彼氏のLINEがうざい時の対処法。軽く流してストレスなく過ごそう

最終更新日:2015年5月17日

チャット形式で文字やスタンプのやりとりが出来るLINE。

今はメールよりもLINEでコミュニケーションを取っている方も多いと思います。

メールよりも気軽にメッセージやスタンプを送ることが出来て、リアルタイムなやりとりが楽しいですよね。

気軽な分、短いメッセージや、どうでもいい内容のメッセージなども発生し、時々「返信めんどくさいな」と思うこともしばしば…。

特に彼氏が送ってくるLINEがうざいと本当に面倒です。

そんな彼氏のLINEがうざいときの対処法をご紹介します。

1.スタンプで返信

返信しなきゃいけないけど返事を考える気力がない場合や、既読スルーはちょっと気まずいという場合、スタンプで返信という方法があります。

今はスタンプが多種多様になっていて、「相槌専用スタンプ」なるものがあります!
返事を考える手間は省けるし、なにせ楽です。

ただ使いすぎると相手をイラ立たせてしまう可能性もあるので、使いすぎ厳禁!
かわいいスタンプなら「まぁいっかー」と思ってくれるかも。

ネタとしても面白いので、おすすめです。


2.忙しいとやんわり釘をさす

ちょっと忙しい時や、休みたい時の彼氏のLINEは面倒ですよね。

だからといって、既読スルーは気まずいし、相手のご機嫌を損ねたくない…。

そんなときは、相手に前もって「午後は忙しいから返事できないかも。ごめんね!」と先に謝っておきます。

相手はメッセージを送ったらすぐ返信を期待しているので、メッセージを送らせないという方法です。

既読状態で返信が来ないと「読んでるのになんで返信来ないんだ!」とイライラさせてしまうこともあるので、この時間はLINEを見られないと宣言しておけば、相手も返信が来ない理由がわかっているのでイライラも軽減します。

「落ち着いたらこっちから連絡するね」とフォローを入れておくのも忘れずに。


3.既読状態を回避する

LINEには既読表示機能というものがあります。

これは自分が送ったメッセージを読んでもらえたかどうかを確認できる機能なのですが、送られた側からすると、既読したらすぐ返信しなきゃ!と義務感が出てきます。

ただ、これは返信しなきゃいけない内容か?と思うようなメッセージもありますよね。

返信は面倒だけど、送られたメッセージは気になる…という方には、ポップアップ機能がおすすめです。

この機能は、相手からメッセージが送られた時、その内容を通知してくれるものなのですが、ポップアップ画面上でメッセージやスタンプを確認しても、トーク内では既読状態になりません。

複数のメッセージが時系列に見られるし、メッセージ全文が見られるため、どんな内容なのかトーク画面を開かなくてもわかります。

この機能はAndroidのみとなっていますので、ご注意ください。

他に既読回避してメッセージが読める方法として、トーク一覧を表示するという方法もあります。

こちらは最新のメッセージの冒頭部分が見られるので、どんな内容かなんとなくわかります。

既読表示がついていないと相手は「ああ、忙しいんだな」と思ってくれるはず。

メッセージ内容を読んで、返信が必要そうなものだけに対応できます。


4.既読スルーする

既読スルーを気にしない彼氏なら、堂々と既読スルーするのも手です。

反対に既読スルーされたらいろいろ考えちゃう彼氏もいます。

「飽きられたのかな?」「嫌われたのかな?」などネガティブな方向へ突っ走り、悶々とする彼氏にはやめておいた方がいいでしょう。

関係がこじれる要因になりかねません。

男性は論理的な人が多いので、既読スルーについて聞いてくる彼氏もいると思います。

「忙しかった」「疲れていた」と返信する時間がなかったことを伝えたら納得してくれるかもしれません。

「なんて返信したらいいかわからなかった」「つまらなかった」とバッサリ切り捨てるのもありかも。

メッセージの内容や頻度を改めてくれるきっかけになるかもしれません。


5.メッセージを読まないorブロックする

彼氏のLINEメッセージそのものをもう見たくないと思っていらっしゃる方はメッセージを読まずに放置する、またはブロックするという方法もあります。

ただこれは、相手との関係を破綻させてしまうので、もう彼氏と別れたいと思っている方向けです。

ブロックすると、自分の友達一覧から相手の名前がなくなり、ブロック後に相手から送られたメッセージもトークに表示されません。

相手には既読表示がつかないため、ただ読んでいないだけだと思われます。

また、LINE通話も使えなくなるため、相手へかけることができません。

相手からの通話も取れませんが、相手はただ取れなかっただけだと思うでしょう。

数日たっても連絡がつかない状態になれば、相手が自分をブロックしていることに気付くかもしれません。

また、ブロックを解除することもできますので、一時的に距離を置きたいときには有効です。

LINEの面倒なことを解消しよう

LINEは気軽にコミュニケーションが取れる画期的なツールです。

ただ、一方的なメッセージの送信や、過度のやりとりはストレスの原因にもなります。

メッセージだけじゃなく、たまには電話してみたり、コミュニケーションの形を変えることで、またLINEのやりとりが新鮮なものに変わると思います。

お互いストレスなく円滑なコミュニケーションのツールとして活用して、愛を育んでください。