上司が仕事を教えてくれない時どうしたら良いか

最終更新日:2017年6月11日

仕事をしていて、上司が仕事を教えてくれなくて困った事があるという方はいませんか?

教えてくれないと仕事ができなくて困ってしまいますよね。

そこでここでは、そんな時のために上司が仕事を教えてくれない時の対処法についてご紹介します。

1.まずはやる気を見せる事が大切

上司が仕事を教えてくれない時に考えられる事、それは部下にやる気が見えない事です。

やる気が見えない人に人は何かを教えようとはしません。

どんなに不器用でも、やる気がある人には「やる気が見えるから教えればいつか必ず成長する」と自然と仕事を教えたくなるものです。

ですので、どんなに不器用でも支持や教えてくれるのをただ待つのでは無く、やる気を出して仕事をするようにしましょう。

自分からどんどん色々な仕事をすれば、仕事を教えてくれなかった上司もそのうち教えたくなります。

そして、教えてくれた事はしっかりとメモを取り、できるだけそれを早く覚えるようにしましょう。

早く色々な事を覚えれば覚えるほど上司はそんな一生懸命な部下を信頼し始めます。

一度信頼を得たら後はどんどん教えてくれるようになります。

仕事に真摯に向き合う事でやる気を見せる事ができるので、まずは上司にやる気を見せる事から始めましょう。

2.何を聞きたいのかきちんと決めてから教えてもらいにいく

上司が仕事を教えてくれない場合、それは質問の仕方が悪い可能性があります。

質問の仕方が悪い部下に上司は「何を聞きたいのかさっぱり分からない」と思い、最初は教えてくれていてもそのうち教えてくれなくなってしまいます。

上司が仕事を教えてくれない場合、自分の質問の仕方をよく思い出してみましょう。

あまりに大雑把な質問だと上司はとても答えにくいです。

ですので、聞きたい事はできるだけ具体的に聞くようにしましょう。

具体的に質問をする事で上司も答えやすくなります。

また、上手に質問ができる人は自分の事を客観的に、冷静に把握できている優秀な人です。

自分の事を良く分かっているのでどこができているか、どこを教えてもらわないといけないのかの判断がしっかりできているからです。

上司に聞く前に自分の質問がきちんと具体的かどうかよく考えるようにしましょう。

3.別の上司に相談する

自分から積極的に仕事を教えてくれる上司や求められた事のみ教える上司、そして相談されても教えてくれない上司等上司にも色々います。

もし、自分の上司が誰に対しても全く教えないタイプなら、別の上司に相談をする事を検討してみましょう。

また、誰に対しても必要な事すら教えない上司の場合は、自分と同じように同僚や部下達も困っているはずです。

その同じく困っている同僚や部下達と一緒に別の上司に相談をしてみましょう。

あまりに今の上司の行動に問題がある場合は、会社が上司の部署を変える等の判断をしてくれます。

4.自分の態度や言葉づかいを見直す

上司が仕事を教えてくれない時は自分の態度や言葉づかいを見直す事も大切です。

「上司は部下に教えて当然」という態度で聞きに来る偉そうな部下に仕事を教えたいと思う上司はいません。

穏やかな態度で「これが分からないのですが、教えて頂けますか?」等言葉づかいをしっかりとさせる事で上司は部下に自然と仕事を教えたくなります。

また、上司に仕事を教えてもらった時はお礼を言うのを忘れてはいけません。

しっかりとお礼を言う事ができる部下は大切にしたいと思う上司は多いです。

お礼を言う事はとても大切です。

上司にお礼を言えない人は誰に対してもお礼を言えない人です。

そして、そういう人に仕事を任せようと思う人はいません。

ですので、上司はもちろん、誰に対してもお礼を言える人になりましょう。

5.自分で調べてできる事と教えてもらわないといけない事の区別をつける

とても難しい事ですが、仕事で分からない事ができた時に自分で少し調べれば分かる事と上司に教えてもらわないといけない事の区別をつける事はとても大切です。

上司にも自分の仕事があります。

教えてもらうという事は、その仕事を止めるという事です。

ですので、少し調べれば分かる事なら上司は「それくらい自分で調べて欲しい」でしょう。

そういう事が積み重なる事で上司は「この部下は自分で調べない、やる気のないタイプ」と思われてしまい、段々教えてくれなくなります。

そうなってからでは遅いです。

そうなってしまう前に自分でできる事、できない事の区別をしっかりとつけておきましょう。

そうする事で仕事を教えてくれない上司も「この部下は見込みがある」と教えてくれるようになります。

上司が仕事を教えてくれない時はまずはできる範囲でやる

上司が仕事を教えてくれない時の対処法についてご紹介しました。

上司が仕事を教えてくれない時は上記のようにまず自分でできる範囲内できちんと対処する事で段々教えてくれるようになる場合が多いです。

ですが、何をどうしても仕事を教えない上司の場合は別の上司に相談をしたり、同じく上司に困っているという同僚や部下達と団結して上司よりさらに上の上司に相談をしてみましょう。

上司が仕事を教えてくれない時でも様々な対処法を行う事で必ず解決の糸口が見えてきます。