エプソムソルトとは。実は塩ではない

自分磨き最終更新日:2018年2月20日

エプソムソルトは日本でもここ数年美容に良いと話題で、長く愛用している人も多いアイテムです。

雑誌やテレビなどでよく取り上げられるエプソムソルトですが、一体何がどんな風に良いのか知ることで効果的に取り入れることが出来ますよ。

今回はエプソムソルトについてご紹介します。

1.エプソムソルトはヨーロッパでお馴染みのアイテム

エプソムソルトは、ヨーロッパでは日常的に使用されてきました。

その歴史は古く、イギリスで発見されて以来、数百年間ヨーロッパの家庭でバスソルトなどに使われ愛されてきました。

そのため美意識の高い人だけでなく、幅広い年齢層の人に受け入れられているのです。

近年はその美容効果や湯中りの良さなどの様々な効果から、海外のセレブにもブームを巻き起こし、日本でも流行っています。

長年愛されてきたエプソムソルトは安全性も高く様々な効果が得られるので、是非生活に取り入れたいものですね。

2.エプソムソルトは塩じゃない

エプソムソルトの主成分は硫酸マグネシウムです。

ソルトという響きから塩だと思い込んでしまいますが塩ではありません。

見た目が塩にそっくりだっためにこのように呼ばれるようになったのです。

通常のナトリウムを含有したバスソルトはお湯を冷めにくくします。

加えて体の油分と混じりあって肌に膜を作ります。

そのため、温かいお湯と被膜効果で体をよく温め、保温効果が高いのが特徴です。

しかしマグネシウムが主成分のエプソムソルトは、ナトリウムとは特性が異なるため、使用感も変わってきます。

マグネシウムは塩と比べてお湯がやわらかくなり湯あたりがよいと言われ、エプソムソルトを入浴剤として使用すればとろりとやわらかな感触のお湯になります。

また、お湯の温度が高くなくともじんわりと体を温めるので、半身浴などでゆっくりとバスタイムを楽しみながら体を温めたい人にもオススメです。

3.発汗作用で美肌効果

エプソムソルトは発汗作用が高いため、美肌効果も高いです。

ナトリウムのバスソルトと同様お湯の保温効果で体を温めますが、マグネシウムは血管を拡げる作用が高くナトリウムよりも発汗作用が高いのです。

そのため、熱いお湯に浸からなくても血行が促進されます。

毛穴を清浄にする効果もあり、発汗作用も相俟ってつるつるとしたキレイな美肌を作るのに効果的です。

汗とともに皮脂だけでなく有害な物質も一緒に出てくるといわれ、デトックスにもぴったりです。

またマグネシウムは風呂釜を傷めにくいとされてますから、毎日の入浴剤として安心ですね。

エプソムソルトはぬるめのお湯でもたっぷりと汗をかくことが出来ます。

暑い夏場も使いやすいので、シーズンを問わずオススメの入浴剤です。

夏場は特に気になる体臭にも効果がありますよ。

足の臭いも気になりますから、フットバスに使用するのもオススメですね。

ただし季節に関わらず、入浴剤としてエプソムソルトを使うとたっぷりと汗を出すため脱水には要注意です。

お風呂に入る前と入った後はしっかりと水分補給を行ってください。

4.入浴剤にして入るだけで健康に良い

エプソムソルトはデトックスや美容の効果も高いのですが、実は健康にも良い効果があります。

マグネシウムは肌からも体内に吸収されます。

マグネシウムには血管を拡張して血行を良くする効果があり、血栓予防や心臓病の予防にも効果を発揮します。

マグネシウムは頭痛や肩凝りに効果的です。

他にも尿路結石やイラつき、うつや不眠などにも効果を発揮します。

普通に生活していれば不足することはないと言われるマグネシウムも、なるべく多くとると健康に良い効果を得られます。

多い分は尿に出されますから、過剰になるということはないので積極的に取りたいものですね。

しかし、毎日食事で特定の栄養を取るのはなかなか大変なものです。

エプソムソルトを入浴剤やバスソルトとして使えば皮膚から吸収することが出来るので、上手く使えば健康管理にも役立ちますね。

5.マッサージやピーリングにも使える

入浴剤としての使用方が有名ですが、エプソムソルトは塩と同じようにマッサージソルトとして使用することが出来ます。

マッサージ用のオイルに混ぜてかかとのケアや顔のピーリングにもオススメです。

キャリアオイルがない場合も、クレンジングオイルに混ぜて使用することも出来ますよ。

角質や皮脂よごれを落としてくれますから、つるつるの肌を目指す人にオススメの使用法です。

6.入浴剤以外にも活躍するエプソムソルト

エプソムソルトは入浴剤としての利用法が有名ですが、それ以外にも様々な使い途があります。

まず台所では、鍋やフライパンの焦げつきを取ることも出来ます。

使い方は中性洗剤に少しエプソムソルトを混ぜてスポンジで焦げをこすって流すだけです。

また観葉植物に使うと緑がいきいきと鮮やかになります。

使い方は1リットルの水にこさじ1杯のエプソムソルトを溶かして水やりに使うだけです。

水やりに使うのは週に1回ほどにしましょう。

2つとも特別なものは使わないので簡単に取り入れられますから、美容や健康以外にも是非エプソムソルトを活用してください。

エプソムソルトを生活に取り入れてみよう

エプソムソルトについてご紹介しました。

ヨーロッパでは長い間親しまれてきたエプソムソルトは、様々な効果もあり安全性が高いのが魅力ですね。

日本ではヨーロッパほど馴染みがないかもしれません。

しかしメリットや使い途が多いエプソムソルトを是非生活に取り入れてみてください。

 

    「エプソムソルトとは。実は塩ではない」への感想コメント一覧

  1. 1. 可奈2018/06/13(水) 06:52

    エプソムソルト、はじめて聞きました。マグネシウムが主成分なんですね。じっくりと身体をあたためるための半身浴によいと書いてあるので、機会があったら是非試してみたいです。

  2. 2. どらやき2018/06/14(木) 19:14

    実際に使ったことはなかったのですが、名前を聞いてずっと塩だと思っていました…入浴剤以外にも使えるのも知らなかったので今度実践してみます。

  3. 3. 55tonma2018/06/14(木) 19:22

    なんか耳に残る名前ですね。私は美容には興味ありませんが健康にも効果があるならば前のめりになりますね。ぜひ一度試して見たいと思います。

この記事への感想を書く