食べても太りにくいお菓子とは。ダイエットの補助にしよう

最終更新日:2015年5月31日

ダイエットをしたい、太りたくない、でもお菓子は食べたい、そんな願望は誰にでもあります。

お菓子を食べると、元気が出たり、リラックスできたりするからです。

太りたくない人は、できるだけ食べても太りにくいお菓子を食べるように心がけてみましょう。

1.寒天ゼリー

食べても太りにくい、なのに満足感も得られるのが寒天ゼリーです。
寒天には、食物繊維が豊富に含まれていてしかも低カロリーなのです。

市販の寒天ゼリーは、甘さはそんなに強くないけれど、様々なフルーツが入った寒天ゼリーがたくさんあります。
また寒天粉を買って、自分の好きなフルーツを入れてゼリーを作ったらオリジナルの味も簡単に作れるのです。

毎回食べるたびに、フルーツの味を変えれば飽きることもありません。

だいたいおやつに食べる量は、多くても250gまでにとどめます。
それでもカロリーは低いので、毎日お菓子を食べたいという女性にはぴったりです。

また寒天ゼリーに含まれている食物繊維のおかげでお通じも良くなり、ダイエット中の人にはおすすめのお菓子でもあります。

さっそく普段食べているケーキやポテトチップスの代わりに寒天ゼリーを食べてみましょう。


2.ドライフルーツ

ドライフルーツは食べても太りにくいお菓子です。
生のフルーツは外出先には持っていけないし、皮も剥かないと食べられません。

けれどドライフルーツであれば、どこにでも持っていけるのですごく便利です。

しかもお菓子というだけあって、生のフルーツよりも食感や甘さによって満足感を得られやすいのもポイントです。

ドライフルーツは低カロリーというだけでなく、食物繊維がしっかり含まれているので、肥満や便秘予防になります。
他にもビタミンやカリウムなどの栄養素が含まれているものが多いのです。

味は、マンゴー、キウイ、ベリー系、りんごなど様々です。
自分の好きなドライフルーツを選べば、美味しく食べられ、幸せ感も増すはずです。

食べ過ぎると、アレルギーを引き起こしやすくなってしまうのがフルーツなので、食べる量は1日30gほどに留めましょう。

ドライプルーンの場合3個が目安になります。

3.おからクッキー

おからクッキーは、太りたくないけれどクッキーやビスケット類が大好きな女性にぴったりなお菓子です。

低カロリーで食物繊維がたっぷりなのです。

またおからの味が苦手な人でも、おからクッキーの場合、おから感をあまり感じることもないので、食べやすいはずです。

おからクッキーの中には、ココア味のものやゴマ入りのものもあります。

食べる量の目安は、おやつであれば100カロリーを越さない量にすると、良いでしょう。
またクッキーはのどが渇きやすくなり、ジュースが飲みたくなってしまうので、食べるときは温かい紅茶、緑茶、ハーブティーと合わせて食べるのがおすすめです。

例えば家でおからクッキーを焼けば、中にドライフルーツやナッツ類など好きな物を入れることができ、お客様用のお菓子にもなるので、おすすめです。

食べても太りにくいですがお菓子ですが、もちろん食べ過ぎると太ってしまうので、気をつけましょう。


4.カカオ70%以上のチョコレート

チョコレートは高カロリーでダイエットの敵と思われがちです。
ただしカカオ70%以上のチョコレートを選べば、食物繊維やポリフェノールが含まれているので、太りたくない女性でも食べられるお菓子になるのです。

カカオ70%以上のチョコレートは苦味があり、濃厚な味が特徴です。
食べる量の目安は3粒ほどです。

少ないように感じるかもしれませんが、味が濃厚な分、食べ応えがあります。
またカカオの味でリラックス効果、疲労回復効果もしっかり感じられるはずです。

チョコレート好きの女性は多いはずです。

自分の好きなお菓子を食べているのに、太らずに済むなんて最高ですね。
普段食べるチョコレートをカカオ70%以上のチョコレートにさっそく変えてみましょう。

5.ヨーグルト

食べても太りにくいお菓子として、美味しく食べられるのがヨーグルトです。
無糖、無脂肪のヨーグルトを選ぶことが大切です。

またヨーグルトの中にはカルシウムがたっぷり含まれているので、普段牛乳を飲む習慣がない人にはカルシウムを摂取する良いチャンスにもなります。

無糖、無脂肪のヨーグルトだと物足りない、という人はカロリーゼロの人工甘味料を入れたり、フルーツを刻んで入れたりするのもおすすめです。
そうすると適度に甘みを感じられ、食べやすくなります。

1回に食べる量の目安は150gまでです。

食べ過ぎるとカロリーを取りすぎてしまうので、気をつけましょう。

食べて太りにくいお菓子を食べてダイエットを加速させよう

食べても太りにくいお菓子を選ぶことで、お菓子を食べた満足感は得られるのに、太らずにすみ一石二鳥です。

また真剣にダイエットをしている人は、たまにこうしたお菓子を食べることで、気分転換になります。

食べても太りにくいお菓子には食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれているものが多いので、ダイエット中でない人にもとてもおすすめです。