遠距離恋愛が辛い時どう対処すれば良いのか

最終更新日:2015年2月12日

付き合っているのに中々会えない遠距離恋愛。
会えない理由は時間、距離、お金など様々です。

特に付き合い始めた当初や、心が弱っている時は遠距離が辛くなってしまいます。
遠距離恋愛が辛い時の対処法をご紹介します。

1.メール・通話・ビデオ通話の回数を増やす

無料でメール・電話・ビデオ通話ができるようになった時代。
活用をしなければ損です。

寝る前に毎日通信による会話を行いましょう。
ビデオ通話は相手の表情、姿も確認できるために大きな満足感を得られます。

まずは自分のPCにマイクとカメラが内蔵されているかチェック。
もし、マイクとカメラを持っていなければ直ちに購入を。

相手にも購入を促しましょう。
マイクは千円から、カメラも五千円で購入でき、安い買い物です。

携帯による無料通話も可能ですが、音質はパソコンマイクの方が良質です。
ビデオ通話により相手の姿を確認し満足する事で、会う必要が無くなった、とマンネリしてしまう遠距離カップルもいるくらい効果的です。

会う回数を増やし交互に出向く

遠距離恋愛は、出向くために時間と交通費と手間が多大に掛かります。
会う回数を増やすと負担となりますが、交互に出向けば負担が半減。

あなたが彼に会いに行った後は、今度は彼に来てもらうのです。
片方だけが会いに行き、精神的にも物理的にも負担、と辛くなった末に別れるカップルも。
遠距離恋愛は移動に数時間以上、交通費は万単位、と痛い損失となります。

片方だけに負担させていると、いつかは破滅します。
交通費や遊ぶ費用は各自自分で支払います。

おごる、おごらない、と揉めてしまうとお金の問題が浮き彫りになり、損得勘定で恋愛をするようになります。
デート代や食事くらいならば、彼の収入によっては甘えてもいいかも。

いつも自分から出向いている彼女は彼に、たまには私の方にも来て、とお願いしましょう。
あなたを愛しているならば、応じてくれるはずです。

3.結婚もしくは同居する

最終手段が結婚か同居です。
愛し合っているカップルならば結婚を視野に入れている場合もあるでしょう。

いずれ結婚をして彼に養ってもらう予定であれば、結婚の話を切り出してみましょう。
結婚をしたらいつも一緒に居られる、と結婚を意識するだけで、遠距離による辛さが緩和されます。

遠距離カップルの結婚や同居は、どちらかの職を捨てることとなります。
無職やフリーターならば気軽に同居ができますが、堅実な正職を持っている女性ならば辞職をしての同居に早まってはいけません。

まずは生活あってこそ。
お金、仕事、生活が深く関わってくるために、彼との関係を考え直す切っ掛けにもなります。

彼よりもお金や仕事が大切、と優先する自分に気付き、恋心が収まる事も。

4.仕事や趣味に集中する

辛さを忘れるため、仕事や趣味に集中します。
遠く離れており、月に一回未満しか会えない関係であっても、満足している遠距離カップルは存在します。

やはり時間があると、彼といたい、と欲が出てしまいます。
長時間働いていると時間が過ぎ去るのが早く、彼と会える日がすぐに訪れます。

辛さを紛らわすために残業やアルバイトに集中し、彼と会う資金を稼ぎましょう。
辛さはバネとなり、あなたの仕事や勉強のパワーを手助けしてくれます。

お金を稼いで貯めておくと、連休ができた時に気軽に交通費や宿泊費を出して会いに行きやすくなります。
残業皆無、副業もできない、そんな場合は趣味や資格取得に励みましょう。

彼以外の話し相手を作るのも気晴らしになります。
彼が恋しいのではなく、単に人恋しい場合もあるのです。

ただし浮気だけはNG。
気軽に話せる女友達がお勧めです。
女友達ののろけに辛くなってしまう事もありますので、会話内容や友達は選びましょう。

5.引っ越して中距離に

思い切って引っ越し、中距離恋愛に。
これはあなたの通勤時間や通学時間が長くなり、身体的、精神的疲労の原因となります。

引っ越しにも費用が掛かり、簡単な気持ちでは行なえません。
あなたが無職、もしくはいくらでも転職ができるアルバイターや派遣社員ならば良いでしょう。

住み込みの仕事もお勧め。
通勤や通学に片道四時間以上掛けている人もいる、と思うと無理な行為ではありません。

通勤時間を負担に思う人ならば、次第に不眠や気疲れに悩まされ、どうして私だけデメリットを被っているのか、と恋愛関係に不満を抱くようになるために慎重に行いましょう。

辛さは愛の証拠だと認識しよう

会いたい、と辛く思える時期が華です。
どんな相手も付き合いが長いと飽きますし、夫婦なると簡単に倦怠感が訪れます。

辛さは愛の証拠なのだ、と辛さを肯定しましょう。
近距離のカップルであっても、温度差や多忙により、月に二回以下しか会わない、とクールな関係を保っている人もいるのです。

遠距離恋愛の長続きのためには無理をしない事。
無理をして会いに行っていると、すぐに疲れ果てて長続きせずに破局になってしまう可能性があります。