復縁と別れを繰り返すカップルの心理とは

最終更新日:2017年4月4日

復縁と別れを何度も繰り返しているカップルもいますが、なぜ別れたのに復縁するのでしょうか。

普通なら好きな相手とは簡単に別れないのに、何度も復縁と別れを繰り返すのは理解できませんよね。

そこで復縁と別れを繰り返すカップルの特徴や心理についてご紹介します。

1.その時に感情で別れを決意してしまう

どんなに仲の良いカップルでも、ケンカをした時にはその時の感情や勢いで、つい別れを口走ってしまうこともありますよね。

相手から別れ話を出されれば、その時は感情も高ぶっているので勢いで別れてしまうこともあります。

しかし後で冷静になって考えた時に、別れたことを猛烈に後悔するので、落ち着いた時に復縁をしようという話になります。

しかもお互いが同じような考えや性格なので、ケンカをする時も一緒に別れを決意して一歩も引かないですし、後日になってお互いが後悔します。

ある意味似たもの同士のお似合いカップルと言えますが、別れを決意する時にはその時に勢いで決めてしまうことが多くなります。

2.別れた後に急に寂しくなった

別れと復縁を繰り返すカップルの心理としては、別れた後に急に1人になって寂しさを感じたので、もう一度ヨリを戻したいと思うようになります。

別れ話をする時には相手のことが嫌だと思っていますが、いざ別れてしまうと今まで付き合ってきたことによる情があるので、悪い部分よりも良かったことを思い出してしまいます。

さらに2人で一緒にいた時間から急に1人になったことへの寂しさに耐えられなくなり、誰か人恋しくなります。

寂しいと思ってもいきなり誰かと付き合うことはできません。

しかも別れた恋人に対しては、悪い部分よりも良かったことを思い出すことが多くなるので、また一緒にいたいという感情が芽生えてきます。

寂しさを紛らわすのに元の恋人ならば、すぐにでも甘えることができるので、別れた後でもすぐに復縁したいと思うのです。

3.自分のことを一番理解している人だと思っているから

自分が独り身だと思った瞬間に、急に寂しさが襲ってくることもありますよね。

今まで恋人がいたのに急に1人になると、寂しさを感じるのは仕方がありません。

すると寂しい気持ちから一転して、自分は誰にも必要とされていないと思ったり、このままずっと独り身かもしれないという恐怖心に襲われることもあります。

別れたとはいえ好きだった人と別れることは、自分を理解してくれていた人と別れたと実感するでしょう。

すると自分でもなぜこんなに不安なのか、どうすればいいかも分からなくなってしまいます。

結局自分のことを一番理解してくれていたのが別れた恋人だったと思うので、復縁したいという気持ちが強くなっていくのです。

しかもお互いが同じような気持ちになることによって、別れと復縁を繰り返すようになります。

4.相手に依存している

別れと復縁を繰り返すカップルの特徴として、相手に依存しているほと復縁しやすくなります。

どんなに相手のことが好きでも、ケンカをしたり嫌いな部分も見えてくるものです。

別れた時には意地を張っていても、相手に依存している人ほど別れた時のショックが大きくなります。

別れたことでこの世の絶望かと思うような落ち込み方をしたり、食べ物も喉を通らないことはよくあります。

依存しているからこそ別れた時のショックが大きく、もう一度復縁したいという気持ちが強くなります。

お互いが相手に依存しているほど、何度も別れと復縁を繰り返すようになります。

依存していても別れる時にはその場の雰囲気や勢いで別れることもありますが、いざ冷静になってみたときに急に寂しさに襲われるのです。

依存していることと好きだという気持ちが同じだと思っているので、好きな相手とは付き合いたいという気持ちが強くなり、別れても復縁したいと思えるのです。

5.付き合っていることに不安を抱いている

付き合っているカップルは全員が自信を持って付き合っている訳ではありませんよね。

相手の気持ちが伝わってこなかったり、付き合っていて心配に思うことも多々あります。

相手との付き合いを不安に感じる人は、他人に意見に惑わされてしまう人も多いです。

他の人から相手の悪口を聞いたり、噂話を聞くと本当の付き合っていていいのか不安に思うようになります。

また友達から「あの人はやめておいた方がいいよ」などと言われると、不安にしか思わなくなってしまいます。

自分の好きという気持ちよりも、他人の意見によって惑わされてしまうことによって、付き合うことに不安を抱いてしまいます。

そのため別れを決断しても結局は好きだという気持ちがあるので、また不安に思いながらも復縁をして付き合ってしまいます。

復縁と別れを繰り返すのは軽い関係が多い

本当の心から好きだと思う相手に、その場の雰囲気や勢いで「別れよう」とは言えませんよね。

別れと復縁を繰り返す人は本当の相手のことが好きなのかは疑問です。

軽い関係だと思われても仕方がありませんが、付き合っている本人たちが好き同士だと思っているなら何も言えません。

本当の好きな人に対しては気軽に別れ話をしないようにしましょう。

軽い気持ちで言った言葉が、後で後悔することになるかもしれません。