遠距離恋愛で電話する頻度はどの位が適切なのか

最終更新日:2015年3月7日

遠距離恋愛のカップルはなかなか直接会う機会がないだけに、「声だけでも聴きたい」と思うのが人情。
そのため電話が、ふつうのカップルの場合よりもずっと重要度の高いコミュニケーションツールになります。
ここでは、カップルのキャリアや状況などに応じて、それぞれの「電話をする適切な頻度」についてご紹介します。

1.ラブラブで「毎日でも電話したい」というカップルなら、2~3日に1度

この見出しを読んで「ラブラブカップルでお互いにそう思うなら、毎日電話すればいいじゃない?」と感じた人は少なくないはず。
そういう気持ちを二人が持っているなら、毎日電話をして悪いというのではありません。

しかし「最適な頻度」と考えた場合、毎日電話するのがベストとは、必ずしも言えないのです。
というのは、毎日の電話が習慣になってしまうと、やがてそれが義務化することがあるからです。

その結果、「なぜ、昨日は電話してくれなかったの?」ということからケンカになったり、「毎日電話をすること」が精神的負担になることもありえます。

ですから、どんなにラブラブでも、「電話で直接話をするのは2日か3日に1度ぐらいがちょうどいい」と考えたほうがいいでしょう。

2.付き合い始めてまだ間もないカップルなら、週に2回程度

これは前項とダブるところがあるでしょうが、付き合い始めてまだ間もないというカップルについて考えてみましょう。

付き合い始めは多くの場合ラブラブ状態でしょうが、同時にお互い遠慮もあり、また相手のことがよくわかっていないところも少なくないはず。
ですから、やはり「毎日電話」という習慣は避け、少し頻度を少なくする意識を持ったほうがうまくいきます。

ただ、付き合い始めということは二人の関係はまだまだ不安定な状態でしょう。
その状態で、頻度をあまり減らしてしまうのも考えもの。
不安になったり、気持ちが萎えてしまったりしかねません。

そこでおすすめしたいのが「週に2回程度」という頻度です。
これなら不安になることもありませんし、お互いの生活に支障が出る心配もないでしょう。

3.キャリアがある安定した状態のカップルなら、10日~2週間に1回

次が、「カップル歴が長く、お互いの気持ちもよくわかっている、関係は安定した状態にある」というケースです。

こうしたタイプのカップルなら、特に電話の頻度を考える必要もないと思われるかもしれません。
「必要なときにだけ電話すればいいのでは?」と思われる人もいるでしょう。

一理あるようではありますが、それはベストの考え方とは言えません。
安定期にあっても、遠距離恋愛には常に「物理的距離」という障害があるわけです。
そのため、ふつうの恋愛よりも関係の継続がむずかしいことは否定できません。

ですから、ベテランカップルであっても、電話のベスト頻度を考えたほうがいいのです。
おすすめは、10日から2週間に1度というペース。
メールなどでお互いの状況は把握できたとしても、やはりそのくらいの頻度で直接話をし、声の状態や調子などから、お互いの現況を確認しあうべきです。

これを怠ってしまうと、次第に気持ちが離れていってしまったり、知らないうちに相手が心変わりしていた、ということになりかねないのです。

4.二人とも仕事で多忙、かつ生活時間がずれているカップルなら、週に1回

遠距離恋愛のカップルの中でも、特にお互いに努力して交際を継続させる必要があるのが、二人とも忙しく、しかも生活時間がかなりずれているというケースです。

たとえば、仕事の時間がまったくちがったり、休日もあわないという場合は、現実問題としてなかなか電話で話せないということになってしまうでしょう。
そういうカップルには、あえて「週に1度」というペースをおすすめします。

これまでお話ししてきたカップルと比べ、もっとも電話しにくい状況なのに、なぜ週に1度が適切なのか。
それは、あえてハードルを上げ、二人で努力してそれを実現することで、関係が深まると考えられるからです。

5.どちらかが海外にいて時差も大きいカップルなら、2週に1回

最後に紹介するのは、どちらかが海外にいるというケース。
もっともハードな状況のカップルと言っていいでしょう。
特に時差が大きい場合は、電話で話す機会はどうしても少なくなってしまいます。

無理は禁物ですから、この場合は電話の頻度にあまりこだわらないほうがいいでしょう。
ただし、ベストの頻度はあります。
それは2週間に1度というペース。
というのは、たとえば月に1回ではインターバルが長すぎ、週に1回では無理が生じるからです。

「半月に1回ぐらいは直接話をしよう」とお互い意識することで、愛情の確認ができ、安心して関係を継続できるはずです。

自分たちでベストな頻度を作ってみよう

以上、5つのケースに分けて、遠距離恋愛カップルの適切な電話のペースを説明しました。
言うまでもなく、これはあくまでも一つの目安にすぎません。
また、これ以外にもさまざまなケースがあり、人それぞれ事情がちがってもくるでしょう。

あくまでも参考にしながら、自分たちでベストのペースを考えることをおすすめします。