絶対バレないへそくりの隠し場所!?こっそりへそくりをしよう

最終更新日:2016年2月1日

へそくりがあるなら、だれにもバレないように、上手に隠しておきたいですよね。

でも、意外と考えることはみな同じで、隠したつもりでも家族やパートナーに実はバレているなんてこともよくあります。

そこで今回は、へそくりのバレない隠し場所をご紹介します。

1.誰も知らない隠し口座

へそくりのバレない隠し場所としては、どういうところがあると思いますか。

よくある雑誌や本の間だと、たまたま家族が本を開いた時に見つかってしまったりしかねません。

タンスの中もオススメですが、家族にはばれなくても、実は泥棒が入った時に、真っ先に狙われやすくなります。

そんなへそくりを隠すのにぴったりなのは「銀行の隠し口座」です。

家族に内緒で口座を作って、へそくりを入金しておきましょう。

当分使わないつもりでへそくりをしていたのなら、引き出し用のカードは作らず、通帳だけにしておきましょう。

そしてその通帳を、書類などと一緒にしまっておきましょう。

仕事関係のものと一緒にしておけば、家族もおいそれとは触りませんし、万が一泥棒が入ったとしても、通帳からの引き出しには手間暇がかかります。

印鑑が必要だったりするので、ワンクッションおかれて、泥棒に通帳を盗まれても引き下ろされるということまでは少なくなります。

誰も知らない隠し口座に大切なへそくりをしまっておけば、そうそう夫や家族にもバレません。

銀行の口座に入れておくということは、へそくりを誰にも知られず、かつ安全にしまっておくベストな場所です。


2.自分の使っていないバッグの中

へそくりをバレないように隠しておくには、普段使っていない自分のバッグに入れておくのもオススメです。

いくら家族でも、人のバッグを使うということはあまりありません。

しかもバッグの中にはポケットなどもついているので、バレないように、かつ、くしゃくしゃにならないようにキチンと隠しておけることができる場所です。

あまり目立つバッグではなく、小さくて小ぶりのバッグがあったら、そこにしまいましょう。

大きなバッグは、そのバッグの中であちこち動いてしまいます。

また、小さいバッグに入れる時も、バッグを開けた瞬間「あ、へそくりだ」と分からないように、上手にカモフラージュしてしまっておきましょう。

小さなポーチに入れておけば「あれ?これって化粧ポーチ?」と勘違いします。

そうすれば、見つかって勝手に使われてしまったり、へそくりしていることがバレてケンカになったりすることはないはずです。

自分しか使っていないバッグの中は、へそくりのバレないオススメの隠し場所です。


3.台所のキッチングッズの隙間

貯めておいたへそくりを、夫に見つかりたくないという人は、台所のキッチングッズの隙間にしまっておくのもいいでしょう。

最近料理をする男性は増えてきていますが、それでもあまり立ち入らないという人もいます。

その台所のキッチングッズの隙間にそっと隠しておけば、へそくりを隠しているということがバレることはありません。

台所といっても、だれでも使うような、食器や鍋類などを置いてあるところは避けましょう。

たまたま食器を動かした瞬間に見つかってしまうかもしれません。

また、食料品の保管しているスペースにも、へそくりを隠すのは危険です。

おなかをすかせた夫や家族が、ひょいと食べ物をとろうとして、あなたのへそくりを発見してしまうかもしれないのです。

普段使わないおせちのお重の中や、タッパーに入れて、収納棚の奥深くにしまい込んでしまいましょう。

そういうところに入れたら、お重やタッパーを取り出すだけでも面倒です。

ましてや男性なら、そうそう探し当てることはないでしょう。

へそくりをどこに隠そうか迷ったら、台所のキッチングッズの隙間などを見回してみましょう。

きっとあなただけしか分からずに、隠し通すことができる場所です。


4.シーズンオフの洋服のポケットの中

オススメなへそくりの隠し場所として、シーズンオフの洋服のポケットの中というのがあります。

人の服は、たとえ家族であっても勝手にいじることはありません。

そしてシーズンオフの服なら、ますます手にすることはないはずです。

冬物のコートや夏のスーツのポケットに、そっとへそくりを忍ばせておきましょう。

その時に注意したいのは、できるだけ「クリーニングから帰ってきた状態の服」に隠しておくということです。

クリーニングから帰ってきた洋服というのは、ビニールのカバーがかかっていたりします。

そうすると、ますますその服は手にしにくくなりますし、うっかり誰かが気を使って洗濯をしようとしたり、勝手に着てしまうということはありません。

「大事なへそくり、どこへしまっておこうかな」と迷ったら、シーズンオフの洋服で、クリーニングから帰ってきた服のポケットの中に隠しておきましょう。

大切なあなたのへそくりは、家族にバレることはなく、保管することができるでしょう。

へそくりを上手に隠そう

へそくりのバレない隠し場所をご紹介しました。

うかつなところに隠しておくと、見つかって騒動の種になってしまいます。

上手に隠して、いざという時に使えるお金を確保しておくようにしましょう。