コミュニケーション能力を上げる方法。笑顔を意識しよう

最終更新日:2015年8月4日

最近の就職活動では学歴よりも「コミュニケーション能力」を重視し始めているとよく耳にしますが、そもそもコミュニケーション能力というのはいったいどうやったら身に付くものなのでしょうか?

コミュニケーション能力はどのようにしてスキルアップすればいいのでしょうか。

そこで今回はコミュニケーション能力を上げる方法をご紹介します。

1.自分から話しかける

コミュニケーションというのは人と会話をすることで生まれるものです。

コミュニケーション能力をあげたいと思ったらまずは実践が一番ですので、人に話しかけてたくさん会話をしましょう。

また会話までできなくても、接触的に挨拶をしたり、挨拶の際に立ち止まることがあれば些細なことで一言二言話しかけてみます。

そうやって自分から行動に移すことで、相手と自分の距離感が縮まって他人という境界線から知り合いへ知り合いから友達へと変わっていくでしょう。

人から話しかけられるのを待つのではなく積極的に話しかけ仲良くなる糸口を掴むというのは人とコミュニケーションを取るうえで最も重要で多くの人とコミュニケーションを取り経験を積むことでコミュニケーション能力は向上するでしょう。


2.相手のリズムに合わせる

会話を野球のキャッチボールに例えるように相手とのリズムやペースがあっていないとコミュニケーションはうまくとれません。

コミュニケーション能力が高い人は相手をより理解しようとし、相手に理解されようとしながら会話をします。

例えば野球初心者のあなたと野球経験者の彼でキャッチボールをするのに彼が早くて変化のついたボールばかり投げてきたらもちろんあなたは取れません。

彼がビックリするくらい遠くで構えていたらあなたのボールは届かないとキャッチボールが成立しないように、自分の専門だからといって素人の相手に専門用語をバンバン話したり相手の話を聞かずに自分の話ばかりしてはコミュニケーションは成立しません。

そのため、コミュニケーション能力を上げたいのなら相手のペースや相手のレベルに合わせて会話をする練習をしてみましょう。


3.ジェスチャーを加える

日本人ではジェスチャーをする人は少ないのですが、ジェスチャーは感情をより相手に伝えやすくなります。

相手の話を聞いて驚いたり笑ったり悔しがったり…身振り手振りを加えて大きなリアクションを取ることで相手は自分の思いが伝わったことが実感できるでしょう。

言葉だけで「面白いです」と言っても「ほんとうか?」と表情が薄い人だと疑われてしまう可能性がありますが、身振り手振りでリアクションを取っていると大げさでなければ疑われることは少なくなるはずです。

ただし、日本では大げさな身振り手振りや大きな声で笑ったりすることはマナー違反になってしまう場合もあるので時と場合に合わせて空気を読んで身振り手振りを加えるようにしましょう。


4.笑顔を意識する

挨拶をするときや会話をしているときに笑顔や口角をあげている柔らかい表情の人には話しやすいですし、また会話したいと思いますよね。

コミュニケーション能力の高い人は「またこの人と話したい・話してもらいたい」と思わせます。

感じのいい人だと思わせるためにはやはり笑顔が必要不可欠なようです。

コミュニケーション能力に自信がないのならまずは「笑顔」を意識してみましょう。

話を聞くときに口角をあげることを意識すること、挨拶や話しかけられた時などは笑顔で対応することの二つを意識するだけでも大きくあなたの印象が変わるでしょう。

また、会話の中でも笑顔を意識すれば「話したい」と思わせることができコミュニケーション能力が上がることにつながるでしょう。


5.嫌なことを言われても笑顔で笑い飛ばせる

人と会話をしているときに困ってしまうのが相手が自分のコンプレックスをいじってきたり、気になることを皮肉ってきたりすることです。

そういうことがあったとき顔に表情が出てしまったり、うまく会話ができなかったり、最悪の場合言い返してしまったりするとコミュニケーションはうまく取れませんし、コミュニケーション能力が高いとは言えません。

コミュニケーション能力をあげるためには「嫌なことを言われても笑い飛ばせる」「自虐ネタでオチを作れる」ほどの根性が必要です。

コミュニケーションの敵は自分に自信がなくなって相手にバカにされてしまうと勘違いしてしまうこと。

そうするとコミュニケーションを取るのが怖くなってしまいます。

人に言われたとしても気にしないで笑い飛ばせる、仕方ないと受け止められる度量の大きな人はどんな人とでもうまくコミュニケーションを取ることができます。

コミュニケーション能力をあげたい人は少し参考にしてみてはいかがでしょうか。

コミュニケーション能力は日々の努力で上げることができる

以上、5つの方法をご紹介しました。

社会人にとって必要とされているコミュニケ―ション能力は日々の努力や心がけ、そして経験で身に着けることができるようです。