初デートで食事する際にL字型の席が一番オススメ!横並び、向かい合いの席よりも良い理由5つ

初デート最終更新日:2019年7月9日

気になる男性との初デートでのお食事はドキドキしてしまいますよね。

そんな時の相手の男性と自分との席の並び方はどれが一番良いのでしょうか。

「向かい合わせ」「横並び」「L字型」と色々ありますが相手の男性と一番仲良くなれるのは、L字型が最も良い並び方であると言われています。

どうしてL字型が良いのでしょうか?

「初デートで食事する際には、L字型で並ぶのが最も良い理由」についてご紹介します。

接近度の点からL字型の席がベストだから

接近度ということから考えると、L字型の席が最適です。

人は誰でも「パーソナルスペース」と呼ばれる身体の距離感のようなものを持っています。

パーソナルスペースとは、他人からその内側にまで入ってこられると「少しイヤだな」「不快だな」と感じる距離のことで、人によってそれぞれそのスペースの広さには差があります。

親しい人や好意を持っている人であれば「自分のパーソナルスペースの内側にいてもらいたい」と感じることもありますし「もっと近づいてもらいたい」と感じることもあります。

その反対にパーソナルスペースに入ってきた人に対して「この人は自分のパーソナルスペースに入ってきたのだから、親しい相手なのだろう」といったように、脳が錯覚をすることもあります。

この心理は、恋愛においても利用できます。

初めてのデートにこぎつけ相手の男性のパーソナルスペースの内側に入る権利を獲得したあなたとしては、なるべく彼に近づいて、より親密になりたいものですよね。

しかし身体が接触することもある「横並び」は、どうしても気兼ねしてしまいます。

初デートでいきなり横並びに座ったりしては、相手の男性からびっくりされてしまったり「少し変な子なのかな?」と引かれてしまうというようなこともあるでしょう。

かといって「向かい合わせ」の並び方で座ってしまうと、相手の男性のパーソナルスペースに入ることができなくなってしまいます。

こういったことを考慮すると「L字型」で並んで座ることが最も良いということになります。

身体が直接触れ合うことなく、けれどお互いの距離は十分に近いというL字型の配置が一番親密度が増すのです。

ボディタッチの点からもL字型の席は有効

「ボディタッチ」は、男性と女性が親しくなるのには、欠かせない恋のスパイスですよね。

そうとは言っても、お互いの身体がベタベタと接触するのは「まだ少し抵抗がある…」と感じるのが初デートというものでしょう。

それでも、男性との距離を縮めるためには、ある程度のボディタッチが必要になってきます。

そんなときにも効果を発揮するのが、L字型の配置です。

L字型のテーブル席に座れば、いくらあなたが気をつけていたとしても、どうしてもテーブルの下でヒザや足同士が触れ合ってしまうことは自然と出てきますよね。

そうした、あなたの意図から離れた接触であったとしても「ふとした瞬間に足元が触れ合う」というのは、男性にとってかなりグッとくるものです。

こういった触れ合いは、相手の男性にとっては十分なボディタッチにあたります。

あなたのほうから勇気を出して彼に触れる必要もありませんし、周りの人に見咎められて恥ずかしい思いをするような恐れもありません。

相手の男性が少し嬉しいハプニングを受けることになるL字型の席配置は、男性と女性の親密度をグンと高めてくれます。

そのためL字型に座ることは、ボディタッチという観点から見てもとても優秀なものです。

女子力をアピールする点から見てもL字型の配置はオススメ

あなたの女子力を相手の男性にアピールするという点から考えても、初デートにおいてL字型に座ることがオススメです。

二人っきりの食事デートともなれば、大皿のお料理を取り分ける機会は幾度となく出てくることでしょう。

また、お互いに全く別々のものを食べていたとしても、相手の男性から「少し味見させて」と言われることもあります。

そんな時にちょうどいい距離感で相手の男性のお世話をしてあげられるのが、L字型配置の特徴です。

なんだかんだいっても「料理の取り分け」は女子力をアピールするには格好のチャンスでもあります。

こんなチャンスをみすみす見逃すわけにはいきませんよね。

ただし少し注意をしておきたいのは、飲み物のグラスの位置です。

あまり手元に近づけてグラスを置きすぎてしまうと、お皿の受け渡しのときなどにヒジや腕が当たってしまって、飲み物の入ったグラスを倒してしまうという原因にもなります。

せっかくの女子力アピールのチャンスで、相手の男性や自分の洋服、お店の備品などを汚してしまって大失敗なんてことにならないように、テーブルの上のグラスの位置には十分注意を払っておきましょう。

L字の席だと緊張する気持ちを抑えることができる

L字型に座れば、緊張する気持ちをある程度リラックスさせることができるという効果もあります。

気になる男性との初めてのデートは、やはりいくつになっても緊張してしまうものですよね。

そんなときに「向かい合わせ」で座ってしまうと、より一層ドキドキが大きくなってしまう危険性があります。

特に、女性は「食べている姿を見られると緊張する」という人も少なくありませんので、もしも可能であれば「向かい合わせ」は避けるべきでしょう。

かといって初デートでいきなり横並びで座ってしまうと、男性からびっくりされてしまいます。

そんなときにオススメなのが、L字型で座るということです。

男性から見て、斜めの位置に座ることができますので、緊張も少しは緩和できるはずですよ。

L字席なら横顔をキレイに見せることができる

L字型の席に座ることで、横顔をキレイに相手の男性に見せるということができるという嬉しいメリットもあります。

先ほども述べたとおり、初デートで食事をする場合「真正面から男性に食べている姿を見られたくない」ということもありますよね。

しかしやはり横並びは気まずいですし、なによりもお互いの顔を見ることができなくなってしまいますよね。

やはり、恋を発展させるためには、ボディタッチも大事ではありますが、なんと言ってもお互いの顔を見ないことにはなにも始まりませんよね。

そういった意味でもL字の席配置はかなり高い効果を発揮します。

斜め並びになれば、ふとした瞬間にちらちらっとお互いの横顔や表情を見ることができますので、お互いの気持ちも高まりやすいでしょう。

また、薄暗いレストランやカフェなどでのデートであれば、横顔のほうが照明の影が幻想的な効果を出して、より魅力的に見えるということも期待できます。

L字の席配置には親密度を高まる役割がある

キャバクラなどのお店でも、女の子とお客さんはL字に座ることができるように工夫されていることが多いものです。

L字席は、普通のレストランやカフェなどで見かけることはそうそう多くはありませんが、もしも初デートで見かけたらぜひ利用してみましょう。

男性との親密度アップに役立つはずです。

 

    「初デートで食事する際にL字型の席が一番オススメ!横並び、向かい合いの席よりも良い理由5つ」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/14(月) 19:21

    座る席に心理的なものがあるとは知りませんでした。
    これを参考に今後の人間関係に役立てたいと思いました。

この記事への感想を書く