保育士の女性がストレスを解消する方法

最終更新日:2016年11月2日

保育士というお仕事は、女性の間でも一度はなってみたいという夢を持つ、とても人気の高いお仕事です。

しかし、実際のところは、日々子どものケアに追われ、かなり体力の必要な仕事です。

ですので、子どもだけではなく、その親のケアまでも必要になってきており、体力的な面だけではなく、精神的な面でもかなりハードな職業だと言えます。

こういった面を持つ保育士というお仕事をされている皆様は、日々たくさんのストレスを抱えていらっしゃるでしょう。

そこでここでは、そんな保育士の女性の方が少しでもストレスを溜めずに日々楽しくお仕事が出来る様な効果的なストレス発散方法をご紹介します。


1.悩みを友人や家族に打ち明ける

やはりストレスは溜め込みすぎないということが一番です。

毎日色々なことが起こり、誰かに話さないとストレスは溜まっていくばかりです。

ですので、まずは日々の出来事やその日しんどかったこと、辛かったことを家族や友人に話し、出来るだけストレスを溜めないように心掛けてみてください。

自分では大丈夫だと思っていても、意外と心は疲れており、知らず知らずのうちに日々ストレスが溜まってしまい、あるとき突然爆発してしまう、最悪の場合は鬱状態に陥ってしまう、というケースも考えられます。

そうならないために、とにかく誰かに話すことが大切です。

そうすればきっと心が楽になり、心もからだも軽くなるはずです。


2.友人や家族とお出かけをする

毎日小さい子どもばかりを相手にしている保育士という職業だからこそ、ぜひお休みの日は子どもに触れ合わず、大人だけのゆったりとしたひとときを楽しまれることをオススメします。

実際にお子さんがいらっしゃる方は、お休みの日にご自身のお子さんにとても癒されるという方もたくさんいらっしゃるかとは思います。

ですが、知らず知らずのうちに、日々子どもの大きな声や元気すぎる部分にストレスを感じてしまっているというところもあるでしょう。

ですので、たまには大人だけで過ごす休日を作り、休日を楽しまれるのもストレスを発散させる効果的な方法です。

例えば、友人とランチやアフタヌーンティーにいく、また、友人や家族と温泉などの小旅行へいく、といったことです。

友人や家族とお出かけをすることで、上記にも挙げた誰かに話してストレスを発散するという方法にも繋がります。

おうちにばかりこもらず、積極的にお出かけをしてお休みを楽しみながら、ぜひストレスを発散させてください。


3.マッサージにいく

毎日小さい子どもを相手にしていると、子どもを追いかけて走ったり、抱っこをしたり、他にも様々なかたちで体力を使っているでしょう。

ですので、からだもかなり疲れているはずです。

たまには自分へのご褒美として、最低でも月に1回くらいはマッサージデーを作ってみてはいかがでしょうか。

マッサージにいくと、そのサロンによって様々な種類がありますが、からだを揉んでくれるだけではなく、中にはオイルマッサージやアロマをたいてマッサージを行ってくれるマッサージ店もあります。

からだを癒すだけではなく、同時に心も癒され、心身ともにリラックスできる最強のストレス発散方法です。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?


4.お風呂でのリラックスタイムを作る

お風呂で過ごす時間は、1日の疲れを癒す最高の贅沢な時間です。

ただお風呂に浸かるだけではなく、せっかくなので癒されながら毎日のお風呂タイムを楽しんでみましょう。

お風呂にはぜひ入浴剤を入れるのがオススメです。

今では様々な効能がある入浴剤を手軽にドラッグストアなどで購入することが出来ます。

ただのお湯に浸かるのではなく、入浴剤を入れることで、肩こりや腰痛が緩和されたり、また入浴剤の香りで更に心身ともにリラックス効果が上がるというメリットもあります。

ですので、ぜひ1日のお風呂での時間を有効活用しながら、毎日のストレスを発散させてみてはいかがでしょうか?


5.お部屋でアロマをたく

お風呂の中で心身ともにリラックスした後もぜひ、お部屋でもアロマなどをたいてお部屋でのリラックスタイムを楽しんでみてください。

香りというのは、自分が思っている以上に癒しの効果があります。

ご自身のお好みの香りというものもあるかと思いますし、また香りの種類によって癒しの効果の違いもあります。

ですので、ぜひ毎日気分によって香りを変えて、アロマなどを楽しまれるのも効果的なストレスの発散方法だでしょう。

アロマをたきながら、顔のパックをしたりホットのアイマスクをしたりするのも、更にストレスを発散させる効果的な方法です。

ぜひお風呂の中でもお部屋でも、おうちで楽しみながら上質な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

保育士としてたまるストレスを解消しよう

ストレスはとにかく溜めないことが一番です。

日々のストレスを解消していき保育士という誇り高い素敵なお仕事を頑張ってください。