同棲中にプロポーズされる女性

同棲中の彼氏がプロポーズをしてこない時にきっかけを作る方法

最終更新日:2014年10月11日

同棲していても中々プロポーズされなくて焦る気持ちありますよね。

同棲しているとそれで満足してしまい、なかなか結婚まで踏み切れずにダラダラと付き合ってしまうということはよくあることです。

かといって自分からプロポーズをするのも勇気がいるはずです。

そうならないために、普段の生活で結婚したい女性に見られ何かをきっかけに彼氏がプロポーズをしてくれたら最高ですよね。

同棲中の彼にプロポーズされたいなら、
どんな事をしたら彼はプロポーズをしてくれるのかを知って実践してみましょう。


同棲中にプロポーズされる女性

1.看病しながら「一生支え合っていけるといいな」

人は弱っているときこそ人間を必要とします。普段普通に同棲して暮らしていることが当たり前になってしまいますから、居ることが当たり前の存在になってしまっています。

彼が風邪で寝込んでいる時に、看病してあげながら「一生支え合っていけるといいな」とボソッと言いましょう。あまり強調してしまうと、押し付けられてるように感じますから枕元で小さな声でささやくのです。

すると、彼は弱っているときに、それも迷惑を掛けている立場なのに彼女にそんなこと言ってもらえるんですから、自分も彼女を一生大切にしようと思い、結婚したいと言う願望が生まれ、プロポーズをしてくるでしょう。

結婚はとてもデリケートな物ですから、がつがつしてもあまり良く有りません。少しきっかけをつくって彼に自発的に考えさせた上での自然なプロポーズが良いのです。

2.ホームパーティーで友達を使う

同棲すると、マンネリ化してしまって当たり前ではないことでも、当たり前に思ってしまう事がとても多くなります。

そんなときに共通の友達等を呼びホームパーティーをしましょう。そして、友達の事をたくさんおもてなしして下さい。友達を呼んで自分はちゃちゃっとご飯を出したり、片付け等をして頑張って居ると必ず友達たちは、褒めてきます。

そこで早く結婚すれば良いのにと友達に言ってもらうのです。そうすることで、彼氏は一般的にもとてもしっかりしていて尽くしてくれる彼女なんだと再認識するわけです。

普段一緒に暮らしているとなかなか出掛けたり、表でデート等をする事が減りますよね。そんなときに周りの友達に、彼女が絶賛されていたなら、ずっと側に置いておきたいと思うわけです。そして彼は結婚を意識し、プロポーズをするのも近くなるでしょう。

もし、友達がその類いの事を言ってこなさそうな感じであれば、友達に正直に話して協力してもらうのも手です。

3.子供やペットを可愛がる姿を見せ「将来こんな家族になりたい」

同棲していてなかなかプロポーズしてくれないと言うのは、将来が明確に想像がついてないから、プロポーズをしてきてくれないと言うことも有ります。

そんなときに、友達の子供を家に呼んだりして、自分が楽しそうに子供の相手をしているところを見せることで彼は少し将来像が浮かびます。

そしてそこで一言「こんな家族になりたいな」と言ってみてください。そうすることで彼は目の前の、子供と彼女を見て将来の姿を簡単に想像することが出来ます。

子供でなくとも、テレビを見ていて犬や猫が出てきたら、将来何人家族になって、それにペットも飼って暮らしたいなと幸せそうな顔で言ってください。

そうすることで徐々に彼の中で結婚して家族になるという将来像が浮かびます。そしてプロポーズしてくれるようになるでしょう。

彼氏にプロポーズのきっかけを与えることが大切

プロポーズをしてほしいからと言ってがつがつと求めてしまっても自分が惨めに思えてきてしまいます。彼氏に少しのきっかけを与える事で、自然とプロポーズされやすくなるものです。