朝食グラノーラは太る!美容に良くてもダイエットにはNGかも

最終更新日:2016年11月2日

グラノーラは、おいしくて栄養たっぷりな、朝の定番メニューの一つです。

しかし、グラノーラは必ずしもダイエットにオススメというわけではありません。

美肌やお通じにもいいと言われるグラノーラなのに、太ると言われるその理由をご紹介します。


1.グラノーラは意外と高カロリーで要注意である

グラノーラはおいしくて栄養がたっぷり入っている食べ物です。

ミネラルも豊富で、美肌作りにも効果があります。

しかし、意外と高カロリーで、うっかり食べ過ぎると太ってしまいます。

グラノーラの一食の適正量は、約50g程度です。

そしてその量のグラノーラのカロリーは、200カロリー以上となります。

普通グラノーラを食べる時には、牛乳をかけて食べたりしますので、さらにカロリーはアップしてしまうでしょう。

牛乳をかけてしまうと300カロリー以上となりますから、食パン一枚やご飯一杯分以上のカロリーがあるということです。

グラノーラを食べる時、他のおかずを全く食べないなら、一食におけるカロリーを低めに抑えることができます。

しかし、グラノーラをパンやご飯替わりとして、他のおかずも食べてしまうと、結果的にカロリーがトゥーマッチとなってしまい、かえって太ってしまうでしょう。

グラノーラは意外とカロリーが多く、それが太ると言われる理由です。

グラノーラを食べる時には適性の量である50gを守るようにしましょう。

また、一緒に食べる他のおかずのカロリーもチェックして、一食における総カロリーがどのくらいか、確認するようにしましょう。

そうしないと、ダイエットどころか逆に体重が増えてしまいます。


2.グラノーラの糖分は太りやすい

グラノーラが太ると言われる理由は、実は糖分が関係しています。

グラノーラに含まれている糖分は、吸収しやすく太りやすいと言われる単糖類や二糖類が多いのです。

糖分には、結構いろいろな種類があったりします。

例えば、ご飯などに含まれる糖分の量は多いのですが、その種類は多糖類です。

多糖類というのは、吸収しにくく比較的脂肪に変わりやすいという特徴を持っています。

それに対して、グラノーラに入っているのは、多糖類以外に単糖類や二糖類です。

単糖類は、ブドウ糖や果糖に含まれていますし、二糖類は砂糖やシロップなどに含まれています。

このどちらの糖分も、吸収されやすくて脂肪に変わりやすいという特徴を持っています。

そのため、グラノーラをとりすぎてしまうと、肥満になってしまいかねないと言えるでしょう。

グラノーラは、全体的な糖分の量は、同じ分量のご飯などと比べると少なめです。

しかし、体に吸収されやすくて脂肪に変わりやすい糖分が含まれるので、気を付けないと太ってしまいます。


3.グラノーラは腹持ちが悪いので間食してしまう

グラノーラは栄養たっぷりで、美肌やお通じなどに効果があります。

それはとても素晴らしいことですが、それほど腹持ちがよいわけではありません。

そのため、結果的にはあれこれつまんで間食をしてしまいます。

それがグラノーラが太ると言われる理由です。

グラノーラ50g程度が適正の量となりますが、それだけではお腹がすいてしまう人がほとんどです。

グラノーラは、コーンフレークと比べると歯ごたえがありますが、それでも50gくらいの量では、物足りないと感じることでしょう。

そのため、グラノーラ一杯だけでは昼間でお腹が持たず、なんだかんだと間食をしてしまって、結局カロリーの取りすぎとなってしまいます。

グラノーラを食べるなら、腹持ちが悪いということを意識して食事をすることが大切です。

例えば、夕食をグラノーラに置き換えすれば、食べ終わってお腹がすく前に眠ってしまいましょう。

そうすれば、余計なものを食べなくて済みます。

翌日はお腹がすいて、元気に朝食を食べることができるはずです。

グラノーラは腹持ちが悪いということを忘れずに、上手に日々の食生活に取り入れてみるのです。

そうすれば、無駄な間食をすることがなくなり、太ってしまうのを防ぐことができるでしょう。


4.グラノーラはもともとダイエットフードではない

グラノーラが太ると言われる理由に、もともとダイエットフードではないというものがあります。

健康に良い食べ物ではありますが、だからといってグラノーラだけ食べていても、ダイエット効果をアップするのは難しいでしょう。

グラノーラは、糖分も脂質も含まれている食品です。

グラノーラの適正量50g程度には、糖分31g程度、脂質は8g程度含まれています。

確かにご飯と比べると、糖分や脂質の量は少なめですが、まるで0ではありません。

そのことを忘れて食べすぎてしまうと、当然ですが太ってしまいます。

もともとダイエットフードではない食品をダイエット中に食べるなら、それなりの工夫や配慮が必要となるはずです。

グラノーラを食べる時に、牛乳の代わりに無糖ヨーグルトにしてみたり、カロリーハーフのグラノーラを選んでみることで、接種するカロリーや糖分、そして資質を大幅にカットすることができます。

ダイエットフードではない食品を、バクバク食べ過ぎてしまうことが、結果的にカロリーの取りすぎとなり、肥満を招いてしまいます。

グラノーラを食べると太る理由を知ろう

グラノーラは、体にいいオススメの食べ物です。

ただ、ダイエッとをしているなら、食べ方には注意しなくてはなりません。

カロリーをチェックしたり食べ過ぎを防いだりすることで、健康的に痩せることができます。

グラノーラは、上手に食べれば健康維持だけでなく、体系維持をヘルプしてくれたりする食品にもなるでしょう。