男性に弄ばれてしまう女性の特徴。ダメンズを防ごう

最終更新日:2016年2月21日

悪い男ばかりにに引っかかってしまう・男にだまされてばかり…。

男性に騙されたり弄ばれてしまう女性って結構多いですよね。

男に弄ばれてしまう女性と言うのはどういった女性たちなのでしょうか。

そこで今回は男性に弄ばれてしまう女性の特徴をご紹介します。

1.彼氏がいないと過ごせない

常に恋人がいないと落ち着いていられない女性を見たことはありますか?

彼氏と別れそうになったとたん、その相談を糧に他の男性に近寄って彼氏と別れる前にキープを用意して別れた瞬間にキープを彼氏に昇格させます。

このように、彼氏がいない期間が許せない女性と言うのが存在します。

こういった女性は地元や同窓の仲間、職場の仲間など手当たり次第に気に入った男性と付き合ったりするので人よりも交際人数が多くなるでしょう。

交際人数が多いとなると「軽い女」だと男性たちは印象を抱き、一晩だけの関係を持とうとしたり、都合のいい女にしようとする悪い男性も寄ってくるのです。

さらに、彼氏がいないと過ごせない女性と言うのは今の彼との関係が悪くなったり別れた時に「新しい彼氏探し」に躍起になるので、こういった悪い男性の甘い言葉に騙されやすいのかもしれません。


2.男性に依存する女性

彼氏がいないと何もできない・デートやプレゼントはすべて彼に決めてもらう…など男性にすべてを任せてしまう女性が存在します。

確かに、恋人という関係では男性にリードしてもらいたいと考えますが、何でもかんでも彼にお許しをもらわないと自分で決めることができなかったり、自分の好みではなくファッションもメイクも髪型も彼の言う通り…というのは依存と言ってもいいでしょう。

こういった女性は男性のいいなりになりやすくなります。

そうなってしまうと男性のいいように扱われてしまい、浮気をしても言いくるめられたり、都合のいいようにされてしまうのです。

いい男性に出会えれば問題はありませんが悪い男に引っかかってしまうと弄ばれてしまうのです。

なので、男性に依存してばかりで自立していない女性と言うのは弄ばれてしまうのかもしれません。


3.悪い男が好き

ワイルドさや悪さを求めている女性がいるようです。

確かに、悪い男と言うのは見た目もかっこいい事が多いですし、バイクや車などが好きだったりと男らしさに溢れているので最近の草食系男子が苦手な女性には魅力的に見えるのかもしれません。

さらに、悪い男と言うのは少年の心を持っており女性の母性本能をくすぐることもあります。

そういった男性が好きだという女性も多いようですが、やはり「悪い男」と言うだけあって女癖が悪かったり、甘い言葉にのって犯罪まがいのことをしてしまうこともあります。

悪っぽいファッションが多い人は元ヤンで学歴などがないとなると、経済も安定しないことが多いですし女性に対しても乱暴になってしまうこともあります。

悪い男・悪っぽいファッションが好きな女性と言うのはまれにヤンキー気質が抜けない男性と付き合ってしまった結果、子供が生まれた後に捨てられたりDVにあってしまったりして弄ぶよりひどいことになってしまうことも…。

ただし、悪っぽい男性がすべてこういった悪い男性であるとは限らないので、見極めができれば問題はなさそうです。


4.ガードが固くない

男性にとってもっとも都合のいい女性と言うのが「すぐにベッドインできる女性」でしょう。

お酒を飲んでいい雰囲気になって男性が甘い言葉を吐けばホイホイとその場のノリでホテルに行ってしまうという女性もいるでしょう。

その男性がいい企業に勤めていたり、実家がお金持ちであれば「子供ができてもいいきっかけになるかも…」なんて軽く考えている人もいます。

ですが、男性にとって妻にしたい女性と言うのはガードが固く自分以外の他の男性になびかない様な女性であって、すぐに男性とベッドインするような女性は「体目的」であり「彼女候補」ではないことがほとんどです。

なので、こういったすぐに男と寝てしまうような女性は男性に体目的に使われたりはぐらかされて付き合ってもらえなかったり、浮気や不倫の相手にされてしまうなどしてしまうかもしれないようです。


5.恋愛経験が極度に少ない

恋愛経験が極度に少なすぎる女性と言うのは男性に騙されてしまう確率が高くなります。

確かに恋愛と言うものの当たり前がその彼氏によってきまってしまうのですから束縛したり浮気をしてしまうのが男の本能なんだよと言いくるめられてしまえば簡単なもので経験が浅いことをいいように男性に弄ばれてしまうかもしれません。

男に弄ばれてしまう女性の特徴を知ろう

男に弄ばれてしまう女性というのは本人にも少し非があるようです。

男性に弄ばれないためには、恋愛の中でも冷静に彼の本性を見抜く力や経験が必要なのかもしれません。