振られた相手にもう一度告白する前にすべきこと

最終更新日:2015年6月3日

大好きな彼に振られてしまって、とても悲しい思いをした女性は少なくないと思います。

妥協も必要とは言われても、やっぱり心から大好きと思える男性とお付き合いしたいですよね。
少しでもチャンスをつかめるために、「振られた相手にもう一度告白する前にすべきこと」をご紹介します。

1.振られた理由を受け入れる

仲良くお付き合いしていたと思っていたのに、突然振られてしまったり、良い感じでデートを重ねていたのに振られてしまったり、振られる理由は様々です。

男性には、お仕事に集中したい時や、彼女を幸せにする自信がなくなってしまう時、他に愛している女性がいる事もあります。

振られてしまった時、とても悲しくて辛いのは分かりますが、駄々をこねる子供のように泣きわめいてしまっては逆効果です。

「大好きな人を自分のものにしたい」「手に入れたい」というわがままを押し通すのではなく、相手の気持ちを第一に考えましょう。

彼の意見を冷静に聞き、もし自分にマイナスな点があった場合は、自分の成長できる糧としてポジティブに受け入れましょう。


2.お互いが幸せになれる方法を考える

彼にもう一度告白して成功した場合、次はどんなカップルになりたいのかイメージは湧いていますか。
そのお付き合いは幸せですか。

相手の気持ちを無視して、無理やり関係を続けるのも、相手の言いなりになって自分を犠牲にするのも良いお付き合いとは言えません。
お互いが尊重しあって、自立した関係を保てる方法を考えてみましょう。

「彼がいなければ幸せでいられない」というような、依存型の思考の方は彼の気持ちをどんどん沈ませてしまいます。

まず自分ひとりでも幸せでいられる方法を考えてみて下さい。

自分の幸せがあって充実しているパートナーの方が、自分自身も幸せになれる気がしませんか。


3.外見磨きをする

次に会った時に、見違えるようなステキな女性を目指して自分自身を磨く事も大切です。

「人は見た目じゃない」とは言いますが、「人は見た目が9割」という言葉もあります。
やはり、外見は中身の一番外側ですから、美しく保つことは女性としてのマナーです。

あなたの外見は、大好きな彼に相応しいですか。
大好きな彼の、隣に似合う女性はどんな雰囲気か想像してみましょう。

その女性はどんなお洋服を着ていますか。
どんな言葉遣いで、どのような笑顔で彼と話していますか。

彼の好みに合わせて自分の個性を殺す必要はありませんが、カップルは似た雰囲気になってきます。

ハイブランドを着こなすオシャレな彼に、ファッションに全く無関心な猫背な彼女は似合いませんよね。

自分に似合う色を研究したり、コーディネートの勉強をしたり、スタイルを整えるために運動したり、お金をかけなくてもできることはたくさんあります。

「美は一日にしてならず」です。
まずは姿勢を正して、次のチャンスが訪れるまで毎日コツコツ美しさを磨きましょう。


4.内面磨きをする

外見を磨いたら磨いた分だけ、それに似合った美しい内面も必要になります。
美しくなればなるほど、中身も伴わなければならないから女性って大変ですね。

高級ブランドの包みをあけたら、中身は空っぽだったとガッカリされないようにならなければなりません。

では、中身の美しい女性はどんな女性でしょうか。

前述の通り、「自分自身の生活が充実していること」が大切です。

習い事をしたり、自分の趣味の時間をもったり、自分ひとりでも楽しめることを探してみましょう。

また、内面を磨くのに簡単なコツがあります。
それは、「愚痴を言わない」「文句を言わない」「人のせいにしない」ことです。

人の事をとやかく言っている女性は全く魅力的に感じないですよね。
人の事を気にしなくなる事で、自分自身がどう変わっていくべきかを考えて実践するようになります。

お仕事中にも実践できる、内面磨きなので是非実践してみて下さい。


5.できればSNSなどで繋がっておく

友達削除やフォロー解除をされない限り、出来ればSNSなどで繋がって、彼から自分の存在を確認してもらえるようにしておきましょう。
ただし、彼の投稿で女性が登場するのが気になったり、ネガティブな感情を抱いてしまったり、ご自分の精神衛生上良くないと思った場合はオススメしません。

また、ご自分のSNSの投稿にも注意が必要です。
「暇」「寂しい」「体調悪い」などの、かまってちゃんの投稿は良くありません。
さらに、男性を登場させて、彼を嫉妬させるための投稿や、やたらと豪華な女子会ばかりの投稿も要注意です。

自分の趣味を楽しんでいる様子や、仕事を前向きに頑張っている内容や、家族との旅行など、さりげなく充実している様子をアピールしましょう。

自分自身を成長させて彼に再度アタックしてみよう

自分自身の成長が感じられたら、もう一度彼について考えてみましょう。

自分自身のことを幸せにしてくれるのはやっぱり彼で、彼を幸せにできるのも自分であると感じられたら、きちんとその気持ちを伝えて下さい。
お互いに必要な相手だったら必ずまたチャンスはやってくるはずです。