだけではなく、頭皮に必要な適度な皮脂まで落とされてしまうからです。
必要な皮脂までなくなってしまうと、頭皮の乾燥によって過剰な皮脂分泌が起こりやすくなります。

このように、せっかくの洗髪なのに知らないうちに過剰な皮脂分泌を誘因していることがありますよね。
そのために前髪がべたついてしまうのは、残念なことです。
ですから、適量のシャンプーを使い、洗髪回数は1日1回に抑えるようにしましょう。


3.甘い物や脂っこい物を食べ過ぎてませんか?

甘い物や脂っこい物は美味しいから、つい食べ過ぎてしまいますよね。
それも、自分では気がつかないうちに食べ過ぎていることもあるのではないでしょうか。
適量であれば良いのですが、過度の甘い物や脂っこい物の摂取は糖質や脂質の摂りすぎに繋がるので注意します。

脂っこい物は脂質が体内に取り込まれるので、摂りすぎると皮脂の過剰分泌を誘因します。
甘い物は糖質の代謝を促すビタミンB1が必要ですが、摂りすぎるとビタミンB1量が足りなくなってしまい、糖質が脂肪として体内に留まってしまう素になるのです。

ですから、甘い物や脂っこい物を食べ過ぎると、皮脂の分泌が過剰になってしまいがちなのです。
甘い物や脂っこい物は適度に食べるようにして、栄養バランスが取れた食生活を目指してみませんか。


4.軽めの運動をする時間を惜しんでませんか?

髪がべたついてしまう状態というのは、過剰な皮脂分泌が頭皮に起こっているからです。
この過剰な皮脂分泌は、頭皮の状態が良好ではないということを意味しています。

このような状態になってしまうのは、体内における血流や代謝がうまくいってないためではないでしょうか。
血行が良ければ、血流に乗って様々な栄養が適度に全身に行き渡りますし、老廃物等もうまく排出されます。

つまり、代謝機能も良い状態に保たれるわけですね。
ですから、髪のべたつきを改善するためにも、頭皮を始め、全身に張り巡らされた血行や代謝を良くしませんか。

そのために気軽に取り組めるものとしては、運動があります。
もちろん、ハードなものではなく軽めの運動で構いませんから、毎日30~60分程度やってみましょう。
例えば、ウォーキングはいかがでしょうか。

時間帯によっては外を歩くのが難しいというのであれば、室内ウォーキングでも良いのです。
安価なウォーキングマシンを買って、TVを見ながら使用するのも良いですね。