仕事が続かない人が続くようになる方法。目標を設定しよう

最終更新日:2015年6月28日

「仕事をする意志はあるのに、どうしても仕事が長続きしない」という人は少なくないでしょう。

次から次へ仕事を変えるのはけっして好ましいことではありません。

では、どうしたら仕事を長く続けることができるようになるのでしょうか。

1.仕事を続ける日数の目標を設定する

新しい仕事を始めるとき、ただ漠然と「今度は長続きできるようにがんばろう」と思っているだけでは、あまり効果は期待できません。

それよりも、具体的な目標を決めたほうが有効です。

「がんばる日数」の目標設定をしてみましょう。

たとえば、週単位を目標にするのです。

つまり「今週1週間だけ、がんばろう」という目標です。

こうすれば、少々いやなことがあっても、「次のお休みの日まで我慢しよう」という気持ちになれるはず。

その1週間がクリアできたら、次の1週間を「がんばる日数」に設定しましょう。

これを繰り返していくうちに、勤めることが当たり前の日常になります。

その結果、いつしか、そうした目標設定をしなくても、毎日出勤できるようになるにちがいありません。

なお、専用のカレンダーを用意して、仕事から帰宅したら「○」印をつけるといいでしょう。

こうすれば、仕事を続けていることが目で見てわかりますから、モチベーションアップにつながるのです。


2.金銭的目標を設定する

仕事そのものにやりがいや目標を見つけることはなかなか難しいものです。

簡単にそれができるくらいなら、「仕事が長続きしない」というような悩みをつことも、そもそもないでしょう。

そこでオススメしたいのが、仕事の目標ではなく金銭的な目標を設定するという方法です。

たとえば、「何歳までにいくら貯金する」といった目標を立てましょう。

できるだけ実現可能でリアリティのある目標設定にするのがコツです。

そうすれば、その目標実現のために働こうという気持ちになりやすいでしょう。

人間にとって金銭欲というのはかなり強いものがありますから、それが仕事のモチベーションになりやすいのです。

目標設定の際、単に金額を決めるだけでなく、「何に使うか」を想定すると、いっそうモチベーションがアップします。

たとえば「○歳までに△万円貯めて、マンションの頭金にする」とか、「3年で××万円貯蓄して、海外旅行に行く」というような目標設定です。

それをもっとコンパクトにして、「次のボーナスが出たら、前からほしかったブランドのバッグを買う」といった目標設定でもいいでしょう。

とにかく、金銭的な目標をリアルに設定するのです。


3.週に1回、自分へのプチごほうびを

先ほどの日数目標の設定とも関連してきますが、目標をクリアした際に「自分へのごほうび」をすると、よりやる気が出てくるでしょう。

週単位で目標設定するなら、週に1度、休日にプチごほうびを自分に与えましょう。

グルメ好きな人なら、普段は入らないような高級店でランチをしたり、ホテルのビュッフェを楽しんだり、話題のスイーツを買ったりするのです。

金額を決めておくのがコツ。

予算5千円でも、けっこうな高級グルメが楽しめます。

また、たとえば「プチごほうびはブティックで買い物」というなら、2週間に1度にして、その分予算をアップするのもいいでしょう。

こうしたごほうびが近くに見えていれば、「仕事行きたくないけど、とにかくあと2日がんばろう。

そうして、おいしいスイーツ食べに行こう」というように、プラス思考になることができるのです。


4.仕事を辞めるデメリットを考えてみる

「仕事が長続きしない」と悩んでいるということは、つまり、「仕事をすぐ辞めてしまうことのデメリット」をよく知っているからにほかなりません。

つまり「仕事を長く続けるほうが、いろいろな面でメリットがある」ということがよくわかっているわけです。

そこでオススメしたいのは、「仕事、やだな」と感じたら、辞めたときのデメリットをリアルに考えてみることです。

まず、収入がなくなります。

結婚して専業主婦にでもならない限り、収入なしで生活することは不可能です。

貯金や預金があったとしても、仕事をしていたときのようにお金を使うことはできないでしょう。

そこで、再び仕事を探すことになりますが、これがまた面倒でやっかいです。

特に、年齢が高くなればなるほど、仕事は見つかりにくくなります。

面接でいやな思いをすることも増えますし、そうでなくても、「面接でまたあの緊張を経験するのか」と想像すれば、「今の仕事を続けていたほうがまし」という気持ちになれるはずです。

目標設定をして仕事を続けていける様になろう

以上、仕事が長続きしないという悩みを持っている方のために、オススメの対処法を4種類ご紹介しました。

具体的な時間目標と金銭的目標を設定すること、小目標の達成のたびに「ごほうび」を自分に与えること、そして、仕事を辞めるデメリットを考えてみることです。

先ほども触れましたが、小目標をクリアしながら前進していくにしたがって、それが当たり前になり、いつのまにか仕事が長続きしているという結果につながるものです。

そのためには、最初が肝心。

しっかりした目標設定をして、スタートしましょう。