初デートで食事する時に女性が気をつけるべきこと

最終更新日:2015年2月22日

好きな人との初デートは緊張する方が多いのではないでしょうか。
好きな相手には良い所を見せたいとおしゃれしたり、デートプランを練ったりして当日を迎えますが、緊張により話がうまく弾まなかったりと予想外の事も初デートでは起こりがちです。
特に向かい合って取る事が多い食事に関しては、好きな人の前では緊張しやすいですし、注意が必要な所だと言えるでしょう。
ここでは初デートでの食事で気をつけるべき事をご紹介します。

1.店員さんへの態度

高級店や居酒屋さん、カフェ等食事を取る場所は様々考えられますが、男女共に気になるのが店員さんへの態度です。
お店の方は接客が仕事ですので、高級店であっても無くても、丁寧で下手に出た接客をして下さることでしょう。

しかしそれを逆手にとって横柄な態度を取ったり、逆に店員の態度が悪いからとこちらもひどい態度を取ったりと言った行為は絶対に避けたい所です。
というのも、店員さんの様に自分が優位に立つ場面での相手の、又は自分の態度は付き合う上でゆくゆく相手への態度、又は自分への態度になると考えられるからです。

初デートでは普段はしないレディーファーストやお会計を全て男性が払う等お互い良いところを見せようとする傾向にあります。
しかし慣れた頃には付き合い始めの頃とは違った本心や態度を見ることになるかも知れません。

店員さんの様な弱い立場、もてなす側にそう言った本来の考え方や態度が出やすいのです。
メニューや料理が運ばれてきたらお礼を、頼みごとをする時はお願いしますと、と伝える等、些細な行動や礼儀と言った行動は男性は見ていますし、そう言った場面で好感を得るかどうかが決まると言えます。

横柄な態度を取りがちな人は普段から注意したい所です。

2.分からないマナーは素直に聞く

フレンチのフルコースを食べに普段から行き慣れている人はそれほど多くないはずです。
又最近ではお店独自の食べ方やメニュー、スタイル等多様化しており、出された料理をどの様に食べれば良いのか分からない事もあります。

そんな時に知ったかぶりをすることは良い印象を与えません。
というのも、知ったかぶりは相手や店員さんにばれてしまいやすいですし、逆に相手がマナーを知っている人であれば間違ったマナーを当然の様にしているあなたに悪い印象を抱いてしまうからです。

分からない事を聞くことは素直であると言う印象を与えますし、素直さは今後の付き合いの上でも大きく影響し好感を与えます。
スプーンやフォークの使う順番が分からなければ相手に尋ねる、自分が食べやすいスタイルがあるのであれば、店員さんにそれでもいいか尋ねる等知ったかぶりをせずに素直になる事で相手もあなたに心を開きやすくなるでしょう。

3.食べ方に注意

食欲、性欲、睡眠欲は人間の3大欲と言われていますが、それぞれにつながりもあるのです。
特に食欲と性欲はつながりが深いと呼ばれ、食欲は本能をそのままむき出しにしている等とも言われます。

その為食べ方の汚い女性を生理的に受け付けないと言う男性も多いのです。
向かいあって食事をする際に最も注意したいのは口に物をいれたまま話す事です。

咀嚼しているものが相手に見えてしまっては、食欲が失せるどころか気持ちまでも覚めてしまいます。
食事と共に会話も楽しむ為には大口で沢山物を口に入れず、小さめに切った物を口に入れる事で咀嚼する時間が短くなり会話が長く途切れる心配がありません。

又顔をお皿に近づける様な食べ方、高級なお店であれば「一口頂戴」と相手のお皿に手を伸ばす事も控えたい事です。
取り皿をもらって少しずつ交換しましょう。

美味しいものは「美味しい」「これ、とても好きです」と伝える事でも好感が上がりますし、お店を選んだ人が相手の場合は相手もとても安心します。
嫌いな物を無理して食べる必要はないですが、沢山残す事で「好き嫌いが激しい」「嫌われるとすぐに別れる様な冷たい人」といった印象を与えてしまいます。

どうしても食べられないものがあれば注文の際にお店の人に伝え、最初から抜いてもらう様にしましょう。

4.お会計はスマートに

初デートだからと言って男性が絶対払うべきだとは限りません。
しかし席を立つ時にあからさまにお金の話をする事もスマートだとは言えません。

お金の事=言いにくい話を大っぴらにすることは、今後も話しにくい話題もはっきりと会話に出す女性だと言う印象を与えてしまいます。
伝票は真ん中か男性側におかれる事が多い為、お会計は一旦男性に任せましょう。

レジから少し離れてお会計が終わるのを待ち、お店を出てからお財布を出して「おいくらでしたか?」と尋ねるのがスマートです。
もし相手にごちそうになる場合は「ごちそうさまです。」とお礼を伝え、それを当り前だと取らない、そう思っている様に相手に見せない事がとても大切です。

できれば、「次回からは自分も払う」という旨を相手に軽く伝えましょう。
例え今後も男性が払うつもりであったとしても、それを当たり前だと取られては食事以外にもプレゼント等の出費がありそう、なんでもしてもらって当たり前と思っているかもと「お金の掛る女性」という印象を与えてしまいます。

最初に相手に与えた印象を取り払うには時間がかかりますので、注意が必要です。

自身のマナーを見なおして初デートを成功させよう

初デートの食事で気をつけたい所はお分かり頂けたでしょうか。
向かい合って食事を取る事は、自分の姿は相手に見えなくても自分の食べている姿は見られています。
又マナーや礼儀も同様です。
普段の自身のマナーを見直して、初デートの食事を楽しめる様心がけましょう。