同棲しているのにプロポーズしてくれない彼氏の心理とは

プロポーズ 彼氏の心理最終更新日:2017年9月25日

同棲しているのにも関わらず、いつまでも彼がプロポーズしてくれないのは女性としてはもやもやしますよね。

出産のことも考えれば、婚期はなるべく遅くしたくないものです。

友達が結婚し始めれば、自分も早いところ結婚しなきゃ…という気持ちにもなるものです。

では、長い事同棲しているのに彼がプロポーズをしてくれないとき、どのような行動を取ればいいのでしょうか?今回はその対処法について、ご紹介します。

1.結婚を意識するきっかけを彼にそれとなく与えてみる

長く同棲していると、籍は入れてなくても結婚しているつもりになってしまうカップルはいます。

そのため、改めて結婚を考えることを辞めてしまう男性は多いのです。

いずれ結婚するつもりはあっても、家族の干渉もない現状の方が楽と考えてしまいます。

出産のこともあり、結婚を意識し始めるのが早いのは女性だと言います。

男性は仕事も忙しいですし、彼女さえいれば「とりあえず後回しで…」と思ってしまう心理もあります。

だからこそ、二人が結婚を意識するタイミングというものはずれてしまう傾向にあります。

そのため、まず大事なのは彼に結婚を意識してもらうようにすることです。

それとなく家にブライダル関連の雑誌を置いておいたり、結婚関連のテレビ番組を一緒に見たりするなど、結婚というワードに触れる機会を多く設けるようにします。

もしくは「将来自分の子供にはどんな名前つけたい?」などの質問を雑談の中でするなども良いでしょう。

結婚するつもりはあっても、ただ彼が意識していないだけなら、自分ばかりがもやもやしていては損ですよね。

まずは彼に、結婚を意識してもらうきっかけを作ってあげましょう。

2.直接言って話し合いの場を設ける

周りの友達が結婚していって、焦る気持ちが止まらなくなる時期というものもあります。

そんな時は、間接的に彼に結婚の話題を出している場合ではないというくらい、切羽詰まる思いでしょう。

それに、彼自身が非常に鈍感な場合、結婚関係の雑誌やテレビ番組を見ても、何も反応しない場合もあります。

あまりの彼の鈍さに飽き飽きしてしまうときなどは、もはや率直に彼に結婚のことについてどう思っているか聞いてみた方が良いでしょう。

このときのポイントは、彼にもいろいろ考えがある可能性もあるため、最初から自分の苛立ちをぶつけないということです。

「ちょっと、結婚のことどう思ってるの。

?」なんていきなりケンカ腰では、お互いの本音をしっかり話すことなどできないでしょう。

自分はいずれ結婚したいという意思は伝えたうえで、彼の人生計画を聞いてみましょう。

意外な答えが返ってくる可能性があります。

お互いの意思を尊重したうえで、タイミング良く結婚できるように歩み寄ることが大切です。

3.家族に彼を紹介する

彼に結婚を意識してもらうための効果的な手段として、彼をしっかりと自分の両親に紹介することがあげられます。

もちろん、紹介したからと言って必ず結婚しなければいけないわけではありませんが、両親への紹介をきっかけに結婚への意識が変わる男性は多いです。

両親も、大事な娘のことを結婚もしないのにいつまでも付き合わせているのは快く思わないはずです。

紹介するときにいきなり彼のことを両親が怒るようなことはしないでしょうが、結婚の話は多かれ少なかれ出てくるはずです。

彼も両親と会ったことで、彼女をしっかりと養っていかなければならないという意識が芽生える可能性は非常に高いです。

いつまでも子供のままではなく、一人の大人として家庭を築いていかなければいけない責任を感じてくれるはずです。

4.友達に協力してもらい話す

もし、二人で結婚のことを話すとき、いつもはぐらかされてしまいがちで困っている場合は、なるべく友人などの第三者を交えて話す機会を作ると良いでしょう。

恋人同士というぬるま湯のままで動きたくない彼にとっては、結婚しないつもりではなくともその時は結婚の話が煩わしく感じてしまうことがあります。

そのため、つい彼女から結婚のことを言われてもはぐらかしてしまってばかりになってしまいます。

第三者を入れて話すことで、さすがに彼もいつものように適当な返しをするわけにもいかなくなりますし、空気も変わります。

友人を交えることで、彼のことを2対1で問い詰めやすくなるのも利点です。

彼に逃げることなく結婚のことを考えてほしいときは、このような手段も考えても良いでしょう。

その場合、場所も家ではなくカフェやレストランなど、外であることが望ましいでしょう。

5.彼に結婚の意思がないなら別れることも考える

同棲しているからと言って、男性全員が彼女との結婚を考えているわけではないのも事実です。

結婚願望はないけれど、恋愛はしたいと望む人も多いからです。

いろいろ聞いてみた結果、彼は結婚をほとんど考えていないと分かってしまったとき、残念ながらお別れすることも選択肢の一つに入れても良いでしょう。

同棲しているということは、付き合いもそれなりに長いはずですし、お別れを選ぶことは勇気がいることです。

でも、自分の婚期を優先するなら、今の彼との結婚は諦め、結婚を前提として付き合ってくれる恋人を新たに探すことも、考えても良いでしょう。

いつまでも学生のように恋愛ができるわけではありません。

大人として結婚ができるよう、一歩を踏み出すことも検討してみましょう。

同棲しているのにプロポーズしてくれない理由を知ろう

長年付き合って家族のように同棲している彼だからこそ、しっかりと入籍して結婚したいですよね。

結婚を意識するタイミングは、仲の良いカップルでもずれることはよくあることです。

お互いの結婚観をしっかりと話し合い、結婚への意識を共に高めていくことができれば、今の彼とも幸せな結婚ができるでしょう。

,  

    「同棲しているのにプロポーズしてくれない彼氏の心理とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。